当店では、長めのコースの施術中にお部屋で焚くアロマをお客様に選んでいただくサービスがあります。
定番のアロマ、季節限定のものなど15種類くらいから選択して頂くのですが、皆さんどれにしようか迷いながらもワクワクされています。

お部屋で焚くアロマの場合、アロマの選択でおススメなのは、その香りをかいだ時に自然と呼吸が深くなるもの、感覚的に「今」、好き!!と感じるものです。
好きな香りってその時の体調やメンタル、エネルギーの状態で変わります。
「無性に○○が食べたい」というものが今、体に足りない栄養素だったり、なぜか最近魅かれる色が自分のエネルギーを補うものだったりするように、アロマも直感で選んだものが、不思議と「今」の自分のメンタルや体調、エネルギーを表していたりします。

アロマはその植物の生命エネルギーを凝縮した「エネルギー(気)の塊」で各々のアロマ独自の波動やエネルギーがあります。
アロマの空間に身を置くということは、脳の視床下部への刺激で幸せホルモンと呼ばれるオキシトシンが分泌される効果もありますが、生きたエネルギーを受ける目に見えない効果もあります。

アロマの中でも特に波長の高さで有名なのはローズやフランキンセンスですね・・。
ローズは周波数が320HZといわれており、一滴のエネルギーがとても強い。
フランキンセンスはがん患者の方への癒しによく使われますね。
ローズは贅沢だけど、その恩恵は本当にすばらしくお守り代わりに持つのもおススメです。

部屋で焚くアロマの選択でもう一つおススメは、自分が欲しいメンタルやエネルギーを持つアロマを効能を知った上で選ぶことです。

落ち込んで元気がない時、明るい自分にマインドを変えていきたいなら柑橘系。オレンジや黄色のカラーそのものが明るいイメージですし、柑橘はまるで太陽を連想させ明るいエネルギーを持ちます。
トゲトゲしている自分を優しい自分に変えたいときはお花系アロマがおすすめです。花のその形は生殖器そのものであるという特徴から、お花系アロマは女性性を高め優しい気持ちにさせてくれます。
葉っぱ系アロマは、その形は刀や槍をイメージさせるように切れ味良くシャープなイメージを連想させるので、すっきりとしたマインドになりたいときや何かを決断したいときにおすすめです。
ありのままの自分に自信が持てない・・他人に振り回されて自分軸が持てない・・動じない自分でいたい・・そんなときは樹木系。
どっしりと構えて動じない安定したエネルギーが貰えるでしょう。

アロマをお部屋で焚くとき効果は、抗ウイルス作用や殺菌、浄化作用などなど多岐に渡りますが、今回はマインドリセットしたいときのアロマの選択のお話をさせて頂きました。
今の乾燥する季節でしたら、スチームタイプのディフューザーがおすすめです。
またお部屋で焚く以外でも手首のつけて一時的にマインドリセットできるロールオンタイプのアロマもおすすめです。
当店でも運転中の気分転換や仕事中の集中力を高めるため、またストレスの緩和にと重宝しているお客様の声をたくさんきかせて頂いてますよ。