福島第1原発事故を予見していた共産党の議員が出した質問主義書がアクセスしづらい場所に移動している | まっちゃんのブログ

まっちゃんのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
2014年4月11日の文化放送の「大竹まこと ゴールデンラジオ」

というラジオ番組で、慶応大学 経済学部教授の金子勝氏が

「2006年に共産党の吉井英勝衆議院議員が安倍首相に

「原発がもし全電源喪失になったらどうするんだ。」

という質問をしたら、「全電源喪失は起こりえない」

と彼がはっきり答弁している。

その衆議院の記事録のリンクをクリックしたら

削除されている。さずかに公開していないのは

まずいので、アクセスしづらい場所に移動して

公開した形にしている
」と発言しました。

確かにリンクをクリックしても削除されています。

吉井英勝氏のWikipediaを引用

2006年12月13日、「巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問主意書」を提出し、原発の安全対策について当時の安倍内閣に見解をただした

ソース
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E4%BA%95%E8%8B%B1%E5%8B%9D

巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問主義書
http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a165256.htm

↓が移動したURLです。
http://www.shugiin.go.jp/Internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a165256.htm

質問主義書の要約版
1-5
Q(吉井英勝):海外では二重のバックアップ電源を喪失した事故もあるが日本は大丈夫なのか
A(安倍晋三):海外とは原発の構造が違う。日本の原発で同様の事態が発生するとは考えられない
1-6
Q(吉井英勝):冷却系が完全に沈黙した場合の復旧シナリオは考えてあるのか
A(安倍晋三):そうならないよう万全の態勢を整えているので復旧シナリオは考えていない
1-7
Q(吉井英勝):冷却に失敗し各燃料棒が焼損した場合の復旧シナリオは考えてあるのか
A(安倍晋三):そうならないよう万全の態勢を整えているので復旧シナリオは考えていない
2-1
Q(吉井英勝):原子炉が破壊し放射性物質が拡散した場合の被害予測や復旧シナリオは考えてあるのか
A(安倍晋三):そうならないよう万全の態勢を整えているので復旧シナリオは考えていない



6分32秒ごろから
太田英明アナウンサー「あの~原子力規制庁がその安全だと判断したものに関しては再稼働させるとゆうことのようなんですけれども誰も、あの~責任がある立場の人がもう原子力発電所は安全です。事故が起きません。だから再開するんですとは一言もいわない。」

慶応大学経済学部教授 金子氏「言わないんです。規制委員庁の田中俊一も要するにこれは絶対安全っていうことではありませんと。基準を満たしたってことだけです。こういう言い方でみんな責任をなすりつけて本当のことは誰も責任は取らない。その意味で言えば僕は安倍さんの罪は大きいと思う。ちょっと今日危ない事言おうと思ったけど」

室井佑月氏「ねぇどうしてなの。もうちょっと例えばねぇ 小さい人数で工場から廃液とかが出たって言ったら、すごく賠償金取られて会社潰れるかもしれないわけじゃない。なのに大きくなっちゃうと全然責任がなくなるって変じゃない。」

慶応大学経済学部教授 金子氏「だから東京電力は、もう実質潰れているわけじゃないですか。公的資金も入っているし、交付金が9兆円まで枠が広がっているわけじゃないですか。もう無理ですよね。何年、何十年、100年とかいう単位でないと返せない。

だけどこの責任者がみんな潰しちゃえば、責任者がはっきりしちゃうじゃないですか、官庁も、東京電力の経営者も、この人達が逃げ切って誰も関係なくなってから、じゃあこの公的資金をみんな東京電力にあげましょうとか、そんな話になっていっちゃうんですよ。

銀行の不良債権処理も同じじゃないですか、それまでみんな待っている。だから本当に無責任な国だと思う。」

太田英明アナウンサー「あの~今、あの~金子さんの中から安倍政権のお話でましたけど前回1次政権(2006年)の時は、その原発で事故は起こらないと安倍さんはおっしゃっていたけれどもでも今回は原子力規制長に判断を委ねて、それに乗っかってという形でちょっとずれてますよね。」

慶応大学経済学部教授 金子氏「僕は9月20日前後に、あの過去の安倍さんの答弁書を、俺いじわるだから、衆議院の議事録を一生懸命こう探して安倍さんが原発の答弁見たら、共産党の議員だと思うんだけど吉井さんという人が質問して、「全電源喪失になったらどうするんだ。」こう質問をしてるわけ「全電源喪失は起こりえない」 彼はっきり答弁してます。

だから安全神話そのものを作ってきた張本人、一国の首相がそういう表明をした張本人が、今エネルギー基本計画をたててるわけですよ。承認してるわけです。

大竹まこと氏「たぶんその共産党の発言というのは、311前の発言ですよね。」

慶応大学経済学部教授 金子氏「2006年の12月です。前の政権ですから」

大竹まこと氏「その時に共産党の人がいろんなことを追求したって聞いているんだけど」

慶応大学経済学部教授 金子氏「この人は吉井さんという人は京都大学の原子力学科出てるから原発の質問ばっかりやってたんですよ。それに対して答えて9月20日にやって、そのまま2度ぐらい「安倍さんはこういうことをいってるぞ」とツイッターで出したんですよ。

それがすごい勢いで広がって、リンクが広がっちゃったんですよ。この前さっき出た1ミリシーベルト自分で自己管理で1年で賠償打ち切りみたいな話あるじゃないですか、安倍さんはそんな事を言える資格があるのか自分が過去にやった奴のリンクをもう一回クリックしたら、場所が移動してありませんってわけです。

要するに衆議院の議事録がさぁ、消えちゃったわけよ。


室井佑月氏「卑怯じゃん」

大竹まこと氏「なにそれ」

慶応大学経済学部教授 金子氏それで僕も一生懸命探して、そしたらねぇ初歩的なリンク切断手法っていうのがあって、インターネットというフォルダを作って、そこに移しちゃうんですよ。それで元のリンクの所でクリックして出てくると、場所を移動しました。って書いてあって、ここに移動しましたって書いてないわけ。

そうすると誰も見れないわけ。みんなが安倍さんがそういう発言だって言って、過去をばら撒いたリンクをクリックしてもありませんってなっちゃうから、そういう発言なかったのかなぁみたいになっちゃうじゃないですか、そうじゃないんですよ。隠しちゃったんですよ。


大竹まこと氏「言っている事が半分しか俺はわかっていないんだけど、簡単に言うと議事録がありました。ネットで見れました。それが今は移動しましたってことになっているの?」

慶応大学経済学部教授 金子氏「移動しましたって形で見ても安倍さんの発言が出てこない。」

大竹まこと氏「出てこない。」

慶応大学経済学部教授 金子氏「ところが公開していないのはまずいんじゃないですか、別の場所にアクセスしにくい所に移して、それで公開した形にしているんですよ。」

私のtwitterのURLです。フォロワーになっていただけるとプログ更新を早く知ることができます。
https://twitter.com/#!/Matufuji1216

ペタしてね

まっちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス