アンをめぐる人々だったかなあ?


それはそれは美しいオールドミス(今はこんな言い方しないですね)がいました。


彼女は本当は一度も恋愛したことがありません。

まあ、100年位まえのプリンスエドワード島のお話ですから、あり得るのでは?


クリスチャンなので、奉仕活動で皆で縫い物したりして。

そうすると

「恋愛したことはあるのか?」と何度聞かれても、あやふやにごまかしてきました。

皆はホントは大恋愛したのかもとか、恋愛したことないのかもとか、噂をする。


で、その美人オールドミスは大嘘ぶっこみました。

滅多にいないだろう名前を言って、


「実は大好きだった彼と喧嘩をしてしまって、意地をはっていたら、彼は怒ったまま去ってしまって二度と戻ってこなかった。自分の恋愛はたった一度」

!Σ( ̄□ ̄;)

これ、皆信じてロマンチックな気分になってオールド美女に同情です。もうだれも恋愛のことはふれなくなった。

しかしなんという偶然でしょう。もと彼氏とおなじ名前(しつこいですが大嘘)珍しい名前の、ホントは元彼氏ではない男が、プリンスエドワード島にやって来たのだ。


そこへアン登場。

オールドミス美女と会ったこともない、珍しい名前の男に、彼女にナゼ会いに行かないのか?ぜひ会うべきだと談判したのだ。

オールド美女にとっては余計なことしないで😱と恐怖におののいたことでしょう。

珍しい名前の男は真っ赤になってカンカンに怒ってやってきました。

オールド美女は覚悟を決めて真実を話して謝ろうと真っ青になりながら男の前に出た。


しかし実に不思議なことが起こりました。


男は美しい彼女をみて、自分と同じ名前の恋愛相手がいたのだと思ったんです。


で、二人は恋人どうしになり、結婚することになりました。


彼女は彼に本当のことを話して謝った。

彼はモチロン許しました。ついでに神様に感謝したに違いありません。おかげで素敵な妻をゲットできたんですからね。

オールド美女はことの顛末をアンに話した。

オールド美女はアンに感謝したに違いない。彼女のおせっかいのおかげですから😃


このお話が好きなんです。見栄をはって、つい嘘をついてアンのおせっかいで幸せになるのよね。

それにしてもどなりこんできた怒れる男を大人しくさせるとは、美女ならではのスゴワザ❤ですわね。



おねがい読んでくださってありがとうございます。いつものように記憶を頼りに書いてます。てへっ😅


読みたくて探したけどなくて(*_*)