2018-02-05 14:56:05

V4ばかりが盛り上がってますが…

テーマ:ブログ

ドゥカティはスーパーバイクのイメージが強いのですが、他にも良いモデルがいっぱいあります。

 

今回はディアベルに再度注目!

http://www.goobike.com/spread/8400121B30140824001/index.html?disp_ord=7

 

diavle dark

 

私には忘れもしない(東日本の人ならすべてでしょうが) 2011年3月11日イタリア大使館でデビューイベントが行われる予定だったディアベル!

ディアベルとはデビル、悪魔のイタリア語なのですが、まさしく悪魔が日本に降り立った日でした。

その年、ディアベルは大人気で注文から納車まで何カ月もかかる人気のモデルとなりました。

 

スーパーバイクやモンスターなどハンドルが低いタイプのバイクが多かったドゥカティですが、低いシート、高めのハンドル、男性的なデザインなど今までに無いドゥカティ ディアベルは新たなユーザーも受け入れていただけました。

 

 

 

今回、これから紹介するバイクのユーザーもその一人。

 

昔からドゥカティに乗りたかったけど、シートの高さやポジションであきらめていたけど、ディアベルならイケる!と購入していただけました。

現在お持ちのディアベルはお客様にとっては2台目、メーカーにしてみれば2代目のディアベルとなります。

 

2代目になりLEDのヘッドライトなど装備がグレードアップしてます。

 

この方のディアベルは何よりも注目していただきたいカスタムは、冬にも使えるツーリング仕様

 

 

スクリーンとナックルガード、ユピテル製のバイク用ナビ

 

 

スイッチが内蔵されたスリムなホットグリップ

 

 

初代のシートバッグからアップデイトされ、ポーチが取り外せるようなったシートバッグ。

更に、パニアケース(サイドバッグ)を取り付けられるストラーダ仕様のリヤ周り。

 

冬も楽しくディアベルをご利用いただいております。

 

 

冬のバイクは路面のグリップの低下など気を付けることはあるのですが、ピリッとした澄んだ空気の中で、夏には見えない遠くの山々を見ながら走るのもいいものですよ!

 

上記のカスタムは当店で取り寄せし取付いたしましたので、同じようなカスタムをご希望の方は当店にご相談ください。

 

 

ディアベルには、アパレルブランドのディーゼルとコラボしたカスタムモデル”ディアベル ディーゼル”もございます。

 

 

Ducati Diavel Diesel で3D!

真っ赤なブレンボと本革シートがきまっています!

 

カスタムバイクならではのカスタムペイントも魅力!!

 

ぜひ、リンクを開いてみてください!

ついでに、FaceBook でシェアしてください!

 

 

ディアベルも楽しいですよ!

峠道でも楽しめるバイクです!

V-MAXよりも軽いし、踏み込みやすいステップもイイです。

 

 

バイクの楽しみ方をおつたえしたい

茨城県内唯一のドゥカティ正規取扱店
オートボーイRCのホームページはこちら
http://www.autoboy-rc.com

 

(高野)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ミトモトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。