Zouganista(象嵌作家)の望月貴文さんの個展に行ってきました | Classic to Modern デコラティブアート的造形と家具作家の日記
2018-12-10 23:35:48

Zouganista(象嵌作家)の望月貴文さんの個展に行ってきました

テーマ:アート

昨日は南青山にフィレンツェで活動している象嵌作家の望月貴文さん の

個展を見に行ってきました。

 

たくさんの人が来場していて、望月さんの作品に対する

興味の高さを感じました。

 

素晴らしい作品群でした。

 

中でも作り手側の人間として特に目を引いたのが、靴の木型に象嵌を

埋め込んだ作品でした。

 

 

人の足の形という有機的で複雑な形状にフィットするように作られた木型に、平面加工された象嵌を貼り付ける難しい製作を、完璧にこなしている

作品でした。

 

古い木型の質感と象嵌のマッチングも素晴らしく、独自の世界を

作り出していました。

 

他にもスプーン、懐中時計、レザーワークなど、イタリアの古都フィレンツェのイメージに良くマッチする、クラシカルなアイテムに象嵌細工を見事に

取り入れた作品を見せてもらいました。

 

 

 

 

どの作品にも美術と工芸の古都フィレンツェをイメージさせる物語を

感じる事ができるだけでなく、ミニマルな現代のインテリア空間に繊細で

美しい要素を違和感なく取り入れられる、天然木の色彩の組み合わせと、

製作技術の高さにとても感心しました。

 

楽しい日曜日のお出かけでした。

 

黒ちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス