☆この記事は「これからスクリーンショット撮影を始めたい人向け」に作成しています。SSを撮る時の手助けになれれば幸いです。













゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚





☆前回までの記事☆


○はじめてのスクリーンショット講座①ーはじめにー

○はじめてのスクリーンショット講座②ー撮影設定ー













今回は、スクリーンショットをより綺麗に見せる設定「描画設定」について解説します。













☆描画設定☆









メインメニューの「オプション」から「描画設定」を選びます。


すると、よくわからない単語がたくさんある項目が出てきます(;'v')






わたしもよくわからないですが(笑)それぞれの項目を超カンタンに解説します。






「描画設定」の項目には、効果が大きく実感できるものと、あまり効果が実感できないものがあります。



今回は、設定の中でもON・OFFによって効果がはっきりと現れやすく、撮影したSSの出来栄えにに大きく影響する設定【エフェクト光源・地形光源・ブラー】をピックアップして解説します。










・エフェクト光源設定



武器や魔法、その他色々なエフェクトの光源の有無を設定します。



○設定ON





○設定OFF






より綺麗なSSを撮るためには「光源」は必要不可欠。

いろいろなエフェクトに反映されるので、ONにしておくことをオススメします。

















・地形光源


ロビーやフィールドにあるさまざまな地形から発生する光源の有無を設定します。




○設定ON





○設定OFF





今回は火山のマグマを例に挙げましたが、PSO2の世界にはフィールドやロビーにさまざまな地形光源が存在しています。

綺麗なSSを撮るには重要な設定なので、ONにしておいて損はないと思います。














・ブラー



「ブラー」とは、「モーションによるブレ」のこと。


○設定ON





○設定OFF





ONではキャラクターがブレているのがわかると思います。


OFFにすれば、ダンスや動きの大きいロビーアクション・攻撃モーションなどさまざまな「ブレ」をカットして鮮明にSSを撮ることができます。


逆にONにすれば、ブレを利用した躍動感のあるSSを撮ることができると思います。




ただ・・・


「ブラー」を利用した躍動感のあるSS・・・ 難易度がかなり高いです(;'v')






わたしには無理でした(;'▽')














以上の3つがSS撮影において影響の大きい設定です。














その他の設定をさら~っとだけ解説・・・





・ブルーム処理


「光が当たるところの周辺をより明るくする効果」


特に「光が強く当たる場所」で効果が大きく現れます。






○設定ON







○設定OFF





光が当たる場所の周りがふんわりぼやけて見えます。



上のSSのように、光が強すぎる場所だと被写体が潰れて見えてしまうことがあるので、その場合は設定をOFFにすることをオススメします。



(ちなみに上のSSはマイルームのシーナリーパス「海岸」での日差しを利用して撮影しています。)



撮影する場所によって使い分けると、より鮮明なSSを撮ることができますね(*'v')






・被写界深度


「遠くにあるものをぼかす」設定です。

これもあったほうがいいと思いますが、そこまでSSのできばえに影響するものではありません。




・ライトシャフト


「太陽や天井の光点から拡散するように光が出る効果」の設定です。



・・・(*'-')?


とりあえず効果はそれほど感じることは出来なかったので、重要度は低いと思います。




・アンチエイリアシング


簡単に言えばキャラクターさまざまな物体のまわりのギザギザ(ジャギー)を目立たなくする設定です。


ですが、PSO2のアンチエイリアシング設定では効果があまり得られないため、あえて設定をOFFにして「NVIDIA Inspector」(通称インスペ)を導入してジャギーを目立たなくしているアークスも多いみたいです。


わたしもその1人です。


インスペについては、長くなるのでここでは触れません。

気になる方はグーグル先生に聞いてみましょう・・・w











・ソフトパーティクル



「さまざまな境界線をぼかして自然に見せる効果。」らしいです。


これもあまり効果は実感できませんでした。






以上、描画設定についてカンタンにまとめてみました。





























説明が雑すぎてゴメンなさい┏( ;〃。 _ 。〃 )┓































描画設定は、全ての項目において

「ONにすると動作に負担がかかる」

ようになっています。

なのでご自分の使用しているPCと相談しながら設定することをオススメします。


動作環境に問題がないなら、必要な項目は全てONにしても大丈夫です。(ブラーだけはお好みで)






少し不安がある場合は、必要な設定・いらない設定を区別して設定すると負荷が軽減されます。















ご自分のPCと相談しながら、設定をしてみてくださいね(*'v')


























次回は、「カメラ移動とズーム機能」について。




カメラのアングルを操作して遊んでみましょう!パシャッ! Σp[【◎】]ω・´)


























疑問・質問・ご意見などなどありましたら、コメント欄よりお気軽にコメントください(*'v')










━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─




10月17日22:20 追記。


今回説明した「描画設定」は、簡易描画設定が1~2の場合は設定できないようです。設定3から、選択できる項目が増えていくようになっているみたいです。

今回の記事は「設定5」の場合でした。


簡易描画設定について記載がありませんでした・・・

すみませんでした。



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


10月19日22:00 追記。




「ブルーム処理」について加筆・修正しました。



詳しく教えてくださったニャロメさん、ほんとうにありがとうございましたo(*'▽'*)/






























サポーターズランキング参加しています。


いつも応援、本当にありがとうございます。みなさんのおかげでいつも楽しくブログ更新することが出来ます。


 


下のバナーから投票していただけると泣いて喜びます(ノ_・。)




 


つながり ひろがれ 一期一会。