相手側に主導権を与える | サロンの手書きチラシ・手作りチラシで集客する方法
2017年10月24日(火) 14時56分37秒

相手側に主導権を与える

テーマ:新しい記事

 現在キレイなイメージチラシはどうして、0.01%や0.001%程度しかレスポンスがないのでしょか?

 

毎日、新聞に折り込まれてくる多くのチラシを見て思うのですが、そこにはサロン主導のことばばかりが並んでいるのです。

 

チラシを見る消費者は受動的。

 

「最新の○○パーマはかけるとツヤツヤになります!」「○○トリートメントカラーは色もちもよく痛みません!」と言い切っているものを多く見かけます。

 

もっと言うと押し付けになってしまっている。

 

そこで、「痛みません」とサロン側では言わないにもかかわらず、消費者には「痛まないかもしれない」と思わせるように書くことで反応は高まります。

 

読み手に勝手にイメージさせて思わせちゃう。

 

あえて、お店側で一番言いたいことを言わない。

 

このテクニック(書き方)について考えてみましょう。

 

「悔しかった」ということばを例にとってみましょう。「悔しかった」という文字を書かずに「悔しかっただろう」と思わせます。

 

「僕は、全身から力が抜け、その場に座り込んでしまった。

 

右の拳をきつく握りしめ、床に何度も何度もたたきつけた。

 

頬を伝う涙。

 

気がつくと拳からは血がにじんでいた。

 

やっと掴んだみんなの代表だったのに・・・涙が止まらない」

 

この文章では、「悔しい」ということばは使っていない。

ただ、そこで起こっている事実を書いただけ。

 

事実だけを書くことで不思議と読み手は勝手に「悔しかっただろう」と感じてしまうのです。

 

美容室に置き換えてみると、先日、お客さまに、「今までの美容室のパーマは朝30分もかけてドライヤーと格闘していたのに、おたくで前回かけてもらったパーマは、毎日たった10分足らずですんじゃうのよ!忙しい主婦にはとってもありがたいわ!このパーマには、なにか秘密があるの?」と聞かれて、○○パーマの説明をしたのよ。

 

という「事実」を他のお客さまに伝えると、

 

「そのパーマは、ブローセットが楽に出来る」と勝手に想像してしまいます。

 

こちらで、「ブローセットが楽に出来ますよ!」

 

とは言っていないにもかかわらず、相手は勝手に興味を持って聞いてくる。

 

そこで、ようやくこちらで説明する。

 

この流れは、店側ではなく、相手側に主導権を与えているのです。

 

相手が聞いてくるから、教えてあげる。

 

あくまでも、相手を主導にする。こちら側で言い切らずに相手に判断させる。

 

「本来こちらで言いたいこと」を言わずに相手に想像させる。

 

しかし、ここで気をつけなければならないことは事実を言う(書く)ということ。事実でないことを言うと全てが水の泡。

 

「ウソ」を言うと悪徳業者になってしまいます。

 

今回のチラシの表では「このチラシを読んでいただいた見込み客に、【サロン側が、なぜ?このチラシの内容を知らせたいのか】という理由を事実(真実)そのままに書いて相手に伝えた」ということなのです。

 

 

 

小さなサロンの集客アップの方法「お客さまを集める研究会」さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス