福島第1原発20km圏内の海水と海底土からプルトニウム239、240が検出 | まっちゃんのブログ

まっちゃんのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
文部科学省が5月22日と24日に福島県内の海底土に含まれる放射性濃度

と福島第一原発周辺の海水の放射能濃度を発表しました。

その資料によると、海底土は去年の11月に海底土を採取して

ストロンチウム90は最大で17 Bq/kg。プルトニウム239+240が

最大で0.083 Bq/kgが検出されています。

海水は今年の4月に採取して、ストロンチウム90とプルトニウム239+240

が検出されました。最大でストロンチウム90は0.035 Bq/L

プルトニウム239 + 240 は0.000014 Bq/L検出されました。


ソース
東京電力株式会社福島第一原子力発電所周辺の海水の放射能濃度分布
(H-3, 全α, 全β, Sr, Pu)
http://radioactivity.nsr.go.jp/ja/contents/8000/7607/24/349_ss_0524.pdf

東京電力株式会社福島第一原子力発電所周辺の海底土の放射能濃度分布
(乾土重量換算)
http://radioactivity.nsr.go.jp/ja/contents/8000/7587/24/280_s_0522.pdf

私のtwitterのURLです。フォロワーになっていただけるとプログ更新を早く知ることができます。
https://twitter.com/#!/Matufuji1216

ペタしてね

まっちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ