お母様が作る 
           正絹つまみ細工のかんざしシリーズ 」
 
お祝いの為だけに作りたい。そんなお母様に。
伝統的な手法はさておき、サクッと作れる「結果All right のつまみ細工」でございます。
 

 

↓材料はこちらからお求めいただけます。

 

楽天市場店

http://www.rakuten.co.jp/mitera


●「縮緬生地使用 出来上がり寸5cm強」の作り方をご紹介いたします。

 

【ピンクグラデーション 花びらの配置】

 

1段目 8粒 白 剣つまみ

2段目 8粒 白 丸つまみ

3段目 8粒 桜 丸つまみ

4段目 8粒 桃 丸つまみ

5段目 8粒 桃 丸つまみ

 

↓こちらの「半くすS」が出来上がります

 


●用意するもの


ピンセット(滑り止めのついていないもの)

洗濯バサミ(丸つまみの花びらの作成過程で使います。丸つまみの作り方は→こちら。)
ボンド(普通の木工用ボンドで大丈夫です。土台への接着、ペップ接着につかいます

水糊(花びら制作用。ミテラでは障子糊を使っています)



●材料
生地 正絹2.0cm×2.0cmを40枚(白16桜8桃16)
球台 3.5cm半球
ペップ 8粒(お好みでご用意下さいませ)

 

【事前準備】
●40枚分の丸つまみ花びらをつくります。トップの8枚は剣つまみ。その他は丸つまみです。

 

個々の花びらは水糊。

土台への張り付けはボンドを使用いたします。

 

花びらの作り方は↓
ピンチで簡単剣つまみの作り方は➡こちら
ピンチで簡単丸つまみの作り方は➡こちら

 


 

●トップの8枚を貼り付けますので、まず、水糊が乾いた剣つまみの花びら8粒を用意します。

コツ☞ 粒の底辺をきれいに切り揃え(↓写真参照)、かつ三角形がきれいに出るように斜辺も切り揃えます。先が長く尖っているようでしたら、整えます。
 


●球台の表面にワイヤーの凹凸がありますが大丈夫(*^^*)

中央と思われるところに当たりをつけます。

 

 

●サイドにもしわがありますが大丈夫。後にかくれます。

 


●中央に当たりをつけたら、4粒の剣つまみ花びらを十字に配置します。ボンドではりつけます。数字が透けていますが、ほとんど気にならなくなりますので大丈夫。






●8粒ボンドで張り付けます。




●ボンドがある程度乾くまで待ちます。

コツ☞ ヌルヌルとボンドが滑っている状態で二段目の作業に移ると折角の中央がズレてしまいます。


●二段目をつくります。1段めの花びらと花びらの間に丸つまみの粒にボンドをつけ、さすように入れていきます。




●二段目できあがり。3段目をつくります。

コツ☞ 二段目のボンドが乾かないうちに、3段目をつくります!




●花びらと花びらの間に割り込むように張り付けていきます。二段目が乾いてしまうと間に入れなくなってしまいます。




●3段目ができあがりました。




●四段目。二段目と比べ花びらと花びらの間が空いていますが、押し込まないこと(最重要!)。先が少し食い込むぐらいのところに置きます。




●四段目できあがりました。上からみたところ。





●真横からみたところ。




●五段目(写真は赤ですが、キットは桃色です)




●ぐいぐい詰めて葺いてしまうと最後の段に隙間が出来てしまいます。ふっくら葺いて下さいね♪




●花芯を着けてできあがり。今回はペップをつけてみます。
ペップは芯の付け根の部分をカットしておき、始めに中央に一粒配置。周りを順に埋めていきます。



コツ☞中央に配置するペップの芯を少し長めにカットします。


●出来上がり
(制作例:銀ビラをつけると七五三らしいです♪)



●ユーピンの固定

ユーピンを糸で固定し、表面に薄くボンドを塗ります。乾いたらフローラテープで糸を隠します


 

 

■ 材料販売 → 楽天市場店