あなたに観える、全ての景色は「あなた」のためにあります。

 

あなたに聞こえる、全ての言葉は「あなた」のためにあります。

 

 

 

 

誰かに何かを言われて、傷つくとき、

 

そこには、あなたが信じたのエネルギーがあります。

 

 

 

2つのエネルギーはどちらもあなたが信じたチカラなのですが、

 

表層意識の部分を「わたし」の意見、

 

深層意識の部分を「だれか」の意見だと分離錯覚するので、

 

世界はとてもややこしくなります。

 

 

 

観測者効果の理論からすると、

 

全ての声は、あなたが信じた声です。

 

だから、あなたに聞こえている。

 

 

 

 

 

例えば職場の同僚に、

 

「このナマケモノ!」と言われて、傷ついたとしましょう。

 

この場合の、あなたが信じている二つのエネルギーとは、

 

 

 

(たにん)→ナマケモノめ!

 

(わたし)←いいえ、私はマジメよ!!

 

 

本当はどちらも私が信じた意見だけれども、

 

特定の「やじるし←」だけを指示したくなるから、

 

エネルギーの反発を感じて傷つく

 

 

 

これと、これのエネルギーの、

 

片側「←これ」だけを指示することによる負傷なわけです。

 

 

 

であれば、負傷しないためにはどうすれば良いでしょうか?

 

 

 

 

デラックス「殺すのよ。わたし←がやられる前に、他人→の声を、消すのよ!

 

そうしたら、ぶつかり合うエネルギーが無くなって、

 

←わたし←、だけが生き残るわ。

 

ものどもっ、続け~い!!!

 

おっりゃー。」

 

 

 

 

大げさにマッチャンは騒いでくれましたが、

 

あなたもこれまで、このやり方をしてたはずです。

 

 

「←わたし」の声を大きくして、

 

あるいは、説得する材料を探して、

 

あるいは、正当化するための味方をいっぱい付けて、

 

「←わたし」の声で、「→だれか」の声を打ち消す。

 

 

 

自我に埋没している時は、僕もそう。

 

「←わたし」の声の強力化を目指してしまいます。

 

 

 

 

 

でも、この世界には、『チカラの作用・反作用』という仕組みがあります。

 

簡単に言うと、

 

押せば、押した力だけ、反発される。

 

 

 

100押していたチカラを、5,000に増やすと、

 

100→○←5,000

 

圧倒的に、こちらの兵力が増したので勝てそうな気がしますが、

 

 

押せば、押したチカラだけ、向こう側も(こっそり)チカラを付けています。

 

 

詳しい説明は、過去記事()にゆずりますが、

 

 

「わたし←」の声を大きくして、

 

「あいて→」の声を打ち消すことは、

 

物理学上、絶対に出来ないという事です。

 

 

↑覚えていてください。

これは「原理」なので、永遠に変わりません↑

 

 

 

 

 

押し返せば押し返すほど、向こうも兵力を増強する。

 

核を持てば、核を持つ。

 

水爆を持てば、水爆を持つ。

 

 

 

じゃあ、どうすれば良いでしょうか??

 

 

 

「←わたし」のチカラを消してみたら、どうでしょうか?

 

気張って、「私は、まじめよっ!!!」と5,000のチカラを筋トレするより、

 

むしろ、「←わたし」の声を小さくするのです。

 

 

 

デラックス「私の声を小さくする??

 

やりたくないわよっ!!

 

でも、いま「やりたくない!!」と気張ってるエネルギーも、

 

反対側のチカラの増加に繋がってるってのも事実だし・・・。

 

やるか・・・。」

 

 

 

さぁ、今日の本題です。

 

私の声を、小さくする方法は、なんでしょうか??

 

 

 

 

反対側のベクトルを、少しずつ利用するのです。

 

 

「←私は、マジメ。」

 

あなたは当初、100キンベンのチカラでした。

 

 

 

次にあなたは、気張りました。

 

「←私は真面目なのよっ!!!」 

 

 

5,000キンベンが増量されたと同時に、

 

反対側でも、5,000ナマケモノが押し返してきました。

 

 

 

あなたは、「相手のチカラ」を使う事にしました。

 

 

 

 

デラックス「あれ?ひょっとすると、ナマケモノかもなー、私も。」

 

(村人Aは「→ナマケモノ」ベクトルを利用した。)

 

 

 

デラックス「そうだ、ナマケルノって楽だしなー。」

 

(村人Aは「→ナマケモノ」ベクトルをさらに利用した。)

 

 

 

 

デラックス怠けるって、そもそも、最高だしなー。」

 

(村人Aは「→ナマケモノ」ベクトルをもっと利用した。)

 

 

 

 

デラックス「てか、私は「←まじめよ!」ってこだわってたのが、ばかばかしい。

 

「マジメ」だろうが、「ナマケモノ」だろうが、どうでも良いじゃん!!」

 

 

 

この瞬間、「←わたし」ベクトルは、ゼロになりました。

 

 

 

私の意見が、無くなったのです。

 

それはすなわち、「わたし」と「だれか」の両意見を信じたことになります。

 

 

両方を、同じチカラで信じられたので、

 

打ち消し合ってゼロになります。

 

→100ナマケモノ→0←100キンベン←

 

 

 

このように、「←わたし」のチカラを弱めるためには、

 

「私を傷つけている「→だれか」の声だって正しいのかもしれない」

 

と、何度か自問すれば良いわけです。

 

 

相手の「→チカラ→」さえも利用出来たら、

 

世界を「←わたし←」だけで支える必要が、無くなるんです。

 

 

 

 

 

 

あなたは、もっともっと「←わたし←」を筋トレしますか??

 

それとも、他人と言う「→わたし→」のチカラも借りますか??

 

 

  

 

 

 

 

 

↓「←わたし」を筋トレすることばかり、考えているニンゲン。

 

正しいはずだ。

 

こうあるべきだ。

 

味方だっている。

 

 

その全てが、運動力学上、チカラの反作用を増強させています。

 

 

「わたし」の主張を消すためには、その相反するチカラを借りれば良いだけ。

 

 

 

「相手の声も、私の声なのかもしれない」

 

この呪文は、呼び水になります。

 

 

「相手も、正しいのかもしれない」

 

となり、

 

「たしかに、昔、私も○○って思ってたな」

 

となり、

 

最終的には、

 

 

なんで、「←イケン」だけにこだわっていたんだろう??

 

となった瞬間に、絶対領域です(二元のチカラが消えます)。

 

 

↓今日は、下の二つのボタンを押す祭、

 

「相手の声は、私の声かもしれない・・。↓ポチ↓↓ポチ↓

 

  

 

応援★人気ブログランキングへ (⇒携帯) (⇒携帯)★感謝

↑いつも、ボタンクリ応援・口コミ宣伝応援ありがとうございます↑

 

 

◆アマゾン『総合』で1位になった本◆

『神さまとのおしゃべり』 著:さとう みつろう

紙の本⇒(アマゾンで買う)(楽天で買う)

電子ブック⇒(アイフォン系)(アンドロイド系)

 

 

 

◆さとうみつろう2019イベント◆

札幌1/27※満席御礼  札幌2/22※満席御礼

札幌3/31※満席御礼  沖縄4/7※満席御礼

東京4/14※満席御礼  ◆伊勢ツアー4/30※満席御礼

東京5/12※満席御礼

 

◆おうえんフェスにナビゲーター司会)出演!

  ⇒5月26日(日)渋谷ヒカリエホール

◆サノバロックLIVEin石垣島!

 ⇒えほんの村のキャンプフェス6月1日(土)

◆大人の社会勉強会令和塾6月21日(金)

 ⇒ゲスト講師エハンデラヴィ氏

◆大人の社会勉強会令和塾7月15日(祝)

 有楽町朝日ホール

 

NEWビックリマーク初開催ビックリマーク

◆さとうみつろうトークショーin大分

 ⇒9月28日(土)ホルトホール

 

◆秋分は北海道9月23日

⇒阿部敏郎さん&惣領智子さん

 

◆出雲カミムカエ祭11月6日

◆さとうみつろうトークショーin東京

⇒冬至明け12月23日上皇誕生日

 

※現時点で決まっているイベントのみです

※詳細が決まり次第、順次優先案内メールにて流します