東伊豆/富戸でダイビング♪ | ミスズの水槽観察日記

ミスズの水槽観察日記

40年前にグッピー飼育からスタートしたアクア生活。
カクレクマノミのブリードをしていた時期もありました。
現在はKR93SPを使いSPSを中心にサンゴ飼育をしています。
主にサンゴ・ミドリイシblogですが
2017年10月にダイバーデビュー!
たまにダイビングネタも♪

関東も酷暑続きですが梅雨明け後、静岡県・富戸(ふと)へお世話になっているダイビングショップ主催の日帰りダイビングに妻と参加してきました。

今回はいつもとは違い東伊豆です。

 

一度、富戸から近い伊豆海洋公園というポイントでダイビングしたことがあります。最近は西伊豆が続いていました。水景も東伊豆とは少し違うとか(?)

とりあえず今回のポイントにはミドリイシなどは居ませんの悪しからず(笑)

 

現地に到着するとすでにダイバーだらけで施設は大混雑で着替えもままならないほどでしたが、準備していざ海へエントリ!ちなみに今回はゲスト4名+ガイド1名の5名です。

時期がらでしょう、魚影が濃い印象でした。伊豆の海には四季があるんですよ!

 

個人的趣向がサンゴとハゼなので、どうしても自然とそれらを探してしまうサガが(笑)

砂地が続くのですが、このエリアにはヒレナガネジリンボウがいるらしいのでカメラに収めたいところでしたが海中もすでにダイバーだらけ混雑していて、それらしく巣穴がありましたが全く見つけられませんでした。

代わりと言ってはアレですがササハゼ(笑) バックショットだったのが残念です。

しかもデカイ!太い!10㎝は余裕で超えていますね。これだけデカいのはむしろレアらしい。

 

下ばかり見ていましたが、ヤガラ?ペアみたいですね。

砂地を抜けると岩場の景色になり緩やかに深い所に向かいます。

なかなか居ませんでしたが、やっと探し見つけた恒例のイバラカンザシ(笑)

しかもベースはコモン系やハマサンゴではなくヒライボなのがレアかも。

 

おそらく昔はコモンやハマサンゴがベースだったのが何かしらの理由で死滅し、のちにヒライボが居付いたのかなと空想してみたり。

 

ふと見上げたら、何か小魚の群れに突入していました。

何かの幼魚でしょうが、判別できませんが大量でキラキラしていて見応えありました。

コレです。

 

しばらくの間、この中を移動し抜けた所でカイメンの仲間⁉

海草が優位な場所も多く伊豆らしい水景です。

そして水深25m付近まで来ました。ヒレナガネジリンボウに出会えそうな開けた砂地があります。

撮影できませんでしたが、なかなかのサイズのヒラメが居てお互いビックリしましたよ(汗)

ウツボはあちこち岩の隙間とかで突然目が合ったりするので遭遇するとけっこう焦ったりします。

ダテハゼはチラホラいるようですがネジリンボウは見つかりません。そこそこのスピードで泳いでくる魚が現れたりもして飽きないです。

これは釣り人に外道と呼ばれているタカノハダイ。海中で見るとキレイに感じたりします。

 

サンゴイソギンチャク⁉ タマイタダキかな?群生していました。

一か所で大盛り過ぎて笑ってしまいますがクマノミを見つけました。

なかなかお目当ての被写体に出会えないのでカメラの練習がてら撮影してみました。

ペアではなく単独でしたよ。水槽飼育では噛まれて血が出るほど歯が立派なんですよね。

イソギンチャクはキレイですね。動かずに粘って、ようやく全体のショットが撮れました。

なんか痩せてますね~ この時の水温は24度でした。

暫く見ていたらミツボシの幼魚も居たようです。大勢のダイバーが来たので隠れていたのかな⁉

幼魚斑が唯一の見どころ(笑) 成魚は好きじゃないかも。

 

ここから移動するとナミチョウのペアが居ました。

追いかけていないんですが移動ルートをエスコートしてくれるかのようで後方から撮影。

なかなか移動速度が速い(汗) やっと横向いた一瞬でシャッター押しました。

動くものを撮影するのは難しいですね~ ピントが甘い・・・

 

被覆系コモン&イバラカンザシを見つけました。

ベースが褐色なので一段と白が映えます。

これで蛍光色なら破片が欲しくなります(笑)

またまた小魚の群れに遭遇

妻がジェスチャーするので近寄ると、この1匹を捕まえたと(笑)

グローブを噛んでいるみたいですが、何でしょうね?

 

コクテンサザナミハギはチラホラ伊豆ではよく見かけます。

背びれがヤバいヤツ(笑)

やっぱり浅いところにはスズメが多いです。1~2㎝の子スズメもたくさんいました。

 

水面近くに枯葉かと思いきや、なんとイカがスズメをハントしていました!

捕食されたて?スズメはピクピク動いていましたよ。

よ~く見ると、ちゃんとしっかり摑んでいます!イカも生活掛かってますもんね。

ナイスなシーンが撮影できました!

 

そして富戸ホールにも立ち寄りましたが潮が引いている時間でしたので日差しが強烈でした。

 

戻る途中でクマノミが居たイソギンチャクエリアを再度通過する時に見つけたイソギンチャクモエビ!

通称・セクシーシュリンプでしたね。ちょっとピントがイソギンチャクに合ってしまい、甘いなぁ

というわけで、マクロの世界が楽しいと思うこの頃です。

今回も2ダイブ堪能してきました! さて次はどこに行こうかなぁ。