$★試写会中毒★-10.05.04パリより愛をこめて
満 足 度:★★★★★★★☆☆☆
   (★×10=満点)
   試写 一ツ橋ホールにて鑑賞
   2010年05月15日 公開
 

監  督:ピエール・モレル
キャスト:ジョン・トラヴォルタ
      ジョナサン・リス・マイヤーズ
      カシア・スムートニアック
      リチャード・ダーデン、他



■内容■

 CIAの異端児諜報員ワックス(ジョン・トラヴォルタ)と
コンビを組んだことから、地味な諜報活動の日々が一転、
危険な麻薬捜査に乗り出すこととなった駐仏アメリカ大使館員の
リース(ジョナサン・リス・マイヤーズ)。
捜査を続けるうちに、
二人は爆弾テロリストによるアメリカ政府要人暗殺計画を突きとめる。
                     (シネマトゥデイ より)


■感想■

 ノンストップ銃撃アクション
面白かったです。
ストーリー展開に意味など求めてはいけません。。。
とにかく撃って撃って敵を蹴散らしまくる
エキセントリックなワックスに、
リースと観客が引っ張られ続ける95分です 笑

 選ぶ武器も破壊力大。
マシンガンよりロケットランチャー大砲
会場からは笑いが起きました。
パリの街が壊れんばかりの暴れぶりでしたよ~。

 トラボルタ、全てのスタントを自分でこなしたそうな。
まさに白熱したオヤジ。
スキンヘッドも似合っていて貫禄たっぷりです。
それとは対照的な、線の細いリース役のジョナサン。
戸惑いながらも必死にワックスにくっついていく姿を見ると
ついつい励ましたくなりました 笑

 また、ユーモアもたっぷり。
スタートレックネタについては
偶然、試写の前に友人とスタートレックの話をしていたので
ここでは笑いよりも驚きでした~。

 久々に何も考えずに観られた痛快もの。
リースも、鞄持ちならぬ壺持ちから
パートナーへと成長したということで、
めでたしですねビックリマーク


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 映画ブログへ
記事が気に入ったら↑ポチッとよろしくお願いいたしますm(_ _ )m