オリンピックを夢見て

テーマ:

IOCが来年2月に開催される平昌五輪に

 

ロシア選手団の出場を認めないことを決めました。

 

厳しい条件を満たした選手は個人として出場することは認められますが、

 

その場合はロシア出身の選手としてオリンピック旗のもとで出場するのだそうです。

 

あくまでもロシア代表ではありません。

 

 

 

IOCの処分を受け入れれば個人として出場できる見込みは残されますが、

 

処分を不服としてロシアが出場をボイコットするようなことになれば

 

選手個人として出場する見込みも絶たれてしまいます。

 

 

 

本来は正々堂々、スポーツマン精神に沿って行なわれる競技に

 

不正があってはなりませんし厳しく処分すべきです。

 

あらゆる不正は認めない、という姿勢は大事なことです。

 

 

 

ですが。。。

 

処分によってオリンピックに出場できなくなる選手たちのことを思うと

 

とても複雑な心境です。

 

 

 

子どもの頃からオリンピック出場を夢見て、ひたすら努力してきた選手たち。

 

青春を競技に捧げて、正々堂々と真面目にがんばってきて

 

これからようやく夢がかなう、という時なのに。

 

不正行為に関わった人たちの代償を、何の罪もない現役選手が払うなんて

 

あまりに理不尽で気の毒です。

 

 

 

だからといって他に処分の方法があるかというと、思いつくわけでもないのですが。

 

個人的な願いとすれば、

 

ロシアが今回の処分を受け入れて選手個人の出場の道を残してほしい。

 

 

 

オリンピックを夢見てきた選手たちのために。

 

 

 

 

 

AD

コメント(4)