私自身の本音

テーマ:
少し真面目なお話ししようと思う。
私のこと。






自分には譲れない夢というか目標があって、
最終形態を自分の中で見据えている。
そこに犠牲はあるかもしれないが、全員が幸せで豊かになれる形。

そして一番のパートナーである五奏支配人に最高の状態で後継してもらう、支え続けてくれて一緒にショコラを立ち上げた皐統括にも然るべきポジションにいてほしい。
幹部、内勤陣の沢山の努力と我慢も痛いほど分かっている。
だから私はあらゆるものと戦い続けていく。
絶対に譲れない戦い。




みんなで作ったショコラの従業員全員の人生を幸せで実りあるものにしなければならない。
その責任だけは一生放棄しない。
様々な問題があるし、個々の努力も必要になるから一歩一歩前に進んで、今はまだ目標の45パーセントというところ。




もちろん冬月グループに私は名前を売っていただいたし、冬月グループの看板で成長してこれたから、その恩義を返すためにも冬月グループの先頭を走り続けて、グループを日本一にする。
その一番槍でありたい。





年齢は正直気にしてない。
若くなくなってきたなってぐらい。
最長老ホストでも全然構わない。
俺に白髪が生えはじめたら、それを100万で卸してもらうかな。笑





ネットでの過激発言等で、いくらなんと言われても気になりません。
というかパフォーマンスの要素が強い。
強烈な印象の人間がいると、それだけで有名店だよね。
常に売り上げでも話題でもショコラが歌舞伎町のど真ん中にいてほしい。
私の真意はそれでしかないし、SNSは自分とお店のPRと思っている。
ネットにおいて大切に思っているのはショコラの話題性です。



もしも、SNSなど、そんな程度でショコラに行きたくないっていう女の子がいたとして従業員にそれを理由にしたとしたら、遅かれ早かれ切れると思うし、それが切れた理由ってあまりにも稚拙すぎる。
全員が売り上げゼロになっちゃったなら俺が悪いけどね。
そうじゃないなら、ただの言い訳だよ。
同じ状況下で売り上げ伸びてる従業員もいるのだから。




そして私は、譲れない真意と目標のもとに行動している。
完璧な人間じゃないから間違いも沢山あるし、欠点も沢山。
病むことも。
ただ、守ると言ったものは守るし、果たすと言ったことは果たす。
五奏支配人に昔言われた言葉
「なっちゃんが寝坊するのとかは分かってついてきてる。重要なところだけ押さえてほしい」。
この言葉に救われ、この言葉を忘れないようにしようと思って仕事をしてきた。






だけど自分の力で結果を出したとは思ってない。内勤陣や幹部たち、従業員全員の血と汗と涙がショコラには滲んでる。
そしてそれを支えてきた女の子達の汗と涙。
それに対する言葉にできないほどの感謝が、私の根源のそのまた根源にあることだけは、伝えておきたい。





そして私は、ふつうの人間である。
カップラーメン食べるし、ヨダレを垂らすし、
すぐにお腹が痛くなるし、失敗もたくさんする。


イメージで作った私を見ずに本音の私と話をしてほしい。それは男女問わず伝えたい。






最後に、ショコラはまだまだこんなものじゃないし牙は折れていない。
日本一はもうすぐ。
すぐに私利私欲や陰口で仲違いするホストクラブばっかりやん。
俺達はちがう。そんな安い信念ではない。
これまで傷だらけになりながら走ってきた絆は砕けない。
そのまま日本一に手を伸ばす。