TrackBack from 日替わり晩御飯 cookさん

以前紹介させていただいたお好み焼きですが
変則バージョン作ってみたら結構美味しかったので紹介☆

基本的な材料は前と同じなんですが
家にあると思ってたキャベツが思ったより少なくて
苦肉の策で冷凍していたご飯を解凍し、キャベツの7割くらいの
分量で混ぜ込んで焼いてみたところ、これが(゚д゚)ウマー!!


おこげとでもいいましょうか、なんともパリパリとした食感がで
お箸が進むのですよ♪

コツとしてはいつもより少し弱めの火でじっくりと焼くこと
これで表面がパリパリっとおいしく仕上がります

ご飯も入っているのでいつも以上にボリュームがあって
食べ応え、腹持ちバツグンでした(^o^)=3
AD
久々にメニューネタを
シチューと書きましたがホワイトシチューです^^
寒くなってくるとやっぱコレに限りますよね~♪
家族そろって大好きな一品です(゚д゚)ウマー

つわり期には食べにくいかな?とか思ってたのですが
これはナカナカ食べてくれました。(;゚∀゚)=3ムッハー!!!

      ----- レシピ ------

:材料:豚肉スライス(鳥肉でも)、ニンジン、玉ねぎ、じゃがいも、しいたけ
    コンソメの素、醤油、塩コショウ、シチューの素

   その他上記を基本に ほうれん草などありあわせで


:作り方:
  1)野菜は一口大位に切る
   (じゃがいもは皮付きのまま軽く水に通してビニール袋に入れて
    5~8分?チンすればホクホクでビタミン損失少ないです
    そのあと皮をむいて一口サイズに切ります)

  2)鍋に油をしき、肉を炒める(表面を強火で焼き色つける程度で)

  3)塩コショウし、野菜を炒める
   (じゃがいもはレンジ使用の場合炒め不要)

  4)ある程度いたまったら水を加え煮込む

  5)野菜に火が通ったところで弱火にしルーを入れ
    とろみがつくまで煮込む
    このへんで牛乳を加え好みの濃さに加減します
    (フタをして煮込むと水っぽくなるのでフタはしないで)


・・・以上書きましたがルーの箱に書いてますよね(笑)
AD
これはあんまり説明の必要はないですね^^
そのときに冷蔵庫にあまっている食材を何でも
入れてしまえば残り物の整理もなって良いですよ^^

もう細かい材料は覚えていませんが結構食べてくれました


「チャーハン」

:材料:
 ごはん、たまねぎ、人参、ピーマン、しいたけ、ネギ
 タマゴ、肉、他なんでも入れていいと思います
 醤油、塩コショウ、中華スープの素


:作り方:
 中華鍋や鉄のフライパンの場合、一度多めの油をとり
 火にかけながら全体に馴染ませた後、油を戻して
 必要な油を再度入れれば焦げ付きにくいです。
 ウチは中華鍋があるのでそれを前提で・・・

 1)材料は全て微塵切りにします

 2)上の方法で熱くした鍋にちょっと多めに油をしき
   タマゴを割りいれ、お玉で手早く混ぜます。
   (タマゴに油を吸わせつつかき混ぜる。コレ以降
    油は使わずこの卵が油代わりになります。)

 3)ある程度火が通ったら最初に肉を炒め
   次に野菜などを加えて塩コショウをし炒める

 4)ある程度火が通ったらごはんをいれ、
   ほぐしつつ、全体がよく混ざるように炒める
   卵が全体的に馴染むように炒めましょう^^

 5)ある程度いたまったら中華スープの素を混ぜ
   醤油を鍋はだから垂らし、香ばしくなるまで
   炒める。(中華スープの素は水かぬるま湯で
   スープ状にしておくと混ぜやすいです)



お肉はスーパーでよくある焼き豚を荒微塵にして
混ぜ込んでもうまいですよ^^

:追記:
いただいたコメントから大事なことを書き忘れてたのに
気づきましたので追記

中華鍋だと上記のでよいのですが、テフロンのフライパンで
作るときは油をなるべく少なくしてくださいね
べちゃっとしちゃうと妊婦さんにはきついですので・・・
AD
かやくご飯の材料で鶏肉と豚肉が入れ替わっただけですね^^
用意する手間が変わらないので是非一緒にどうぞ
たまねぎを入れても美味しいですがうちは嫁さんが
たまねぎ駄目になっちゃったので無しです


「豚汁」

-------- レシピ ------------
:材料:
 人参、うすあげ、ゴボウ、シメジ、えのき、豚薄切り肉、大根、こんにゃく
 酒、醤油、みりん、だしの素、みそ


:作り方:
 1)材料の下準備はかやくご飯と同じです 

 2)鍋に油をしき、豚肉を炒めます

 3)残りの具材を入れ、炒めます

 4)水を入れ、沸騰したらだしの素、酒、醤油、みりんを入れ
   味を整えます。(味噌を入れるので薄めでOKです)

 5)最後に味噌を溶き入れできあがりです


僕は豚汁が大好きで僕が作るときはいつも
鍋に馬鹿みたいに作ります(笑
やっぱりお通じ対策にはゴボウがよいかなってのと
野菜を手軽に採れてってので選んだ品ですが
ゴボウってなかなか他に使い方が浮かばないですよね

材料使いまわしで豚汁やキンピラも一緒に作れば
よろしいかと思います^^ (また紹介します)
今回は大根使っちゃいましたが、大根のにおいがダメな
妊婦さん多いみたいなので避けたほうがよいかもです。
うちの嫁さんも炊いてる最中きつかったみたいです^^;



「かやく御飯」

-------- レシピ ------------
:材料:
 人参、うすあげ、ゴボウ、シメジ、えのき、鶏肉、大根、こんにゃく
 酒、醤油、みりん、だしの素、めんつゆ


:作り方:
 1)ゴボウは皮を削り、ささがきにし、スグに水にさらしておきます
   (縦に包丁を入れて皮むき器でやると楽です)
   この時点で米をとぎ、水にさらしておきます

 2)人参、大根はいちょう切りまたは千六本に切ります
   キノコ類はほぐし、大きければ切ります
   うすあげは湯通しした後、短冊に切ります
   こんにゃくは小さ目の短冊かみじんに切ります
   鶏肉はあられ切りにします

 3)鍋に湯を沸かし、だしの素、酒、醤油、みりんで煮汁を作ります
   (分量は米に対しての水加減分くらい。後で
     ご飯と一緒に炊くので濃い目に味付けしてください)
   めんつゆを仕上げに入れると美味しさが増します

 4)鍋にゴボウ、2)を入れ、7~8割火がとおるまで炊いたら
   火からおろし、冷まします

 5)米の水を切り、分量のだしを入れたら具を乗せて
   通常どおり炊きます。



おこげが出来る場合がありますがこれがまた
美味しいんですよね~
つか、普通のご飯でもおこげ出来る機能欲しい・・・

実は大量に炊いちゃって余りまくったのですが
おにぎりにして冷凍しておきました。
後日嫁さんがこれで雑炊(おじや?)をしたそうで
なかなか美味しかったとのことです^^
あんまり、ご飯ネタが続くのもなんですが・・・

予告通り残り物のカレーでカレーうどんです。


:材料:カレーの残り、酒、醤油、みりん、だしの素、めんつゆ
 (好みで)ネギ、油あげ


:作り方:
 1)鍋に湯を沸かし、だしの素、酒、醤油、みりんで薄めのつゆを作り
   仕上げにめんつゆを少々入れる
 2)ネギ、油揚げは刻み1)のツユで簡単に煮る
 3)茹でたうどんにカレーをかけ、つゆをかければ出来上がり



カレーライスとともに嫁さんめっちゃ食べてました^^;
もうちょっと後に書こうかと思ったのですが
ボケットモンスターの館へようこそさんでカレーネタを
書かれてたのでトラバ兼ねて書きます・・・

うちは僕と嫁さんで作り方違いますが、あくまで
嫁さんがつわりの時に作ったメニューということで
必然的に僕バージョンです。
てか、カレーなんか説明要りませんけどね^^;

僕のはヒマがかかるのでオススメできません(笑)


   「カレー」

・・・っていったら妊婦さんにはきついだろうと思ってたのですが
嫁さんの希望にて作ったところつわり絶頂期にも関わらず
食べる食べる・・・( ゚д゚) ポカーンてくらい。
つくづく妊婦の嗜好はその時々だと思い知らされました^^;



       ----- レシピ ------

:材料:カレー用肉、ニンジン、玉ねぎ(多めに)、じゃがいも
     コンソメの素、醤油、ソース、チョコ、インスタントコーヒー
     野菜ジュース(生協のミックスキャロットお勧め)、塩コショウ
     発泡酒、カレールー、カレー粉


   その他上記を基本に ナス、ベーコン、キノコ類などありあわせで


:作り方:
  1)玉ねぎはみじん切り そのほかの野菜は一口大位に切る

  2)鍋1:油をちょっと多めに敷き、玉ねぎをこがなさいように
       中火~強火であめ色に近くなるまで炒める
       (30分位かかると思います)
    鍋2:一口大に切った肉に塩コショウし、強火で表面全体に
       こげ色を付ける。途中でカレー粉をかけ、炒まったら
       皿などに移しておく。

  3)鍋1:あめ色くらいになるまでとにかく炒める
    鍋2:ニンジン、ジャガイモに塩コショウをし炒める。
    発泡酒のふたを開けておく

  4)鍋1:あめ色くらいになるまでとにかく炒める
    鍋2:ある程度火が通ったら2)の肉を戻し、水を入れ煮込む
    発泡酒を飲む

  5)鍋2に鍋1を入れ(オチカレサマ)簡単にアクを取り、コンソメ、
    ミックスキャロットを加え、煮込む
    発泡酒を飲み、醤油少々を加える。
   ○この時点でスープが結構おいしいはずです
   (玉ねぎとミックスキャロットで甘みが結構付きます)

  6)野菜に火が通ったら火を弱め、ルゥを割りいれる。
    発泡酒を飲む
   ○僕はいつも2種類のルーを混ぜて使います

  7)ソース、チョコ、インスタントコーヒーを少量ずつ加えて弱火で煮込む
   ○この時点でほろ酔いかもしれませんが頑張りましょう
    ちなみに蓋はしない方がいいです。べしゃべしゃになるので。

  8)ある程度煮こめたら一度火を止め鍋を冷まします。
    時間が惜しい人は鍋ごと水で冷やしてもいいです。
   ○煮物の味は冷めるときに染み込みやすいのでやってます
    (変な儀式ではないので怪しまずに)

  9)再度鍋を火にかけ、火が通ったらいただきましょう^^
   ○このときにクミンやバジルを入れても風味よいです


あとは食べるときにトッピングでチーズ乗せたり刻みネギ乗せたり
お好みで好きな食べ方してください

次回は残ったカレーで「カレーうどん」予定です
cookさんにコメント頂いたので久しぶりにご飯ネタ・・・(単純なヤツ)
つわり期に作ったものとしては多分あと10数個でネタ切れ予定です。
(今は嫁さんも作れるし、慌しくて覚えてなかったり)

新米パパさんの参考になればと始めましたが
はたして役に立つ日が来るのかどうか(笑
今回はちょっと手順を細かく書いてみます

今回は「肉巻き」

うちは豚肉好きなので主に豚を使いますが
お好みで牛でもいいかもしれません。

ただ最近のお肉って豚のほうが臭み少ない気が
するので、妊婦さん向けの場合は豚の方がいいかもです。



------- レシピ ---------
:材料:
 豚スライス(肩でもモモでもお好みで)
 ニンジン、さやいんげん
 塩、コショウ、酒(料理酒)、醤油、みりん


:作り方:
 1)ニンジンは皮をむき、細めの拍子切りにして茹でます

 2)さやいんげんのスジをとり、塩を少々入れたお湯で茹でます
  (ニンジンの残り湯で茹でるか面倒なら一緒に茹でます。但し
   いんげんは火を通し過ぎないように注意です)

 3)茹であがったいんげんは冷水か氷水で冷まし半分位に切ります。

 4)肉にインゲンとニンジンを乗せ、斜めに巻いていきます。

 5)フライパンを熱し、油をひき巻き終わりを下にして
   塩コショウをし、焼いていきます。

 6)順次ひっくり返して全体的に焦げ目を付けます。

 7)酒、みりん、醤油をいれ絡めながら煮詰めていきます

 8)半分~1/3くらいの長さで斜めに切ってできあがり♪




野菜の切り方はこちら参照です
テーマが料理なのか育児なのか分からなく
なってきますが気にせず行きます(笑)

で、今回はどれを書こうか迷ったのですが


「餃子」

僕は酒飲みなので餃子とビールは黄金の組み合わせ♪
家族そろって好物なんですが肝心の嫁さんの反応は・・
良いほうでした。
作れば作るほどOK基準がわからなくなりますが(・ε・)キニシナイ!!

で、万が一これを参考にされてる方がいらっしゃるようなら
いつも分量を書いてなくて申し訳ないです(いないとは思いますが)
でもいつも目分量だし味見しながら調整するので
正直、よくわかんないです(笑)慣れとか・・・
試しに思い出しながら書いてみますがあてにはしないで~


大量に作って残りを冷凍したりするのでちょっと多いですが・・・

------ レシピ -------
分量:餃子の皮(大)2袋分(48枚

材料:白菜 [1/4玉前後]、ニラ [1わ]、椎茸 [3~4]、生姜、餃子の皮 [大判2袋]
   豚挽き肉 [300~400g]、(好みで長ネギ)、塩、胡椒
   醤油、ごま油、中華スープの素


作り方:
 1)白菜は千切りかみじん切りにし、ボウルに移し塩を振る

 2)ニラ、椎茸は細かく刻みます

 3)1の白菜をしっかり搾ってください(旦那さんの出番です)
   僕は親の敵のように絞ってます

 4)ひき肉を粘りが出るまでこね、2、3、と混ぜ合わせ
   さらに練ります。

 5)4に生姜汁と醤油少々、ごま油少々、胡椒少々を加えこねます

 6)適量の5をスプーンでとり、餃子の皮の外周部分を水で濡らし
   ひだをつけながら半分に張り合わせるように包んでいきます

 7)フライパンを中火から強火くらいで熱し、油を敷いたら餃子を
   並べていきます。
   焼き方1:すぐに餃子の下1/3がつかる位の水を入れ
        スープの素を少々入れ、フタをして焼きます。
   焼き方2:少々焼いた後餃子の下1/3がつかる位の水を入れ
        スープの素を少々入れ、フタをして焼きます。

 8)水分が少なくなってきたらフタを取りごま油を回しかけます
   焼き音がジュウジュウからチリチリに変わったくらいで
   程よい焼き加減だと思います

 9)ポン酢とかでいただきます


あまった餃子は包んだ後、ラップで包んで冷凍しておけば便利。
凍ったままのを上の焼き方で焼けます。


追加の具として、水煮タケノコをみじん切りにしていれても(゚д゚)ウマーイ
但し、水分はよくきらないと大変です(笑)
妊婦さん用じゃなければニンニクとかオイスターソース入れてもいいですね。



最近は嫁さんもつわり期を脱してご飯を作れるように
なってきました。やっぱ嫁さんの飯の方がいいや。

:追記:
10/11 内容修正(材料にある、醤油・スープの素を使ってなかった)
メインではないのですが、便秘予防に効果的
繊維質たっぷりでございます。


「れんこんのきんぴら」


これは特に食べにくいとかも無く普通に食べてくれました。
便秘がちな妊婦さん向けにサイドメニューとして・・・


----- レシピ -------

材料:れんこん、ごま油、たかの爪、砂糖、しょうゆ、みりん
作り方:
 1)れんこんは薄くスライスし、水にさらしておきます。
 2)フライパンにごま油を敷き、鷹の爪を入れたら
   ゆっくりと加熱し、ごま油に辛味をだします。
 3)れんこんを入れ、炒めます。
 4)半分くらい火が通ったら砂糖、みりん、しょうゆを加え
   絡めながら煮詰めていきます


簡単ですねェ。仕上げに白ゴマを振るとなお良いです。
材料の都合で今回はこんなでしたが、人参を入れてもおいしいです。
もちろん、れんこんじゃなくゴボウでも良しですよ♪