グラスキャビネット修理2 | Classic to Modern デコラティブアート的造形と家具作家の日記
2017-11-15 22:09:41

グラスキャビネット修理2

テーマ:趣味の教室

前回、割れたガラスを外し終えたガラスキャビネット

 

 

まず外した釘より若干太い釘を使うので、元の釘穴をドリルで拡張します。

 

細く繊細な押ぶちは折らないよう慎重に。

 

釘が太すぎて入らない時は金ヤスリで釘を削って細く加工します。

元々打ち込まれていた釘穴に合わせて、押ぶちを取付けていきます。

 

釘を打つ際、ガラスを割らないよう注意が必要です。

写真を撮り忘れましたが、薄い板をガラスに当て、

ハンマーがガラスに直接あたらないようにして打っていきます。

緊張する作業です。

 

無事ガラスの交換が完了しました。

 

釘を打ち直した箇所のニスが剥がれていましたが、

塗装するまでもなく、セラックニスを塗ってあげることで綺麗に修復出来ました。

 

修復前

 

修復後

 

 

ホコリをエアダスターで飛ばし、キレイに拭き取った後

しっかりと梱包をして配送します。

 

そして生徒さん宅へ無事到着。

飾り板、扉を取りつけて修復完了です。

 

 

修復お疲れさまでした。

黒ちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス