半くすにつかわれる「半球台」の作り方。

こちらの球台を↓作ります。


「半くす」は、こちらの半球台とつまみの形、生地の大きさ、生地の厚さによって「大きさ」を決定いたします。


ミテラでは、お母様が祝いの為のワンタイムだけの製作を想定いたしておりますので、ミテラの材料販売では試行錯誤せずお作り頂けるようご用意させていただいております。


材料は http://rakuten.co.jp/mitera にてお求めいただけます。販売目的でのご購入は禁止でございます。ハンドメイドサイトやオーダーでのご使用はご遠慮頂きたくお願い申し上げます。


只今、販売されている方を見つけてしまい販売一時中止いたしております


こちらの↓半球台の作り方でございます。





 

材料販売 → ミテラ楽天市場店

 

★ここでは直径3.5cm半球台をつくります

①3.5スチロール球を半分に切ります。
②くるみ丸台紙を用意します。直径2.8cmのくるみ丸台紙を用意します。

 ※丸台紙の作り方→ http://ameblo.jp/mitera-kimono/entry-12023276035.html

 半球を包む生地=1片7.5cmの正方形生地を用意します。



③先をクルッと曲げたワイヤーを用意します。長さ約12cm
④半球の中央を目抜きで穴を開け、ワイヤーを通します。



⑤半球にボンドをつけます。



⑥まんべんなく広げます



⑦生地を先端から丁寧に張り付けます。



この時に手のひらで暖めるように接着すると綺麗に着きます。

縁を念入りに。三秒間づつ押さえながら丁寧に丁寧に接着します。

↓出来るだけ膨らみの無いようボンドをしっかり付け、接着します。




余り切れを一センチほど残して、丸くなるように切ります。



⑨生地の方にボンドを一周付け、スチロール球に張り付けて行きます。

 

 



なかなか付きませんので、親指で三秒づつ丁寧に丁寧に押さえます。

⑩丸台紙も中央に穴を開け、ボンドを塗ります。この時ボンドを塗りすぎますと、はみ出て美しい球台にはなりません。かといって少な過ぎますと、球の生地を押さえられず空間ができてしまいます。ワイヤーに通し球と合体させ接着します。



⑪こんな感じ。この時もなかなか球と丸台紙がくっつきませんので、3秒づつ位置をかえ親指で押さえて気長に接着します。

 

 




仕上げ。メヌキでサイドのしわを丸台紙の中に入れるように仕上げます。


END