どうせ一年後にテレビオンエアあるんでしょ?それまで待つわ~、とか思っていたんだけど、意外とネット上で映画ファンにウケがいいので見てみた。分かった。映画絡みのエピソードがふんだんに出てくるのだ。中でもTHUTAYAと呼ばれるタツヤ(濱田岳)が、いい人過ぎて泣ける。奥田瑛二が珍しく悪役ではなかったな~(笑)。原作も読んでみようかな。でも多分、映画の方が原作よりいい出来のような気がします!! そして、映画がこの世界からなくなったら、やだ~!!! 私すっごい困ります!!(笑)

世界から猫が消えたなら (小学館文庫)/川村 元気
¥670
Amazon.co.jp