本日の議会で発言したこと | ごとう光秀オフィシャルブログ♪休み時間の詩
新型コロナウイルスに関する情報について

本日の議会で発言したこと

 

こんばんは。

 

最近慌ただしく過ごしており、

ブログ書くのも久しぶりになってしまいました。

 

今月1日からは、龍ケ崎市議会3月定例会が開催されています。

 

 

コロナ禍での対策や生活にも慣れてきて、

 

議会が開会してから「副市長の逮捕」、そして「爆破予告」と、

当市がこれほどまで最悪な状況になっているのは

 

僕が市議会議員になったこれまでの10年間の中でも

大きく揺れている「龍ケ崎市」だと思います。

 

 

 

本日は僕が所属している文教福祉委員会があり、

午前10時から夕方18時半くらいまで

長丁場の会議となりました。

 

 

本日、僕が質疑した主な内容は、

 

「教育センター活動費」の内訳から、

当市の「不登校児童」の現状を伺いました。

 

現状としては小学生が38名、中学生が80名と、

非常に人数が多く感じましたが、

 

不登校の原因や理由は様々なケースがありますが、

その中でも「軽度発達障害」などの「集団不適応」な

児童についてフォーカスをあて、今後の対応強化を求めました。

 

 

教育センターで対応している内容からは、

その「集団不適応での不登校児」が復帰した件数を尋ねると、

 

昨年度のデータによると

 

「教育センターに通級している22名」のうち

「1名が復帰」

「19名が部分登校ではあるが復帰」

 

ということでした。

 

 

部分的な登校であっても、不登校から

22名中20名が復帰していることからも、

 

現在の本市の対応は改善方向へ向かっていると思われます。

 

 

ですが、軽度発達障害を抱える児童について、

多くのご意見やご相談を受けていることからも、

 

「カウンセラー養成講習」などの研修の幅を広げて、

先進事例を参考にしながら更なる当市の教育サービスの拡充を

要望させていただきました。

 

 

明日は総務委員会所管事項となります。

 

 

 

 

ごとう光秀