ミスプロの海外競馬

競馬のために世界中を駆け巡る、さすらいのギャンブラー


テーマ:

ネタ切れ。
 
一時期、私はドイツのミュンヘンに住んでいました。
まあ、ミュンヘンと言っても、市内・市街地だと、とんでもなく家賃が高いです。
住んでいたのは、かなり郊外の方でした。
そんなミュンヘンですが、やっぱりドイツでも最も家賃が高い街のようです。
ちょっと前のドイツのニュースから。
 
     *****
 家賃の伸び、独主要都市でミュンヘンが首位
過去6年間にドイツで家賃の伸び幅が最も大きかった都市は南部ミュンヘン──。
独不動産会社インモウェルト(Immowelt)の調査で、こうした結果が明らかになった。
調査はドイツの主要14都市で、床面積が80~120平方メートルの賃貸アパート5万4,000件を対象に実施。 2011年上半期と2017年上半期の年間家賃を比較した。 家賃の伸び幅が最大だったのは南部ミュンヘンで、6年間で1万2,960ユーロから1万8,600ユーロへと5,640ユーロ上昇した。 2位は首都ベルリンで4,680ユーロ伸びた。 これにシュツットガルト(3,240ユーロ)、ハンブルク(3,000ユーロ)、デュッセルドルフ(2,640ユーロ)が続いた。
 
 ミュンヘンは2017年の年間平均家賃でも首位。
2位はフランクフルトで、1万4,400ユーロ。 それにハンブルク(1万3,200ユーロ)、シュツットガルト(1万2,720ユーロ)、ベルリン(1万1,520ユーロ)が続いた。
ミュンヘンは長らく割高なイメージが定着している半面、ベルリンは近年、急速に家賃が上昇している地域だ。 別の調査では、ベルリンの家賃上昇率が2013~2015年の5.4%から、直近2年間は9.6%に高まったという結果が出ている。 家具付きの物件については、上昇率が10%を超えた。
 
こうした背景には、賃貸物件の供給不足により、大家が家賃を上げやすい環境となっていることがある。 これに対し、当局は家賃に上限を定めるなど対策を打ってはいるものの、インターネット上に掲載されている賃貸物件の80%で法律の上限を超える家賃が設定されているなど、野放しになっているのが現状だ。
     *****

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

mispro1さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。