電気に恋して♡谷本美佐子のBLOG

電気に恋して♡谷本美佐子のBLOG

イベント・大規模展示会の1次側、2次側電気工事。
場、人に合ったLED化工事。
電磁波の測定・対策・セミナー。



テーマ:

こんにちは、谷本美佐子です。

大雪警報が出てから、強い寒波が日本列島を覆っています。

 

この寒波、いつまで続くのか調べてみたところ、28日の日曜日には一旦抜けるようですが、東京は最高気温は10度を下回り、気温は平年より低めが続くようです。

 

ニュースで富士山の写真を撮りに来ていた人が、気温が低すぎてカメラが動かず写真が撮れないと嘆いていました。そうなんです、バッテリー(電池)は寒いのが苦手です。

 

そんなことを書いた過去記事がありましたのでアップします。

 

どうぞ、風邪など引かないように気をつけてくださいね!

 

 



テーマ:

こんにちは、谷本美佐子です。

昨日のお天気が嘘の様に雪になってしまいました。関東甲信越には大雪警報が出ていますが、みなさんのところは大丈夫でしょうか?大雪になると、電線に雪が積もって停電したり、雪の重さで木が電線に倒れ停電が起きることがあります。

 

 

こちらは東京電力の停電情報。雪が原因かはわかりませんが、現在千葉で停電が起きています。

 

スマホの専用アプリでいち早く停電を知ることができます。自分の地域だけでなく、お勤め先やご家族、大切な方の住所が8か所まで登録することができます。

 

停電になると、電源コードのある通信機器は残念ながらつながらなくなります。ご家族で電源コードのある固定電話しか持っていない方には、パニックにならないように事前に伝えてあげてください。

 

停電になると携帯電話が頼りになります。フル充電になっていますか?フル充電にすると長持ちしないからと言って充電しない人がいますが、今日はしっかり充電しておいてください。モバイルバッテリーや乾電池式の充電器をお持ちの方は、それも確認しておきましょう。

 

無駄なメールやラインなども、相手の電池を消耗させてしまいますから我慢しましょうね。

 

停電してしまった時の対処法は、東京電力の下のサイトで事前に確認し、慌てない様にしましょう。

『電気がつかないときは?』
http://www.tepco.co.jp/disaster/teiden.html

 


テーマ:

こんにちは、谷本美佐子です。

暖かな一日でしたねー(^∇^)今日は、寒くて家にこもりがちな母に「大根を見に行こう!」と外に誘い出し、トコトコと裏の畑にお散歩に行ってきました。写真は、姑が大切にしていたベンツです。「私がいなくなったら美佐子さんのお母さんに使ってもらうの」と、出掛けた後は雑巾できれいに拭いて、家の中で大切に保管してくれていました。今は母の軽トラになっています(笑)

 

 

畑に行くと、梅の花が可愛らしく咲き始めていました。良い香りに思わず深呼吸してしまいました。香りをお届けできないのが残念です。

 

 

大根はと言うと、種を蒔いた時期が遅かったので、まだまだちっちゃ!「小さいね、小さいね」と言いながら母は収穫を始めました。

 

 

1本、2本、3本、、、。「今朝スーパーに行って2本買ってきたじゃん」と言いたかったのですが、収穫は楽しいから言わないでいました(笑)

 

 

小さいけど、葉っぱも青々して、瑞々しいでしょ!

 

 

取り立てを食べれるなんて本当に贅沢です。

 

 

うららかな日光をいっぱい浴びて帰ってきました。

今日も幸せな1日でした音譜

感謝祈る


テーマ:

こんにちは、谷本美佐子です。

ご要望の多かったLEDのレンタル工事を開始致しました。

 

 

国産品、国内メーカーで対応いたします。

色、照度の見直しを行い、本当に必要な照明環境を作ります。

ノイズの低い製品のため、病院など医療施設でも安心して使用することができます。

 

 

病院、介護施設。

 

 

小学校や保育園、幼稚園。

 

 

工場、倉庫。

 

 

競技場などなど。

 

 

光と環境、光と人、光と作業効率、光と健康、あらゆる側面から考え最適な照明をご提案致します。

 

 

『LEDにして良かった』をお届けしたいと思います。

 

 


テーマ:

 

こんにちは、谷本美佐子です。

いよいよ2月1日から「Tokyo Tokyo FESTIVAL」の中核を担うイベントの公募がスタートします。

 


このイベントは、2019年秋から2020年9月までの間に東京都内で実施するイベントを考えるというもの。対象となる分野は音楽、演劇、舞踊、美術、写真、文学、メディア芸術(映像、マンガ、アニメ、ゲームなど)、伝統芸能、芸能、生活文化(茶道、華道、書道、食文化など)、ファッション、建築、特定のジャンルにとらわれない芸術活動などとなっています。

 

 

「インパクトある芸術創造」 「あらゆる人々が参加できる」 「アートの可能性を拡げる」といった企画内容が期待されています。

 

 

公募へのエントリーは個人、グループ、団体・法人問わず、応募できます。

もちろん、私も、エントリーしますよ。

あなたも、またとない機会を活かしてみませんか。

 

 

正直、アートとは?日本文化とは?と考えていると、どんどん壮大になり、頭が痛くなってきますが、日本人の私が好きな日本。大切に想う日本文化。そんなところを考えまとめています。企画をまとめるまでには関係者との打ち合わせから試算まで多岐にわたり大変ですが、楽しくやっています。

 

 

今は、インターネットでどんなことでも調べることができ、知ることができますね。でも、インターネットの中では知る以上の関わりなることは難しいと感じています。それをイベントという空間を通じて、実際に触れ、自分との関係において考え始めたり、見過ごしていたことに気づいたり、何かを見出し感動する、それがイベントだと思っています。

 

 

そんな感動するイベントを作ってみたい!そう思っています。

 

 

と、言うは易く行うは難しですが、がんばってみます。

みなさんもエントリーしてみませんか。

 

 

詳しくは特設サイトを参照してください。
【Tokyo Tokyo FESTIVAL 企画公募 概要】
応募書類受付期間:2018年2月1~28日
採択決定時期:2018年7月頃予定
特設サイトURL:http://ttf-koubo.jp/