劇的ビフォーアフター!バスドラ編 | みったろぐ

劇的ビフォーアフター!バスドラ編



今日は、劇的ビフォーアフターな楽器を紹介しますよー!



またまたこのホームセンターミュージシャンが工作しちゃいました。

工作というか改造か(・ω・)





改造したのはこの楽器




そもそも昔改造して、長い足が4本ついてるんです。


ドラムセットのキックですが、

この4本の足で、打面をフラットにして

バチで叩く楽器として使っています。



だけど、やっぱりドラムの足が4本も付いてるとゴツく、

運ぶのも面倒くさい。





さてさて、

色々あるデメリットをどう改善して、どう直したかは後に置いといて、



まずは完成品を見てください。



ビフォー






これが、こうなります(`・ω・´)







アフター









はいー、

もう面影がないですね(^^;)





作業手順を紹介しましょー☆





まずは

全部外します!






レッグもラグもすべて取って、木の枠だけにします。

ちょっと磨きます。







そして、


好みの壁紙をキレイに貼ります!







そう壁紙なんです(^_-)



ちょっと見えてる、ポコッとなってるのは、

空気が入ってるんじゃなくて、

パーツがついてた穴の部分です。







そこにキリで穴をあけて、

再度パーツたちを取り付けます。








今回は、バスドラのレッグは付けません。






トムの付ける所は、フラットに使用するものの、

あると何かと便利なので付けときます。




そして今回はフロアのレッグを付けれるように、

新たに穴をあけてパーツを取り付けました(・ω・)







前にバスドラのレッグが付いていた部分には穴が残ってしまいますが、


上から壁紙を貼ってあるので全然目立ちません。



空気穴とロゴプレートの部分は

キレイに切り取りました☆





フープもヘッドも総とっかえ!



チューニングのボルトが蝶ネジタイプだったので、

運ぶ度に色々引っかかって

チューニングが変わってしまいましたが、



これも全部付け替え(>_<)





フロアレッグを取り付けて完成!





かなりの安定感。

見た目もオサレー(*´∀`)


思い描いていたのより良い出来で満足(笑)



クラシカル仕様です。


アンサンブルで使おっと(o^^o)






以上、劇的ビフォーアフター

バスドラ編でした~☆