FATE横浜参戦を終えて

テーマ:
FATE横浜さんに、5月26日に冬月グループの企画で1日出勤させていただき、
自分の中で大変貴重な体験と思い出に残る時間を過ごさせて貰いました。





もっと早くまとめたかったのですが、
多忙につき遅くなってしまいました。







語らせていただきたいのは、
「きっかけ」「私の見ているビジョン」そして最後に「何を得て何を残せたか」








まず、私が思うところが2つありまして、
それがFATE横浜さんを選ばせていただいたきっかけになりました。







思うところとは、
「地方出店の重要性が今後高まってくる」ということ。
冬月グループは現在21店舗展開。
だけど、20店舗が歌舞伎町で、都外にあるのはFATE横浜のみ。






もちろん歌舞伎町のマーケットは膨大で、全国のホストクラブの売上高の6割ほどが歌舞伎町に集中していると私は推測していて、
おそらく大体正しい推測かと思う。






しかし、冬月グループを企業として見たとき、一極集中は大変リスキーで、
例えば都条例がかわったり、東京に災害が起きたとき、一発で全てが終わる危険性もはらんでいるのだ。







もちろんグループ上部でも、それは懸念していて、ゆえに目指すのが、歌舞伎町シェアナンバー1ではなく、日本シェアナンバー1なのである。







だが、みんな頭ではいずれ日本中に進出していかなければいけないのは分かってはいても、挑戦がなかなか出来ない。
地盤がないから。失敗が怖いから。既得権益を失いたくないから。
それじゃダメだろ。
「業界を変える」はずがいつまで経っても歌舞伎町から出ていけない。







そういう観点において、
FATE横浜は、グループの歴史的な進出だと思うし、大変勇気ある出店だったと思う。
誰も出来ない事を先駆けてやっているし、今後の冬月グループを占う最重要拠点だと思う。







もちろん我々ショコラ、ショコラプリンスもゆくゆく地方出店してみたい。
一極集中を誰かが打破しなければ、企業としての進化が止まる。
私達は全てを切り開く黄金の槍となりたい。
それがFATE横浜参戦のきっかけであり理由でした。







結果は、私がラスソンをとらせて頂きました。本当に皆様ありがとうございました。








私が何より収穫に思えたのは、
横浜の従業員の皆との交流でした。
たくさん質問してくれて、私の話をみんながまっすぐなキラキラした眼差しで聞いていてくれました。ある者は「悔しい」と口にしてくれました。
私は「悔しい」という気持ちこそがホストの原動力であり原点だと思っているので、その言葉が嬉しかった。

「またみんなと時間を共にしたい。」「FATE横浜って伸びしろがすごくある。」「未来がつまってる。」
素直にそんな風に思いました。






私も色々と学び、貴重な経験をさせて頂いたので、この体験は今後に必ず生きてくると信じています。







神奈川県でホストをしてみたい男の子!
業界最大手冬月グループの唯一の神奈川のお店FATE横浜に是非面接に行ってみてほしい!







最後に、FATE横浜の従業員に約束したのだ。「これからも遠くから見守っている」と。


なので、サボってる奴がいると春咲翼代表に聞いたら横浜までしばきに行こうと思ってる!笑
お互いもっと努力していこう。
そして、いつかまた出会ったとき私からラスソンを奪ってくれ。


FATE横浜最高!
みんなに必ずまた会いたい!


{B3E06935-0C98-402A-B240-74820678C858:01}