image

このところ、嬉しいご報告を 

いただくことが続いています。

 

個人セッションの内容については

守秘義務があるので、

原則として、 ブログには書きませんが

 今回はご許可をいただきました。 

 

 

 

昨年、お世話になっている方から

個人セッションの

お問合わせを いただきました。

 

 「今回は、大学生の息子が

セッションを受けたいと申しております」

 

 はて? 大学生の男子が、

 

これまたなぜ?

 

 

セッションの当日、

高校時代、野球部で活躍して 

主将も務めたという息子さんが

お母さまと一緒にやって来ました。

 

本当なら青春まっさかりです。

 

しかし、こんなところ(!)に来る、

というのは、よほどのことでしょう。

 

 

一体、どんな悩みがあるのでしょうか。

 

 話を聞いてみると、

彼は推薦で今の大学に入学したのですが、

実は本来の希望の学部では 

なかったとのことでした。 

 

 

入学して授業を受けてみるものの、 

まったく興味が持てず・・・、

授業が全然、おもしろくない・・・ 。

 

彼が通っているのは、 

公立の大学で機械工学の学部であり、 

世間一般には評価の高いところです。 

 

でも、一般教養の間はまだ良いけれど 

さらに専門分野の授業となると 

さらに興味が持てくなり、 

学校が楽しくなくなることは明白だと。

 

 

「友達との仲はいいんです。

そこは問題ありません、

 

でも、僕には、本当に学びたいことが

他にあったことに 

気が付いてしまいました。 

 

2011年の震災をきっかけに

環境やエネルギーのことを考えました。

自分はそういう分野の仕事をしたいと 

思っていたんです。

 

水力発電のことを学びたいんです。」

 

 

あぁ、そこに気付いてしまったら 

辞めたくなるよね・・・汗 

 

 

人によっては、

希望と違う学部に入っても、 

新たに興味を持つことだって

あるかもしれません。

 

しかし、彼の場合は

そうではなかったのです。 

 

ただ、せっかく推薦で入った大学であり、 

お父さまやおじいさまに何と言われるかガーン 

 

同席されていたお母さんも 

どうしたものかと 

考えておられました。 

 

 

けれども、息子さんは

大きな人生の岐路に立っている。 

 

もしかして20年の人生の中で 

最大の分岐点かもしれません。

 

ここは私の主観で話をしてはいけない。 

 

まずは私自身が頭を真っ白にして、 

深呼吸をした後、

 

大学生の彼に、 

三十三観音カードを渡しました。

 

 「このカードをシャッフルして、 

もういい、と思ったら、

私に返してくださいね」

 

 そしてカードを受け取って、 

クロスの上に並べました。 

 

 

カードをシャッフルしていただくことで 

その方のエネルギーが入ります。 

 

その方の情報を 

開示させていただく許可をもらうのです。 

 

 

カードが示しているのは 

その方の本心、潜在意識、 

もしくは、魂からの声です。 

 

それをカードに託して、

開示されるのはご自身です。 

 

私はその情報を

できるだけ正確に読み取り、

お伝えする役割です。 

 

image

(写真は実際のセッションの

     カードではありません)

 

 

果たして、カードに現れていたのは 

彼が今の大学を辞めて、 

別の道に進む、ということでした。 

 

お母さまの前でそれをお伝えするのは 

ちょっと気が引けたのですが 

 

何度も観音カードのセッションに

来ていただいているので 

カードの示す意味を

よく理解していただけました。

 

 

私は覚悟を決めて、

彼に伝えました。 

 

 「今のまま通学して卒業して、 

どこかの会社に就職したとしても 

きっとどこかで後悔する時が

必ず来ると思います。 

 

30歳になってから後悔するか、

それとも、 今のうちに引き返すか。

 

引き返すにしても、

おそらく、前途は多難になります。

 

大学を辞めた後、 

新しく別の大学に入り直すのか 

他の大学に転入する道はないのか。

いろいろな道を模索することになります。 

 

それを実行に移すためには 

相当の勇気と覚悟がいりますよ。 」

 

私は息子さんに、 

何度もそこを確認しました。 

 

あくまでもカードが示した道は 

今の道を継続することではないのですが、 

 

しかし、それを本当に行動に移すのは 

息子さん自身だからです。 

 

ただ、今の学部が

イヤだからという理由で

回避するのではなく、

 

本当にやりたいことをやるために

転進するのだ、ということを

腑に落としてから

動いてほしいと思いました。

 

 

「でも、長い人生、1年や2年、

回り道をしたところで、

全然、問題にならないから。

 

ここで、今すぐに、 

結論を出さなくてもいいので 

ゆっくり考えてくださいね。」

 

はい、と彼はうなづきました。

 

 

しばらくたって、

お父さまやおじいさまにも

理解を得られ、 

息子さんが大学を辞めたと 

お母さまからお聞きしました。 

 

その後、時々、お母さまとは 

連絡がありましたが 

息子さんは大学を辞めた後

アルバイトをしていると聞きました。 

 

 

 

そして、この夏のことです。

 

ある地方都市の経営者の方から、

個人セッションのお問合せがありました。 

 

2011年に出張した時に

個人セッションを受けて下さった方が、

7年ぶりにご依頼を下さったのです。 

 

遠方にお住まいなのに、

わざわざ大阪のオフィスまで

お運びくださいました。

 

 

近況をお伺いすると、

この7年の間に、 

事業は順調に拡大し、 

新しい事業も手掛けられていました。

 

 「以前、いただいたセッションのシートは 

ずっと手元に置いて、 

すっかりボロボロに

なってしまいました。 

いつも読み返していたんです」

 

 「わぁぁぁ、本当ですか、 

お役に立っていたら嬉しいです!」 

 

 

そして、ご相談の終わりかけのころ、

その経営者の方の口から 

新しい事業についての話が出ました。

 

「実はね、水力発電を

手掛けているんですよ」

 

 

へええ、すごいですね、

水力発電ですか。

 

 

 

す、すいりょくはつでん!?

image

 

水力発電波  (秋田の田沢湖!)

 

 

 

 

 

水力発電!? (台湾の日月潭!)


水力発電波

 

image

 

水力発電 みずがめ座

image

 

突然、私の頭の中で 

鐘が鳴りましたっベル左ベル左ベル左

 

 

 

 「そ、そ、そういえば、 

その分野の仕事をしたいという 

若者がいたじゃないかっっ」 

 

し、し、しかも、 

 

その経営者の方と 彼は

なんと、同じ地域に 

お住まいだったのです花火

 

 

最後の最後に、

その経営者の方に

質問してみました。 

 

 

「ええと、実はですね、 

かくかくしかじか、 

 

社長の地元に、

こういう若者がいるのですが、 

御社は新卒の学生さんしか 

採用されないのでしょうか?」 

 

 

「いえ、そんなことはないですよ。

我が社はこれから新しい人材が必要です。 

うちの事業に興味があるなら、

ぜひ、履歴書を送ってください。」 

 

 

意外にあっさりクリア・・・びっくり あせる

 

 

それでは、面接をされるにあたり、

一つお願いがあります、と

私は切り出しました。

 

 

 「たとえ私からの紹介だからと言って 

えこひいきなし、フラットな目線で 

試験をしていただきたいのです。

 

私からのお話は、 

単なるきっかけにすぎません。 

 

双方ともに、本当に 

納得された上でないと 

後々、不幸なことになりますので。」

 

 

「よくわかりました、それでは

ご連絡をお待ちしています」

 

 

と言って、その経営者の方は

お帰りになりました。

 

 

 

ということで、 

久しぶりにお母さまと息子さんに 

連絡を取りました。 

 

お二人とも、それはそれは、

びっくりされていましたポーン

 

履歴書を送りました、という

連絡が来たのは

それから数日後のことでした。

 

 

しばらく私も忙しくしていたので

すっかり忘れていたのですが・・・。

 

 

 ふと、先日、思ったんです。

 

「あれ、そういえば、彼は、

 採用試験、どうなったのかしら?」

 

こちらから聞くのも

ヘンだしなぁ・・・、

もう少し待ってみよう。

 

 

すると、翌日の午後、

携帯にメッセージが届きました。 

 

あの、息子さんからでした。 

 

 

「昨日、面接を受けまして、 

おかげさまで内定をいただきました。」 

とあったのです。

 

 

 

 

 

えええええ~!!

おめでとう~!!

 

 

 

大学を辞めた、と聞いた時は、 

正直、どうなるかと思いましたが・・・ 

 

やはり、自分の気持ちに 

正直に生きるって、大事なことですね。 

 

 

面接試験では、

彼がなぜ大学を辞めたのか、

詳しく聞かれたのだそうです。

 

 

いわゆるコネによる

えこひいきなし、

という前提だったので

合格したのは彼の実力です。

 

 

大学を辞めるという

大きなリスクを背負っても

自分のやりたいことに進むことを

選んだのです。

 

 

今という時代は

ごまかしはきかないし、

嘘もつけないし、

もう、真っ向勝負で

生きるしかないんだな、と

 

改めて感じました。

 

 

ご縁というのは、

本当に不思議なものです。

 

 

いつだったか、

ある方に聞いたことがあります。

 

 

「神さまというのはね、

1度、やると決めたら

どんな手を使ってでも、

必ず、そのようになさるのですよ」

 

 

 

あの311の震災によって

悲惨な現実を、目の当たりにした時、

 

遠くの誰かを幸せにしたい

地球のために、役立ちたい

 

と願った若者の声を

 

観音さまは聞き届けられたのでは、

と私は思います。

 

 

一旦は、彼は道を選ぶのを

間違えたかもしれない。

 

しかし、

 

遠回りに見せかけた近道、

ということだってあります。

 

 

神業、神仕組みというのは、

本当に人智を超えたところで

起こります。

 

 

ぜひ、彼には、希望の道で

頑張ってほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒヨコ白砂糖禁止令発動中!

■今後の予定

 

◎10月13日(土)

「水の如く生きる 金沢」

こちら

 

◎金沢個人セッション

10月14日(日)

13時 17時

 

◎「グループカードリーディング大阪」

10月6日(土)

こちら

 

「光を観る旅 六甲山お護摩法要」

10月16日(火) 

こちら

 

10月19日(金)

「ミッション・ナビゲート講座 東京」

こちら

 

◎東京個人セッション

10月19日(金)10時 13時

    21日(日)9時 17時30分 

 

◎10月27日(土)

姉妹ユニット「ミチカホール」ライブ

乞うご期待!

こちら

 

◎10月28日(日)

「グループカードリーディング 東京」

こちら

 

NEW11月3日(祝)

26年ぶりに1001体の

ご本草が並んでいます!

「光を観る旅 三十三間堂」

こちら

 

 

◎「光を観る旅 高野山・ゆの里」
11月23日~24日(A班) こちら 女性1名、男性受付可能
   24日~25日(B班) こちら

  NEW25日~26日(C班) こちら

 

大阪の個人セッションは

  随時受付けしています。

  土日祝日のご予約受付中!

 10月6日(土)10時

 11月3日(土)午前・午後

    

セッションについての詳細は

こちら (HP)

こちら(ブログ)

 
 

ベル 【ミッション・ナビ】 ホームページ 

手紙メルマガ  配信中です!

◆「長谷川章子の気まぐれトーク♪」(新月と満月)