◆風邪ウィルスの気持ち 後編 | 豊かさと健康♪幸せのカギ♪ザ★ミトコンドリア

豊かさと健康♪幸せのカギ♪ザ★ミトコンドリア

ココロとカラダのつながりを誰しもが細胞の中にもっている小さな器官「ミトコンドリア」の視点から紐解くで、豊かさと健康、そして幸せを手に入れるための方法を伝えるブログ


テーマ:
おはようございます
豊かさと健康
幸せのカギ
「ザ★ミトコンドリア」の
三戸コンドリアです

今日は昨日に引き続き
「風邪のウィルスの気持ち!?」
後編をお届けします

++++++
とその前に
◆この機会にもっとミトコンドリアのことを知りたい方へ
無料メルマガ『週刊♪ミトコンドリア通信』
登録はこちら
http://mitochondria-school.com/mailmag/

さらに
自然治癒力学校公式メルマガ
~毎日を自然療法に変える~
【日常セラピー】
読んでみたい方はこちら

http://naturalhealing-school.org/daily-thrapy/
++++++++

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇風邪ウィルスの気持ち!?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私は風邪を引いたとき
風邪ウィルスに
話しかけました

おかえり~
何のために君は帰ってきたのかな
いまの君の想いを聞かせてくれないかい?

すると
彼はこう答えたのです

あなたの
エネルギーフィールドを
変えるためです!

私には意味が
解らなかったので
もう一度質問しました

エネルギーフィールドって何だい
そもそもどうして
変えなきゃいけないんだい?

++++

自然治癒力学校理事長
おのころ心平は
インフルエンザが流行した年は
世の中に
メランコリー(悲しみや憂鬱)が
漂っていて
インフルエンザウィルスは
そうした感情を
焼き払っているといいます炎

確かに
歴史を遡ってみても
1918年
5000万人もの死者を出した
「スペイン風邪」は
第一次世界大戦が終わった年でした

100万人規模の犠牲者を出した
1957年の
「アジア風邪」は
朝鮮戦争後の米ソの冷戦が終わった年

1968年の「香港風邪」は
ベトナムで戦争が本格化した年です

世の中には
悲しみや憂鬱が
満ち溢れていたかもしれません

こんな視点で見ると
今年も何か戦争が起こるのでは?と
不安になるかもしれません

しかし
私がきいた
ウィルスの声は
これとは違った見解でした

++++

それは
今年のインフルエンザの流行は
戦争や争いに対する
悲しみや憂鬱ではなく
時代が大きく変わっていくことへの
準備であるとグッ

ウィルスさんたちは
新しい時代のエネルギーに合わせるために
古い細胞を燃やしているの
・・・
というのです

+++++++++++++++

うそかまことかはわかりません

ただ
AIやIOTなど
テクノロジーの進化により
私たちの取り巻く社会は
いま大きく変わろうとしているのは
事実です

そんな社会に対応するために
ウィルスさんが
一生懸命からだのエネルギーフィールドを
変えようとしてくれているとしたら
・・・

もし風邪をひいたら
あなたも風邪のウィルスに
こう
ささやいてみませんか

「おかえり~
風邪のウィルスさん
ところで
君は何をするために
私のところに戻ってきたんだい?」

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます
FROM三戸


ミトコンドリア・アドバイザー 三戸 コンドリアさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ