まだサラリーマンだった7~8年前に、

 

会社の先輩の紹介で伊禮鍼灸院(いれいはりきゅういん)を知りました。

 

 

沖縄では不思議な能力を使える人を「サーダカ生まれ」と呼びますが、

 

のぶこ先生もサーダカ生まれであり、

 

オーリングを使って患者さんの細胞の声を聴く、ほぼ超能力者です。

 

 

診察台に座ると、0.1秒くらいずつバババっと、

 

「頭OK、脳下垂体NG、肺OK、胃OK、小腸OK、膀胱OK、・・・」

 

と、全身をくまなくスキャンしてくれます。

 

 

 

X線もバリウムも使わず、血液も採らずに、

 

全身の精密な健康状態が分かります。

 

それどころか、

 

「あんた今、インフルエンザにかかってるね」と、

 

ウィルス性の疾病まで分かります。

 

 

 

初めて伊禮鍼灸院を訪れた時、

 

「この子、インフルエンザAにかかってるね」と長男のコクトウ君が言われ、

 

「え??なんで、粘液検査キットも使わないで分かるの?」

 

信じることが出来ず、帰りに別の小児科で粘液検査をすると、

 

インフルエンザA型の陽性反応が出ました。

 

 

 

次に生まれた長女のザラメちゃんは、

 

赤ちゃんの頃に皮膚科で「アトピー」だと診断され、

 

ステロイド剤を持たされました。

 

 

クスリを塗る事に抵抗があり、のぶこ先生に診察してもらうと、

 

「お母さんが今朝たべたモノを、一つずつ言ってごらん」

 

と言われ、

 

「豆腐OK、ご飯OK、豚肉OK、ニンジン・・・、あ、ニンジンが反応しているみたいね」

 

と、原因となった食べモノを言い当てます。

 

 

当時は、食べ物のせいで病気の『症状』が出るとは信じられず、

 

「???」状態でした

 

先生いわく、母乳で育てていたザラメちゃんに母親が食べたモノが伝わり、

 

ほっぺたに湿疹が出ていると言うのです。

 

 

とにかく娘のアトピーを治したくて、

 

「食養生(しょくようじょう)」を始めてみました。

 

 

「食べて良いモノ」「食べたらダメなモノ」をパワーテストで診てくれて、

 

細胞がNG反応を示した食材を食べないようにする日々。

 

 

当時、よめハニートーストさんと、

 

「なんで、これがダメなの??」

 

と意味不明のまま始めましたが、

 

実際に、OK食材だけを食べていると、ザラメちゃんの湿疹が治るのです。

 

 

そして、「ちょっとくらいだったら良いだろう」と、

 

NG食材をわずかに母親が口に入れると、

 

すぐに発疹が出ます。

 

 

それから、家じゅうの調味料と食材を持って伊禮鍼灸院に行き、

 

「これはOK,この食パンは珍しいねOK反応が出るね、この醤油はダメ、このオリーブオイルはOK」

 

と、1つずつチェックしてもらいました。

 

 

 

7年前の当初に我が家にあった調味料は、ほとんどがNG。

 

そこで、スーパーへ行き「塩」を5種類くらい、

 

「醤油」も6種類くらい、「油」も数種類・・・と、

 

良さそうな食材を調達し、鍼灸院へ持って行きます。

 

 

この作業を繰り返し、

 

細胞テストでOKが出る調味料を揃えて行きました。

 

 

 

 

 

 

 

先生はただ淡々と、

 

「あなたの身体はこの食材を今は食べてはダメ」、

 

「これはOK」「これはNGね」と言うだけなので、

 

当初は理由が分かりませんでしたが、

 

何度も通ううちに、「どうしてNGなのか」が知識で分かるようになってきました。

 

 

 

 

例えば、ニンジンはほとんどがNG反応が出るけど、

 

自然栽培のニンジンだったらOKだと分かり、

 

「肥料」や「農薬」が人体の細胞の邪魔をしていたんだと分かったり。

 

 

○○社のバターはNGなのに、△△社のバターならOKが出ると分かると、

 

家に帰ってその会社のHPを調べてみて、

 

石油由来の調味料が入っているか、入っていないかの違いだと分かったり。

 

 

 

とにかく、完全にナチュラルなモノであれば、

 

まずNG反応は出ません。

 

ただ、現代の社会で「完全にナチュラルなモノ」を作っている企業が少ないんです。

 

 

企業が暴利をむさぼるために不自然な石油由来の化学調味料を沢山入れることで、

 

一般市民が『病気』や『看病』で苦しんでいるという構図が見えてきました。

 

 

 

 

 

いれい先生の不思議な事はあり過ぎて書けませんが、

 

ある時スーパーから先生に電話し(今は電話診察はやっていません)

 

商品棚に並ぶしょうゆを1つずつ触り、

 

電話の向こう側から先生が1つずつ、

 

「これはNG,この醤油もNG,これもダメ」と言って行き、

 

そのスーパーで一番こだわっている、しょうゆを触れた時に

 

「それは、OKです」

 

と言われたり。

 

 

 

TV電話じゃないんだぜぃ?

 

こっちの手元が見えてないんだぜぃ。

 

電話の受話器の向こう側で、

 

念?気?でパワーテストを行っているのぶ子先生。

 

 

 

こうして。

 

我が家のザラメちゃんのアトピーは、

 

母親が半年間かけて「伊禮OK食材だけ」を食べる食養生を行い、

 

完全に治りました。

 

今ではNG食材を食べても反応しません。

 

 

 

 

子供がアトピーだと、親は夜も眠れず掻いてあげて、

 

血だらけになる子供を見つめては、うなだれる。

 

本当に悲しい出来事です。

 

経験者として、その悲劇がくやしいんです。

 

食品会社の「利益追求」により添加剤をたっぷり入れられた食べモノを原因として、

 

病気の『症状』に苦しむ人が日本中に居ると思うと。

 

ただただ、くやしいんです。

 

 

 

 

でも。

 

「細胞がOKを出す食材だけを食べてたら完治する」という事が分かった。

 

じつたいけんとして経験したからこそ、

 

1人でも多くの母親たちに『食養生』の素晴らしさを伝えたいのです。

 

 

 

どうか、あなたのチカラも貸してください。

 

あなたの周囲で苦しんでいる人たちに、

 

あなた自身の説明で、この真のカラダの仕組みを伝えてあげてください。

 

あなたの家族を守れるのは、「あなた」だけです。

 

 

 

これはアトピーだけじゃなく、

 

おとといのブログに書いた通り、風邪でも、他の病気でも、

 

身体に悪いモノが入っていない期間は、『症状』が本当に出ないんです。

 

詳しくは(おととい昨日のブログ)を読んでください。

 

 

でもその情報を、ほとんどの人が知らないのが現状です。

 

医療利権や、製薬利権などいろんなしがらみはあるでしょうが、

 

きっとネットのチカラで、少しずつでも変えて行けると思います。

 

 

 

 

沖縄の方は本当にラッキーだと思いますので、

 

ネットではなく、ぜひ会場へと足をお運びください。

 

参加者が持ち寄った「こだわりの食材」のパワーテストも行う予定です。

 

 

 

多くの人の『症状』が、

 

食べモノを変えることで収まり、

 

その看病をしている全ての人の心も晴れますように。

 

 

 

※満席御礼

〇食を変えれば、人生変わる
日時:2018年11月9日(金)18:30~21:30

場所:浦添市 結の街3F大ホール
 

 

動画データ販売中⇒こちらから

 

この講演会の録画データを、現在

期間限定にて発売中です。

この貴重な機会を、ぜひお聞き逃しなく。

 

 

 

 

 

 

この動画を見るだけでも、「真の健康情報」に少し近づけると思うので、

多くのシェアお願いいたします。

 

おととい昨日のブログに病気の『症状』が消える不思議な方法が書いてありますので

こちらも併せてお読みください

 

糖尿病の方は、↓こちらも

 

 

フォローしてね

 

◆さとうみつろうの他のページ◆  

↓ブログには無い情報もあるよフォローしてね↓

   

      

 

このブログ笑えるピリチュアルの目次(⇒初めてお越しの方へ

★Pickup過去記事★

・メディアの洗脳から目覚める→ここ ・伊勢神宮旅行記→ここ

 

 

 

 

↓いいねボタンを押すと、このブログの更新情報をフェイスブックにお届け↓