福島県で行われている内部被爆調査で7割超の市町村が4歳未満は対象外とされていた | まっちゃんのブログ

まっちゃんのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
内部被ばく検査「4歳未満対象外」40市町

東京電力福島第一原発事故に伴うホールボディーカウンター(WBC)による

内部被ばく検査で、検査を実施(予定を含む)している県内の市町村のうち

7割超の40市町村が4歳未満の幼児を対象外としていることが24日

福島民報社の調べで分かった。


検査機器はおおむね身長80センチ以上が対象で、4歳くらいにならない

と規格に合わないためだ。

県は幼児用機器の広域活用や検査時に子どもが使う台座の開発を急ぎ

4歳未満の受診態勢を拡充する。

4歳未満を対象に含めているのは15市町村で、対象範囲は「全住民」が

12市町村、「3歳以上」が1町、「ゼロ歳から18歳」が2市町となっている。

全住民を検査対象としている市町村の中にも、4歳未満の子どもは

おおむね身長約80センチ以上とする検査機器の規格に合わないとして

申し込みを受け付けていないケースが目立ち、4歳未満の検査を

実施していない市町村は実際には、さらに多いとみられる。

ソース
http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=201305253

私のtwitterのURLです。フォロワーになっていただけるとプログ更新を早く知ることができます。
https://twitter.com/#!/Matufuji1216

ペタしてね

まっちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ