正確に覚えよう 宅建業法4 申請と基準  | 宅建 久保田塾

宅建 久保田塾

はじめまして宅建講師の久保田です。
このブログが少しでも皆さんの合格への
骨休めになっていただければ幸いです。

マンション管理士
宅地建物取引士
管理業務主任者
賃貸不動産経営管理士
競売不動産取扱主任者
土地活用プランナー
FP2級技能士
剣道四段

今日は、免許の申請について、あと基準と有効期限を覚えてくださいねー爆  笑

 

以下、間違ってる箇所を見つけて正しく訂正してください。

(間違ってますからねーー)

 

①甲県内に本店及び複数の支店を設ける場合、国土交通大臣に直接、免許の申請をする。えーん

 

②甲県内に本店、乙県内に一つの支店を設ける場合は甲県知事に直接申請する。えーん

 

基準から

①破産手続開始の決定を受け、復権を得て5年を経過しないものは免許を受けることができない。えーん

 

②刑法第204条(傷害)の罪を犯し、懲役1年、刑の全部の執行猶予2年の刑に処せられたが、

執行猶予期間が満了し、その後5年を経過していない場合は免許を受けることができない。えーん

 

③刑法第159条(私文書偽造等)の罪を犯し、罰金の刑に処せられ、刑の執行後5年を

経過していないもの者は免許を受けることができない。えーん

 

④自己の名義で他人に宅建業を営ませ、その情状が特に重いとして免許を取り消され、

取消の日から3年経過していない場合は免許を受けることができない。えーん

 

⑤引き続き1年以上事業を休止したことを理由に免許を取り消され、免許取消しの日から5年を経過しない

者は免許を受けることができない。えーん

 

⑥建設業法の規定に違反したことにより罰金の刑に処せられ、その刑の執行が終わった日から5年経過しない

役員がいる法人は免許を受けることができない。えーん

 

破産手続開始の決定を受け、復権を得ていない政令で定める使用人がいた、法人は

たとえその使用人が退任しても、5年間は免許を受けることができない。えーん

 

⑧宅建業に係る営業に関し成年者と同一の行為能力を有する未成年者で、その法定代理人が禁錮以上の刑に処せられ、

その執行が終わった日から5年を経過していない者は免許を受けることができない。えーん

 

たぬきそばが好物なんですラブ

 

①甲県内に本店及び複数の支店を設ける場合、国土交通大臣に直接、免許の申請をする。

甲県内だけだから知事免許 びっくり

 

②甲県内に本店、乙県内に一つの支店を設ける場合は甲県知事に直接申請する。

複数の都道府県は大臣免許 びっくり

 

基準から

①破産手続開始の決定を受け、復権を得て5年を経過しないものは免許を受けることができない

復権すれば直ちに免許可能 びっくり

 

②刑法第204条(傷害)の罪を犯し、懲役1年、刑の全部の執行猶予2年の刑に処せられたが、

執行猶予期間が満了し、その後5年を経過していない場合は免許を受けることができない

執行猶予満了は直ちに免許可能 びっくり

 

③刑法第159条(私文書偽造等)の罪を犯し、罰金の刑に処せられ、刑の執行後5年を

経過していないもの者は免許を受けることができない

罰金でダメなのは宅建業法、暴力系犯罪、背任罪 びっくり

 

④自己の名義で他人に宅建業を営ませ、その情状が特に重いとして免許を取り消され、

取消の日から3年経過していない場合は免許を受けることができない。

重いときたら5年ダメ びっくり

 

⑤引き続き1年以上事業を休止したことを理由に免許を取り消され、免許取消しの日から5年を経過しない

は免許を受けることができない。

すぐに取れる びっくり

 

建設業法の規定に違反したことにより罰金の刑に処せられ、その刑の執行が終わった日から5年経過しない

役員がいる法人は免許を受けることができない。

罰金←建設業法 セーフ ※宅建業に関して建設業に違反したはアウトで監督処分 びっくり

 

⑦破産手続開始の決定を受け、復権を得ていない政令で定める使用人がいた法人は

たとえその使用人が退任しても、5年間は免許を受けることができない。

「いる」とダメ。すでにいない びっくり

 

⑧宅建業に係る営業に関し成年者と同一の行為能力を有する未成年者で、その法定代理人が禁錮以上の刑に処せられ、

その執行が終わった日から5年を経過していない者は免許を受けることができない。

有する未成年者は大人 びっくり

 

フォローしてね!