7月1日に、資生堂より赤を極めた口紅が発売となります。


「資生堂 ルージュ ルージュ」





この口紅は、全16色展開なのですが

何が凄いかというと、16色すべてが「赤」なのです。



「赤を極めた口紅」というキャッチフレーズは、ここからきています。




あくまでも私の好みですが、赤色の口紅って

実はあまり所持していません。


コーラル系やベージュ系、ピンク系を買うことが多く

どちらかというと、赤は苦手意識を持っている色だったり。


私以外にも同じように考えていらっしゃる方は、意外と多いのではと考えています。




ところが、資生堂の新製品は「16色の赤」


赤だけで16色。


これって、凄い事ですよね。



資生堂独自の赤の発色技術で

ここまで多彩な赤色表現を可能にしているのだそう。



今回、ミニサイズ(といっても2.5g)のサンプルを頂いたので

早速使ってみました。



サンプルとは思えないほど、手の込んだ作りです。


私が頂いたのは、「RD501(Ruby Copper)」



大地の奥深くから採掘した、赤銅鉱のレッド。


土のあたたかさで培われた、いきいきと鮮やかな色。




かなりパキッと発色する「赤」ですね。


ワンストロークでこの発色です。





実際にタッチアップしてみました。


手に塗るとやはり濃いめの赤だなと感じましたが、唇に塗ってもやはり同じ。


かなり濃い目に発色します。



スモーキーメイク(目の周りを黒系で囲むメイク)

ブラウンやグレー系のモード系メイクに、この鮮やかなパキッとした赤は

絶対に合うと思います。







「鮮やかすぎて、お仕事メイクには無理かも・・・・・。」

という方にお勧めなのは、ぼかして使う塗り方です。



直接唇に塗って、指でポンポンとぼかすだけ。


この使い方で、上記の鮮やかな赤が、ピンク系のラブリーな赤に変身♡




指でぼかすだけで、こんなにも可愛らしい口元に変わります。





つけ方次第で様々な色合いのリップメイクを楽しむことができる点が

この口紅のオススメポイントだと思います。



また、この口紅は、鮮やかなのに肌となじんで発色するので

肌色を美しく見せることができますよ。


フィット感も良く、色鮮やかな発色とうるおいが

長時間続く点も気に入っています。



全16色展開なので、私みたいに「赤」に苦手意識を持っている方でも

ご自身に似合う赤が、きっと見つかると思います。





メーキャップ ブランドサイト


資生堂様に商品をいただき、モニターに参加しています