「サインボードのリニューアル」 | Classic to Modern デコラティブアート的造形と家具作家の日記

「サインボードのリニューアル」

工房の外壁に取り付けてあったサインボードを塗り直しました。

 

塗り直し前のサイドボードは10年以上風雨にさらされて、汚れて、塗装も所々剥がれた状態でした。剥がれた所から水が入って、彫刻や下地の板が

所々ふやけていました。

 

 

こんな古びた風合いも好きですが、このままだと修理不能な状態になるので

塗装を剥離して、油性の塗料で下地から丁寧に塗りました。

 

最近は屋外の塗装にも水性のペンキが使われる事がほとんどですが、耐久性は圧倒的に油性塗料の方が高いです。当たり前ですが、塗装膜も分厚ければ

分厚いほど耐久性が高くなります。

 

仕上がった新しい看板です。

 

 

すっかり綺麗になりました。

下地の黄色い油性ペンキは6回塗って、その上に透明な油性ウレタンを

4回塗っています。

 

これでもか、というくらい塗ってあります。

取り付け金具やネジもステンレス製を使っているので錆にくく、耐久性を

高める為に出来る事はすべてやりました。

 

定期的に汚れを落として、透明な油性ウレタンを塗り足していけば

この状態のまま長く使えます。

 

面倒なのでこの定期的なメンテナンスをすることが一番難しいです。