冬といえば

テーマ:

昭和40年代を小学生として過ごした私。

冬になると決まって悩まされたものといえば、しもやけですしょぼん

 

毎年、両手両足の指は腫れてまんまるビックリマークぷんぷくりんビックリマーク

あまりに足が痛くて靴を履くことができず、学校を休んだこともあります。

そんな具合ですから、学校へ行っても掃除の時には「ほうき係」。

先生が、冬場は水を扱わなくて済むようにしてくださいました。

 

・・・それなのに。

 

ある日、掃除の時間に男の子とほうきを振り回して遊んでいたのですが、

案の定、しもやけの指に男の子のほうきが当たり出血してしまいました。

周りで見ていた女の子たちは、

「あ~ビックリマーク○○君、怪我させた~ビックリマーク先生に言っちゃろうビックリマーク」と大騒ぎです。

男の子は血を見てビックリ、「ごめんな~痛いやろ~」

あらま、さっきまでの腕白ぶりはどこへやら( *´艸`)

 

こんなことは日常茶飯事、ちっとも痛くなかったのですが、

男の子は先生に叱られてションボリしていました。

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

さて、

 

こんなにしもやけのひどい私を黙って見ている母ではありません(`・ω・´)9

当時、八百屋さんに勤めていたのですが、

 

なにやらお鍋を持って帰ってきました。

 

みっちゃん 「おかあさん、それな~ん?」

てるちゃん 「これはね、タコのゆで汁よ
音譜

みっちゃん 「へ? タコ?」

てるちゃん 「これで指を温めると、しもやけがよくなるってよ
音譜

みっちゃん 「・・・」


 

八百屋さんと同じスーパーのテナントに魚屋さんがあり、

そこで話を聞いて「タコのゆで汁」を分けていただいたのでした。

さっそく試してみることに・・・温めてからバケツに入れ、足を入れてみます。

気分は、タコですガーン

 

てるちゃん 「みっちゃん、どう?」

みっちゃん 「・・・うん、気持ちいいよ。」

てるちゃん 「ほんと? じゃあ明日ももらってくるね
ラブラブ

みっちゃん 「え~っ
あせる

 

その後しばらく試してみましたが、効き目は・・・

 

もちろん、ありませんでした(笑)

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

スーパーから家までは歩いて20分ほどかかりましたが、

重い鍋を持って帰る日は

 

八百屋さんのご主人が軽トラで母を送ってくださいました。

八百屋さん、魚屋さんを巻き込んでの大作戦ビックリマーク

「うちの娘が、しもやけがひどくて何とかならんやろうか。」

なんて話していたのだろうかと思うと、ありがたいです。

たとえ「タコのゆで汁」でも(*^^*)

 

やがて中学生、高校生、と大人になるにつれて

 

しもやけはできなくなりましたが、

今でも、たま~に足の指にできたりすると

 

母と「タコのゆで汁」のことを思い出します。

 

しもやけは治らなかったけど、優しい気持ち、嬉しかったよ。

ありがとう、おかあさんクローバー

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

12月に入ったとたん福岡にも寒波が到来(>_<)

 

来週の水曜日の天気予報は「曇り一時雨か雪」

 

・・・雪雪雪

 

・・・え~っビックリマークそんなに寒くなると!?

 

ダウンコートあせる手袋あせるブーツあせると慌てて準備しています。

 

チラホラと舞う程度でしょうけれど急すぎて体がついていきません(;^_^A

 

 

 

寒さに合わせてインフルエンザが流行っています。

 

どちら様も、うがいと手洗いを念入りに(`・ω・´)9

 

バランスのとれた食事と睡眠で免疫力を高めましょう。

 

本格的な冬の始まりですオレンジ

 

 

 

 

 

AD

コメント(8)