祈りは「繋ぐ」モノ

テーマ:

 

↓この質問が、メチャクチャいっぱい来たのですが、

 

 

「冬至に沖縄へは行けない人は、

 東京のコラボへ参加しちゃダメですか?」

 

と。

 

 


いや、むしろ、


首里城へは行けない人たちや、
 

年末・クリスマス前で冬至は忙しい人、
 

沖縄までの旅費は厳しいという関東の女性たちの「祈り」を、
 

東京から首里城へと運び、
 

「祈り合わせ」にしようと思ってのコラボ企画です。

 

 

 

第3部に「オトの祈り」を入れたのは、そのためです。

 

 

 

東京の会場でも実際に「祈る」事で、

 

その会場に来ている「実際に、首里城へも祈りに行く女性たち」へと、

 

あなたの祈りを託してくださいね。

 

 

別に、誰かが意識を「取りまとめる」わけじゃ無くてさ(笑)。

 

 

同じ会場の構成要素として、

 

「行く人」と「行かない人」が祈りを合わせて溶けあえば、

 

「行く人たち」が12月に首里城で祈るときに、

 

あなたの祈りも、そこへと繋がる訳です。

 

 

 

だから、首里城へ行けないけど、東京なら近くて行けるよって人は、

 

どうぞ、周囲の女性たちを誘い合わせて、

 

多くの祈りを、首里へと繋げて下さいね。

 

 



「時間」と「場所」を超える。

 

だから、

 

これまでの長い歴史で祈り続けて来た無数のノロさんたちと、

 

同時に、一緒に、祈る事になると思います。

 

これまでの全ての祈りに、いま繋がるのです。

 

 

 

あと、多かった質問↓

 

 

 

いや、男性がダメな理由とかある??

 

そもそも俺が、おっさんだし!!

 

惣士郎さんも、賀数先生も、おっさんですから。

 

男人禁制な訳、無いじゃん(笑)。

 

 

 

 

ちなみに昨日、

 

賀数先生にお会いしたのですが、

 

僕が女性なら、「絶対に、旦那さんに聞かせたい」と思いました。

 

 

男性たちが表で活躍できるのは、

 

女性たちが、イノリで「セジ付け」しているからだと、

 

ものすごーく説得力ある説明で、納得しちゃうからです。

 

 

僕が女性だったら、自分の旦那を連れて行きます(笑)。

 

逆に男性には、「耳に痛い」内容かも・・・。

 

 

自分の力で稼いでいる!と思っていたけど、

 

実は全て、妻や女性たちのセジのお陰だったとバレちゃうから・・・。

 

 

ぜーんぶ、女性のチカラ。

 

 

ふぅ・・・。男性だってさ・・・。

 

 

 

ま、いいや。

 

昨日、賀数先生にお会いしてイベントの打ち合わせをする予定が、

 

「尚円王が生きていたら、あなたのような人だったのでしょう」

 

と賀数先生がいきなり当てたので、

 

「実は、先祖が尚円王なんです」と伝えて、

 

「尚円王」について、色んな史実も教えてもらいました。

 

賀数先生、おそるべしっ!!!

 

 

 

今日はこれから、東京へ向かうので、

 

賀数先生の動画をご覧ください↓

 

 

 

 

ヒゲが、「尚円王っぽかった」だけなのか???

 

 

 

 

 

 

〇真玉(マダマ)の祈り
~女性の中に眠る神秘の力”セジ”~


日時:2018年11月14日(水)15:30~19:00
場所:杉並公会堂
出演:歴史研究家賀数仁然&惣士郎
ナビゲーター:さとうみつろう

◇第1部
これまで表に出ることの無かった琉球王国繁栄を支えた女性たちの祈るチカラについて、
歴史研究家の嘉数先生が解説。
・男性を守るために、女性は身体のある一部分を使い、霊力としか言えない力で守った。
・国家公務員という役職だったノロたちが使いこなした,セジ,とは?

◇第2部
フィリピンのカミギン島に住む惣士郎さんがキャッチした「500人の女性たちによる祈り」のビジョンとは?
2018年の冬至、いよいよ女性たちの中に眠っていたセジが世界を動かす

◇第3部
惣士郎さんが辨天さまに教えてもらった身体の外側から鳴る奇跡の「オト」と、
純正律の特別なピアノの組み合わせにより、あなたも真の祈り”セジ”を体感する

 

 

チケットは⇒こちらで