■ Legendary Mastering Engineer

テーマ:

New Yorkにある世界で最も有名なマスタリング・スタジオ、Sterling Sound。音楽業界にいる人やスタジオ業務、アーティスト関係の方ならほとんどの人が知っているだろうし、耳の良い音楽好きの方でも知ってるその名前。確認すれば、ここ日本を含む世界のレコードやCDのクレジットとかでその名前を多く目にするであろう。そこで多くの作品を手がけてきたエンジニアの巨匠、Tom Coyen氏が亡くなってしまったらしい。凄腕のレジェンドがまた1人旅立ってしまった。最近では、ネットの普及により"e-Mastering"なども行っていて、それを伝えに何度か来日してましたね。心よりお悔やみ申し上げます。

 

現在の場所に引っ越す前の数十年前のSterling Soundでの風景。

 

 

 ODBの名盤、コレも氏のワークス。

 

 

 

BustaにBig Pun、Pharoahe Monch等の記念ディスクが所狭しと並ぶ。

 

Tom Coyne氏の作業スペースにて。十数年前に何度か行く機会があり今思えば贅沢な時間でした。いろいろ勉強になったし、今に繋がってると思う。

 

そして現在の場所に引越後のSterling Soundにて。

 

 

好きなアーティストのプラチナやゴールド・ディスクに囲まれてブチ上がりました。アメリカ在住じゃないと"e-Mastering"の登場と共にスタジオの空気感に触れる機会も少なくなってきただろうな。あと偶然にも坂本龍一さんが別スタジオにいて一緒に写真を撮る機会も頂いた。当時の写真を色々探してみたけど、コレ以上見当たらなかった。

 

NYの思い出を馳せつつ、巨匠の素晴らしい音楽愛と功績を讃え偲びます。そして携わった名盤の数々のレコードやCD、楽曲達は無くなりませんからね。合掌。

AD