★虹始見 虹は何色に見えますか? | 豊かさと健康♪幸せのカギ♪ザ★ミトコンドリア

豊かさと健康♪幸せのカギ♪ザ★ミトコンドリア

ココロとカラダのつながりを誰しもが細胞の中にもっている小さな器官「ミトコンドリア」の視点から紐解くで、豊かさと健康、そして幸せを手に入れるための方法を伝えるブログ

おはようございます
豊かさと健康
幸せのカギ
ザ★ミトコンドリアのさくです。

今日は
「清明」末侯の
「虹始見」です。
(にじはじめてあらわるとよみます。)

その名の通り
虹がはじめて見える
季節とのこと。虹

虹って素敵ですよね。

私たち日本人は
虹というと
七色に見えます。

しかし
世界の国々では
虹の色の見え方が
違うそうです。

たとえば
日本人は
赤、オレンジ、 黄色
緑、 青、藍色、 紫と
「七色」にみえますが

アメリカやイギリスでは
藍色と青を区別することはなく
赤、オレンジ、 黄色
緑、 青、 紫
6色に見えるそうです。

さらに
フランスやドイツ
中国では
オレンジと赤の区別もなくなって
赤、黄色、
緑、 青、 紫
5色に見えるそうです。

さらに
さらに
アフリカや南アジアの
一部の民族では
赤と黒(または赤と青)の
二色にしか見えないそうですポーン

色って不思議ですね。

からだのメカニズムからみると
色を認識できるのは
眼の網膜というところに
光を感受する細胞があるからです。

その細胞を
錐体細胞(すいたいさいぼう)といいます。

錐体細胞が認識できる色は
「赤」「緑」「青」の3種類しかありません。

それでも、いろいろな色が見えるのは
脳の認識によるそうです。

ということは
7色に見える
日本人の脳は
世界の国々の人々と違っているのかもしれませんね。

こんな光を感じることのできる
日常に感謝してキラキラ

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

ミトコンドリア・アドバイザー 水戸 コンドリアさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス