ギーが後半で、グラムロックでもパンクでもない、俺は俺だ!」ってな事言うんですが、それに尽きる!いい映画でした。ところどころお茶目なところもあり、ジム・ジャームッシュ監督の愛を感じました。映画館で見て良かった!フジロックフェスで豪雨の中、荒れ馬のように踊り狂うイギー・ポップを見た時のことを思い出しました。