「あの日、新聞受けにポンと新聞が入った瞬間、
それだけで思わず涙が出ました」
と語るのは、

1年前に北海道胆振東部地震で被災した男性。
 

道内全域が停電し、余震で夜も眠れず、
不安な闇夜を過ごした明け方、いつもと変わらず新聞が。

 

そのことに、「私は決して一人ではない」と、
どんなに勇気づけられたか───。



 

時間を見つけてはウオーキングや筋トレに挑戦する、
還暦を過ぎたばかりの配達員もいます。

 

「健康第一で、配達の使命を果たしたいからね」
と力強く語っていました。

 

新聞が毎日届くことは、決して当たり前のことではありません。
 

津々浦々、目に見えない無数の挑戦があっての”奇跡”だと、
改めて教えられました。







「言葉のちから」を信じて明るく、元気に。

ウキウキ、ワクワク、過去への拘りを捨てましょう。
過去への拘りを捨てて、未来を見つめて前に進みましょう。

そして、新しい自分を発見し、充実の人生を歩みましょう。
大丈夫!大丈夫!

 

 

 

 

 

 

フォローしてね!