◆肺、肺、ハイカラさんが通る!? 後編 | 豊かさと健康♪幸せのカギ♪ザ★ミトコンドリア

豊かさと健康♪幸せのカギ♪ザ★ミトコンドリア

ココロとカラダのつながりを誰しもが細胞の中にもっている小さな器官「ミトコンドリア」の視点から紐解くで、豊かさと健康、そして幸せを手に入れるための方法を伝えるブログ

おはようございます。
幸せと健康
豊かさのカギ
ザ☆ミトコンドリアのさくです。

さて、今日は
昨日に引き続き
「肺、肺、ハイカラさんが通る!?」の
後編をお届けします。

++++++
◆この機会にもっとミトコンドリアのことを知りたい方へ
無料メール・レッスン・マガジン
『週刊♪ミトコンドリア通信』
登録はこちら

http://mitochondria-school.com/mailmag/
ミトコンドリア・アドバイザーさくの
無料メルマガ「週刊ミトコンドリア通信」
【お友達にも教えてあげてください】
http://mitochondria-school.com/mailmag/
++++++

★――――――――――――――――――――――
からだの世界を旅する体験!?
――――――――――――――――――――――★

この呼吸の体験
私にとっては
ディズニーシーにある
火山のジェットコースター
「センター・オブ・ジ・アース」
に似た感じでした。

はじめは
とてもゆっくり進みます
真っ暗なので
何も見えずに
何が起きるか
ドキドキしながら
進んでいきます。

鼻(=鼻腔)の世界が
終わると
絶叫のスタート地点が
見えてきます。

それは
口(喉頭)の中にある
喉頭蓋(いんとうがい)と
呼ばれるフタのような場所。

ここは
気道に行く道と
食道に行く道の
交差点です。

いったん気道に入った
空気が間違って
食道に戻らないよう
フタがついています。

このエリアから
気道→気管支→肺までは
一気に
絶叫の世界です。

キャア~~~

キョエ~~~

ヒェエ~~~

ゲッソリ

もう
とにかくものすごい
スピードで進んで
次々と現れる
トンネルの分岐を
駆け抜けていくと
気が付くと
「肺」にいます。

からだのメカニズムでみると
気管の長さは
約10cm。

そこから
気管支と呼ばれる場所を
およそ23回分岐するうちに
道はだんだん細くなって
最後は
肺胞(はいほう)と呼ばれる
小さな袋にたどり着きます。

ここが
酸素が全身に運ばれる
出逢いの場所。

肺胞はたくさんの毛細血管に
囲まれていて
ここで
赤血球(ヘモグロビン)さんと
出逢い
そこから心臓を経由して
酸素は全身に運ばれていきます。

からだのメカニズムを知って
それを
イメージできるようになると
からだの世界を旅することは
ディズニーのアトラクション以上に
楽しい世界です。

★――――――――――――――――――――――
鼻歌で肺さんをラクにする!?
――――――――――――――――――――――★

ハイ、ハイ、ハイ
はいからさんが通る♪

私は「肺」というと
この曲を口ずさむと
いいました。

これは
私にとって肺の世界を旅することは
こんな軽やかな感じだからです。

からだや臓器
ひとつひとつに
意識や気持ちがあるとしたら・・

別に
この曲でなくても
構いません

肺さんの
ストレスケアのために
ふと浮かんだ歌や曲を
口ずさんでみませんか?

これが
「肺」に寄り添う
第1歩と
私は考えています。

肺さんからみると
肺さんの仕事である
呼吸の世界は
相当タフで
プレッシャーのかかる
ものです。

何しろ
私たちは
呼吸が止まると
死んでしまいますガーン

肺さんは
1回の呼吸で
約550ミリリットル。
1日当たりに換算すると
15キロリットルもの
空気をからだに
取り込んでくれています。

肺さんは
そのプレッシャーに耐えながら
たえず酸素を取りこんでいます。

その取り込み口である
肺胞さんの数は
3億個!

これだけ
たくさんある中で
どの肺胞さんにいれるかを
選択している「肺」は
「選択の臓器」であり
それだけ
強いプレッシャーを抱えている臓器
とも言えます。

だからこそ
声に出して歌うことで
肺さんのプレッシャー
少しでも
やわらげてみませんか?

と同時に
そっと胸に手を当てて
肺さんに感謝の意を捧げましょう。

きっと
あなたにも肺さんの声が
聴こえてきます。ニコ

最後まで読んでくれてありがとうございます。

Fromさく

ミトコンドリア・アドバイザー 水戸 コンドリアさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス