先日、体験セッションにいらしたクライアントさまのご相談は、婚活についてでした。

結婚したいと思っているし、いろいろな出会いの場にも足を運んでいらっしゃいます。

「こんなに努力しているのに、なぜ結婚したいひとに出会えないのでしょうか?」というご相談。

お話の間、違和感を感じていましたが、
その違和感の理由が、クライアントさまの
「腰が引けている」姿勢でした。
お話も全然楽しそうでない。

ひとは、関心のある話題について、
「前のめり」
になることが多いのです。
もちろん、全ての方に当てはまるわけではないのですが、
「引けている」
あるいは、
「引いている」状態では、

お相手に出会えるチャンスを
おそらく、ご自身から逃していまう、
お相手も「引いている」方に
お付き合いは、申し込みません。
それは、相手に伝わってしまうので。

このクライアントさまの場合は、
ます、ご自身のデザインで
才能、個性、魅力なとを
知っていただき、

その上で、今、本当にしたいことを
見つけていただきたいと
ご提案しました(本当にしたいことが
結婚ではないかもしれないですよね)。

ヒューマンデザインで、
ご自身の魅力を知り
ありのままの自分で
「充分、魅力的なのだ!」
と納得すると、
周りの方が放っておかないです!