映画「ナショナルギャラリー 英国の至宝」 | Classic to Modern デコラティブアート的造形と家具作家の日記
2015-11-20 17:46:03

映画「ナショナルギャラリー 英国の至宝」

テーマ:出来事
2015年1月に公開されたドキュメンタリー映画。
「ナショナルギャラリー 英国の至宝」

気になっていた映画で先日やっと観る事ができました。

ナショナル・ギャラリーはロンドンの中心地。
トラファルガー広場にある美術館で、ロンドンを訪れた事がある人なら
1度は足を運んだことがあるのではないでしょうか。

一般市民のコレクションからスタートしたナショナルギャラリーは
常設展への入場料もギャラリートークなどのオプションも全て無料。
アートを楽しむことに貧富や階級の差はないという理念を
守り続けている美術館です。
この映画はそんな美術館の「運営の裏側」を観る事が出来ます。

額縁修復の様子なども収録されているので絵画に興味のある方はもちろん。
西洋家具彫刻に興味のある方も楽しめる映画だと思います。

ただエンディング間際、ティツィアーノの前での「アレ」は必要だったのか?
「アレ」が気になった方は是非、映画をご覧になってください。

美術館つながりでもう一つ、ご紹介したい美術館があります。
ご存知の方も多いと思いますが、多岐に及ぶコレクション内容と
多数の展示室で有名な「V&A」
こちらも基本的に入館料は無料です。

「V&A」のアンティーク家具コレクションは必見です。
西洋家具を学びたい人には是非訪れてほしい。
というか絶対行かなければいけない美術館の一つ。
イギリス留学時代、何度となく訪れた場所です。

良い仕事をする為には「良い家具」を見る事も大切です。
日本で一人、家具の製作や修復をしていて常々感じるのが、困った時に
「教えを請う事が出来る人」と「場所が無い」という事です。

例えばブログでご紹介している京都「長楽館」のテーブル脚を製作中も
「V&Aが近所にあったら」と思ったことか。。。

「ナショナルギャラリー 英国の至宝」を観て、「良い家具」を
身近に見る事が出来たイギリス留学時代を懐かしく思い出しました。

黒ちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス