小説「軍艦島1973―僕たちのあの島へ―」 | 午前0時のラジオ局

午前0時のラジオ局

作家・村山仁志の近況や「アゲイン~私と死神の300日~」「午前0時のラジオ局」シリーズ、「パラダイスロスト」(三井雷太)のメディアへの露出情報、新作の出版情報など。


テーマ:

在りし日の軍艦島に、想いを馳せて

 11/15発売の「月刊ジェイ・ノベル12月号」(実業之日本社)に、私の短編小説「軍艦島1973―僕たちのあの島へ―」が掲載されました。

 

0IMG_3196

 

 これは昨秋、出版社からの依頼により、端島(軍艦島)をモチーフとした小説を書いたもので、執筆自体は1年前に終了していたものです。

 

 軍艦島にまつわるストーリーはすでに数あれど、多くが殺人事件の舞台だったり、炭鉱マンの悲哀を描いたもののように思えましたので、私は「賑やかな雰囲気」の軍艦島を描きたいと考えました。

 これまでお会いした元島民や研究者の皆さんが口を揃えて仰る、「とても豊かで、暮らしやすく、全員が家族のような島だった」という雰囲気を、著したいと思ったのです。
 タイトルの「1973」には、軍艦島が1974年に閉山する前のストーリー、という意味が込められています。

 

 さて、端島には以前観光船で渡ったことはありましたが、「より近くで見たい」と考え、漁船をチャーターし(漁船をチャーターするという行為にドキドキしました・・・)、長崎市の特別な許可を得て、観光コース以外の部分を見学させてもらいました。

 

0IMG_4008

 

 ・・・とは言っても、世界遺産登録直後ということもあり、環境や構造物保護の観点から、そうそう自由に見て回る、というわけにはいきません。

 取材には市の担当者が立会い、特に建物群は崩壊がかなり進んでいて危険な為、中に入ることや、近づくことも禁じられました。

 

 それでも、やはり現地を訪れることでしか味わえない空気感や、歩くことでしか分からない距離感などはあります。様々なインスピレーションも感じる、貴重な経験となりました。

 やはり、行ってよかったです。

 

0IMG_4062

 

 閉山前、全国で唯一の鉄筋コンクリート7階建て校舎だった端島小中学校をバックに、記念撮影。
 この校舎が、物語の舞台となりました。

 

 内容は、中学生男女の淡い恋と冒険の物語・・・。イラストは、浦上和久さん!

 

0FullSizeR

 

 雑誌掲載にあたっては、元島民や関係者の皆様に前もって読んで頂きましたが、おかげさまでご好評頂き、ほっとしました。(泣いてくださった方も!)

 長崎在住の作家が端島を題材に小説を書く、情報を発信するということには、それなりの意味があるのかもしれない、と思ったりしています(手前味噌ですが・・・汗)。

 

 ちなみに・・・

 

 0IMG_3198

 

小説家デビュー8年目で本も5冊出していますが、文学界ではまだ「新鋭」です。
 でも、なんとも嬉しかったり・・・
 まだまだ頑張るぞ~(^^)!

村山仁志さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス