2006-09-21 22:00:00

「ボトルネック」 米澤穂信

テーマ:国内ミステリー
引越しの為に不動産屋さんに通いまくっている日々のBです!

これから猫を飼う予定なのですが、ペットはOKなのにネコだけはNGという物件の多い事多い事。
選択肢が少な過ぎて、なかなか気に入った所が見つからず、不動産屋ジプシー状態です。

引越し先が順調に決まったら米澤穂信さんのサイン会に行きたいなあ…と思っていたのですが、当日も見事に不動産屋巡りとなりました(p_q)


米澤 穂信
ボトルネック


--------------------------------

恋人を弔うため東尋坊に来ていた僕は、強い眩暈に襲われ、そのまま崖下へ落ちてしまった。―はずだった。ところが、気づけば見慣れた金沢の街中にいる。不可解な想いを胸に自宅へ戻ると、存在しないはずの「姉」に出迎えられた。どうやらここは、「僕の産まれなかった世界」らしい。
--------------------------------

「米澤穂信の最高傑作」というような書評を各所で見掛けたこの「ボトルネック」ですが、確かにこれは巧い!それはもう、えげつない位に。


一ミリの照れも無い青さ、ストレート過ぎる痛々しさ。
今迄の作品で滲み出ていた「黒さ」が全開で、もう真っ黒。
この主人公と読者の突き放しっぷりは米澤穂信さんの新境地ではないでしょうか。


「僕」の変わりに、産まれなかった「姉」のいる世界。
「僕」が存在しない事以外、僕の周りに居た人の存在は全て同じなのに、彼等の運命は大きく変わっている。


何故ここまで「僕」と「姉」の世界は違うのか?
その謎を、姉は「想像力」から一つ一つ推理し、解き明かしていく…


カテゴリ的にはパラレルワールドものの「SF青春ミステリ」ということになるのかもしれませんが、個人的印象はミステリ的要素が全て少年の心の闇に奉仕する、100%青春小説ではないかと思います


「青春小説」とは言っても、過ぎ去った二度と戻らない日々への憧憬や、甘酸っぱい思い出への感傷は一切ありません。


だから私は少しも感情移入するポイントが無かったのだけれど、むしろそれだけが救いというかなんというか。
これで感情移入なんてしちゃってたら、ダメージが大きすぎて立ち上がれません。

それにしても秀逸なのがラスト。

ここまでキレのある、綺麗なオチは短編小説やショートショートでもなかなか無いのではないのでしょうか。

笑っちゃう位の間の悪さ、この無力感。これこそ運命。

是非このラストの凄さを体験して頂きたい!と言いたいところですが、
読む人によっては致命傷になりかねない、ある意味「呪い」のような青春小説気軽に他人にはオススメ出来ません。


余談ですが、読了後、私の好きな言葉「ラインホールド・ ニーバーの祈り」が心に浮かびました。

───主よ、変えられないものを受け容れる心の静けさと 変えられるものを変える勇気と その両者を見分ける英知を我に与え給え───

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2006-09-14 07:05:55

「りら荘事件」 鮎川哲也

テーマ:国内ミステリー

結構前に読んでいたのですが、感想を書き掛けで放置していました。
タイトルも表紙も素敵!!
鮎川哲也「りら荘事件」です。


鮎川 哲也
りら荘事件

--------------------------------
残り少ない暑中休暇を過ごすべく、秩父の『りら荘』に集まった日本芸術大学の学生たち。一癖も二癖もある個性派揃いである上に各様の愛憎が渦巻き、どことなく波瀾含みの空気が流れていた。一夜明けて、りら荘を訪れた刑事がある男の死を告げる。屍体の傍らにはスペードのA。対岸の火事と思えたのも束の間、火の粉はりら荘の滞在客に飛んで燃えさかり、カードの数字が大きくなるにつれ犠牲者は増えていく。進退窮まった当局の要請に応じた星影龍三の幕引きや如何?贅を尽くしたトリックと絶妙な叙述に彩られた、純然たるフーダニットの興趣。本格ミステリの巨匠鮎川哲也渾身の逸品。
--------------------------------

なんと美しいネーミング、「りら荘」!

「りら」とはライラックのことで、私が以前住んでいた北海道ではライラックが咲いた後に冷える時期を「リラ冷え」と呼んでいて、こちらも好きな言葉の一つです。


そして、美しい名前の別荘に集う学生達の名前も素敵。
尼リリス紗絽女ブラック女史!(男性陣の名前は普通なのですがw)
そんな彼等の間に渦巻く様々な愛憎・・・


タイトルとそんな雰囲気からクローズドサークルの別荘モノをイメージしていたのですが、第一の事件は外で起きるし、初っ端から警察も出入りする、開放しまくりの「りら荘」。



こんなにオープンな建物内で、犯人は他にも事件を起こすのかしら??と心配になりながら読み進めると、どんどん犠牲者は増え、死体の傍らにはトランプが一枚残されている…


わかり易くちりばめられた沢山のヒント…なのにちっとも謎が解けない!


K/Tさんの書評 やメッセンジャーでお話を聞いて、かなり意気込んで推理に取り掛かったのですが完敗で御座いました!


サラリと登場してアッサリ謎を解く星影龍三の推理を読んで納得。
なんとも細かく巧みなトリックが積み重ねられた贅沢さ!
これぞ本格、館モノではなかったけれど重厚な論理の城


謎を解く鍵だとわかっていても意味がわからなかった言葉達が、パズルのピースのようにピッタリと収まる快感。

今迄「三番館シリーズ」の短編しか読んだ事の無い鮎川さんでしたが、初めて長編を読んで改めて凄さを実感した作品です。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-09-13 13:15:56

本日、森博嗣原作ドラマ「カクレカラクリ」

テーマ:ニュース

原作は読んでませんがタイトルが好きなのでビデオ予約しときましたw


コカ・コーラ120周年×森博嗣のコラボレーションで贈る、この夏最高のカラクリ謎解きエンターテイメント「カクレカラクリ」


全国TBS系列で本日夜9時~

(情報元:メフィスト、ファウスト、大好きぃ。 様)

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-09-13 05:29:14

「死んでも治らない」 若竹七海

テーマ:国内ミステリー

昨年末に初めて丁度復刊された「心の中の冷たい何か」を読み、数ヵ月後北村薫さんサイン会で図々しくもサインを頂いた「船上にて」で一気にハマり、葉村晶シリーズとの出逢いで「心酔」の域まで達してしまった若竹七海さん。


その後色々な作品を読ませて頂いて、私の人生の宝となってきたわけですが、「船上にて」を読んだ時のファーストインパクト、葉村晶シリーズのセカンドインパクトがあまりに強烈で、その後それを超えるものはなかったわけです。


が。

来ましたサードインパクト。

猛スピードで走る安楽椅子探偵、大道寺圭!!





若竹 七海
死んでも治らない

-------------------------------

元警察官・大道寺圭は、一冊の本を書いた。警官時代に出会ったおバカな犯罪者たちのエピソードを綴ったもので、題して『死んでも治らない』。それが呼び水になり、さらなるまぬけな犯罪者たちからつきまとわれて……。大道寺は数々の珍事件・怪事件に巻き込まれてゆく。 ブラックな笑いとほろ苦い後味。深い余韻を残す、コージー・ハードボイルドの逸品!

-------------------------------


警察官を辞め、警官時代に出会った間抜けな犯罪者達のエピソードを描いた本「死んでも治らない」を出した大道寺圭。


ちっとも売れないその本をキッカケに、犯罪者に拉致され彼等が出会った不可解な事件の謎解きを強制される、連れ去られまくりの走る安楽椅子探偵!


系統的には葉村晶的な巻き込まれ型ハードボイルドなのですが、葉村晶とは少し違う。


大道寺圭は悩まないし迷わない。完成された何かを持っているのです。


「何か」ってなんだろう…?どうして大道寺圭は迷わず決断するんだろう?キレは良いのにどこかスッキリしない、奇妙に後味の悪い短編達。

その現在の事件を描く短編の間間に挟まれる「大道寺圭最後の事件」。

焦らされながら読み進めていくうちに、大道寺圭の「何か」が少しづつ見えてくる…


短編一つ一つの「犯罪者の日常の謎」のブラックな面白さも抜群だけれど、一つの長編としての「大道寺圭とは?」という謎の深さに魅入られました。

「大道寺圭最後の事件」は単行本化の際書き加えられたとのことですが、若竹さんは短編連載時からこの形式を考えていたのでしょうか?後付とは思えない完成度の高い物語形式です。


間抜けとしかいいようがない愛すべき犯罪者達の、決して日常では起こらない「日常の謎」。


ガハハ!と笑って読んでいると、しっかりダークサイドに突き落とされる、内容も形式も若竹さんの魅力が全開の一冊でした!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-09-09 07:16:35

「出られない五人」 蒼井上鷹

テーマ:国内ミステリー

現在引越し準備中な為、新刊購入を避けて積み本消化&片付けながらのついつい再読作業に励んで(?)おりましたが、こちらの作品といい米澤穂信さんの新作といい、どうにも我慢出来ない新刊ラッシュ!


ハチクロの最終巻も買っちゃったし、何故か今のタイミングで一条ゆかりをコンプしようとしてるし、荷物は増える一方…
自分でも何をやっているのかよくわかりません…助けてー!!



蒼井 上鷹
出られない五人―酩酊作家R・Hを巡るミステリー


-------------------------------

東京郊外のビル地下にあるバー〈ざばずば〉に集う男女5人。脳溢血で急逝した愛すべき酔いどれ作家・アール柱野を偲び、彼の馴染(なじ)みの店で一晩語り明かそうという趣旨の会合だった。だが、突如身元不明の死体が目の前に転がり出たところから、5人に疑心暗鬼が生じる。殺人犯がこの中にいる!? 翌朝まで鍵をかけられ外に出られぬ密室の中、緊張感は高まっていく。しかし5人には、それぞれ、出るに出られぬ「理由」があったのだ……。ミステリ界期待の大型新人が放つ傑作長編!

-------------------------------

巻頭に見取り図、舞台は密室、とのことで密室殺人モノ!?と思いきや、ドツボにはまった男女五人の奇妙な物語


九杯目には早すぎる 」では、ちょっと情けない可愛い悪人達を描いていた蒼井上鷹さんですが、今回は人生に行き詰った人達です。


取り壊しを控えた、死んだ作家・アール柱野が通っていたバーで彼の追悼オフをすることになった男女達。


朝まで外からシャッターを下ろされた密室で、互いに秘密を抱えた5人は一見和やかに飲み会をスタートしたのだが、ひょんな事から死体を発見してしまい、徐々に本性を現し始めるのだった…


前作同様、なんと言っても人間の細やかな描写が抜群


死体が出てきても推理があるわけでもなく、コメディタッチのドタバタ劇で緊迫感も無いのですが、5人のドツボっぷりが見ていてハラハラしてしまい「ああ……ホントにこの人達どうなっちゃうのかしら……」という親心(?)から一気に読み終えていました。


どうしょうもない思惑を持った5人なのだけれど、彼等の抱える問題が、一歩間違えれば自分にも降りかかってきそうなものばかり。


親近感を覚えつつも、「あぁぁ!だからってどうしてそうなっちゃうの!」というちょっとズレた解決法を選んでしまう彼等から目が離せませんw


また、一部中島らもを参考にしたという酔いどれ作家・アール柱野がなんとも魅力的で、5人それぞれの視点で語られる彼の姿や、所々挿入された彼のエッセイから、本当にそんな作家がいたかのような感覚に捉われました。

(うーん本当にアール柱野の本が読んでみたいぞ!)


難を言えば、ラストがアッサリし過ぎていて謎が残ってしまいちょっと物足りなさを感じたのと、長編であった為か前作程のキレが感じられず、少々残念ではありました。


しかしこの観察眼の鋭さ、バーの名前の由来や、大人のガシャポンといった小ネタも良かったし、やっぱり今後目が離せない作家さんである事は確かです!

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。