マイ・ブラザー

テーマ:
$★試写会中毒★-10.05.23マイ・ブラザー
満 足 度:★★★★★★☆☆☆☆
   (★×10=満点)
   試写 九段会館にて鑑賞
   2010年06月04日 公開
 

監  督:ジム・シェリダン
キャスト:トビー・マグワイア
      ジェイク・ギレンホール
      ナタリー・ポートマン
      サム・シェパード 、他


■内容■

 アフガニスタンで兵役に当たっている
夫・サム(トビー・マグワイア)の帰りを待つ
グレース(ナタリー・ポートマン)の元に、
サムの訃報が届く。
絶望のふちにいるグレースと二人の娘を慰めてくれたのは、
サムの弟、トミー(ジェイク・ギレンホール)だった。

そんなある日、まさかの帰還をしたサムだったが、
まるで別人のように変貌していて…。
                     (シネマトゥデイ より)


■感想■

 私はオリジナルを観ていないのですが
「ある愛の風景」のリメイク作品だそうです。
「パールハーバー」のような物語を想像していたのですが
恋愛とは全く別のテーマでしたね。

 残酷で究極な選択をした主人公の心情は
誰にも理解できないほど荒れ狂っていました。
それなのに物語はどこか淡々としたような印象。
そう感じたのは、サムの心が壊れ
放心状態のような一面があったからかもしれません。
もう少し強弱があるほうが見やすかったかも。

 それに比べ、トミーやサムの長女の苦悩は
家族愛や絆を引き立てていたように思います。
複雑な想いを抱えていた長女が
ずっと誰にも言えなかった気持ちを
ポツリとトミーに洩らしたのは、
出来の良い兄と比べられ
父親との関係が上手くいっていないトミーに
どこか親近感を持ったからかな。
サムへの爆弾発言には驚きですが、
そうなるほど溜め込んでいた子供心が
切なかったです。
涙が流れるのを必死にこらえる姿に
胸が苦しくなりました。

 結局、家族、親子、夫婦の愛が
それぞれを支えるということなのだと思いますが、
サムの告白を聞いた後、グレースはどうするのかなぁ。
一緒に苦しむのか、それとも励まし続けるのか。。。
どちらにしても、サムの苦しみは続くような気がしました。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 映画ブログへ
記事が気に入ったら↑ポチッとよろしくお願いいたしますm(_ _ )m