幸せのカギ♪ザ★ミトコンドリア

ココロとカラダの不思議をミトコンドリアの視点で紐解く


テーマ:
おはようございます。
幸せのカギ
ザ★ミトコンドリアのさくです。

今日も昨日に引き続き
週刊ミトコンドリア通信から
「健康診断は受けたらいけない!?」
をお届けします

★――――――――――――――――――――――
コレステロールが大変です!?
――――――――――――――――――――――★

私が試したのは
ピタバスタチンCa錠2mg
高脂血症剤に分類される
ジェネリック医薬品です。

先生から副作用など
詳しい説明をいただきましたが
薬を飲む前に
その成分や副作用について
自分でも調べました。

この薬は
2003年に発売された
「リバロ」という薬の
ジェネリック医薬品です。
主に悪玉(LDL)コレステロールを
下げる作用に優れ
私のような家族性高コレステロール血症に
効くといわれるものです。

副作用には
腹痛、発疹、倦怠感
しびれ、かゆみ等が
報告されていました。

その薬を飲んだ結果は・・

薬の服用で
1週間で
コレステロール値は
260 mg/dlから
220mg/dlまで一気に下がりました。

めまいやだるさなどの
副作用も出ませんでした。

しかし
私はその薬
1週間で服用をやめました。

やめた理由は
体温が0.2℃
下がったからです。

体温が下がることは
ミトコンドリアの機能低下を意味し
自分には合わないと
思ったからです。

やめて1か月後
血液検査をして
驚きました。

最高で260 mg/dlぐらいだった
コレステロール値が
今度は300mg/dlを
超えていたからです!!!

私の例は
一般とは違うかもしれません。

しかし
薬の怖さも感じました。

なぜなら
やめると逆に数値が悪くなることを
目の当たりにしたからです。

普通の人なら慌てて
薬の服用をするかもしれません。

私は逆に以前から準備した
薬を使わずに
コレステロール値を下げる方法に
着手しました。

それが
信州大学の能勢博教授らがすすめる
インターバルウォーキングです。

★――――――――――――――――――――――
●追伸 クスリのリスク!?
――――――――――――――――――――――★

ここから先は
「薬を飲むことのリスク」について
興味のある方だけご覧ください。

私は
自然療法家ではないので
薬は否定しません。

しかし
薬を飲むことが
リスクになることもある
ことは知ってほしいとも思っています。

というのは
私の実験結果が示したように
薬には
体温を下げる
側面があります。

これは
何か過剰なものの
生成を抑えるためには
その部分の血流を止める
必要があるからです。

血流を止めると
血の流れが悪くなるので
体温が下がります

「ミトコンドリア」的にみると
ミトコンドリアの栄養不足で
ミトコンドリアの機能低下を
招きます。

体温は1度下がるだけで
免疫力は30%低下すると
言われています。

つまり
薬を飲むと
免疫力が下がるということです。

それだけ
病気に弱くなるということです。

そうした現状を
英国の自然療法医の石川善光先生は
「薬が一番怖いと感じるのは
副作用のマイナス効果について
正しい理解のないまま、
医師から言われるままに薬を飲み
それでも悪くなるのは
歳のせいだから仕方がない
と考えているのが日本人の実情です。」
とおっしゃいます

病気は歳のせいだから仕方ない・・

これは大きな誤りで
自然治癒力スイッチを発揮できると
細胞は120歳まで元気でいられます。

少しだけ
そんな知識ももってもらうと
嬉しいと思う今日このごろ(^_-)-☆

ココロとカラダが元気に♪
今日も
素敵な一日になりますように!
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。




ナガミト5周年記念イベント8/27
in鎌倉「タオ・シエスタ(真のお昼寝)」詳細はこちら


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ミトコンドリア・アドバイザーさくさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。