アストラルドローイングセッション受けました | 美しければなんだっていいのだ

テーマ:
人間のエネルギー体の1つに、アストラル体と呼ばれるものがあります。

その人の持つ美徳や欲求が、輝く星や色彩となって表されているエネルギー体です。

yori☆さんという方が、そのアストラル体をリーディングして、観えたものを口頭で伝えたり絵に描いて表現する、というセッションをやっていて、昨日そのセッションを受けました。

私、数年前にusamimiさんという方からアストラルリーディング初級講座を受けていて、yori☆さんのこともusamimiさんのブログやTwitterを通じて知ったのですが、なんと!

今回セッションでお話ししてわかったのですが、usamimiさんのアストラルリーディング講座で、私とyori☆さんはお会いしていたことがわかりました。

私、正直あのときの参加者さんのことをあんまり覚えていなくて、ペアワークした方のことならある程度お顔も覚えているのですが(^_^;)

yori☆さんはそのとき会話したわけでもない私のことを覚えてくださっていたのでした。

アストラル体は7つのレイヤーに分かれていて、それぞれ表すものが異なっています。

1.生理的・動物的・低次の精神活動による欲望
2.心魂的刺激(無意識のうちに受け身的に影響を受けている波動)
3.(利己的な)願望
4.自己の内面的な輝き、心地よさを感じる波動
5.共感の愛(人間寄りか自然寄りか)
6.博愛による義務的献身
7.ディバインタイミング

といった感じ。


前置きが非常に長くなりましたが、セッションを受けて、私のアストラル体をリーディングして頂いてみての感想を書いてみます。

どうも、今回のセッションを通じて、自分に合っていない、無いものねだり的な憧れから卒業し、新たなスタートを切る…というのが一種のディバインタイミングだったようです。

私の本来持つ内面的な輝きというのは、柔らかでやさしくてふわふわした感じの、バリバリ働くとかサバサバした感じとは正反対のものみたいなんですが、私は無いものねだり的に、そういう自分からテキパキ動いて仕事できる人、事務処理や機械的な処理がスムーズにできる人に憧れを抱いていたんですね。

単なる憧れというのは、本来の自分の持つ美徳やエネルギーからかけ離れていることも多く、私の場合はまさしくそのパターンなわけです。

もっと自分の内面や、持って生まれた良さを知って、生かすこと。
セッション中、何回もそんなメッセージが来ました。

自分の憧れている姿にそのままなろうとするのではなく、自分の本来の美徳やエネルギーと反発しない形で、憧れているものの良さを部分的に取り入れてみては、とのこと。

私は、スピリチュアルな知識を踏まえて他者のエネルギーを読み解いて、苦手科目を克服したり、学校の勉強に役立つような手助けができるエネルギーワークをなにかしら提供したいな、と考えているのですが、そういった欲求もどうやらアストラル体に表れているようでした。

その他にも、シータヒーリングの話や、usamimiさんが開発されたマルチプルアバンダンスという講座についての話など、いろんなことをyori☆さんと楽しくお喋りしながら自分の内面を見つめていって、素敵な時間が過ごせました。

yori☆さん、本当にありがとうございました!


{06B041C6-6408-4E25-B9D2-E830E3350EDC}

{E856288B-E97C-4622-BC20-5A2A217F401C}

よしこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス