声援。 | 岬JFCコーチのブログ「TRAIN‐TRAIN」

声援。

あるチームのサポーターのお母さんから、いつも一生懸命に頑張る岬のサッカーが大好きですとHPにメールをいただきました。じつはこのメールには素晴らしい話が書いてあり、メールをもらった私自身もかなり励まされた気持ちになりました。あらためてありがとうございました。私はメールの返事に以下のような事を書きました。話はつながらないのですが、一部紹介します。「岬JFCは試合の勝ち負けだけにこだわっていません。試合に勝つことにこしたことはありませんが、ピッチの上にいても、ベンチにいても一緒に、仲間とともにたたかうということを常にもとめています。私は卒団生のメッセージに、毎年のように、大人になってもサッカーを続けて、サッカーの素晴らしさを楽しさを伝えれる選手になって欲しいと書きます。Jリーグの選手になれなくても、サッカーが好きだったら、そんな選手になれるはずです。そういう選手が増えれば、もっともっと、日本のサッカーも魅力的になると思います。そして社会で生きていくのに必ず、苦しい経験や楽しかった思い出が役にたつと思います。私の子供はそんなにサッカーが上手いと思いません。でも、サッカーが好きなら誰よりもサッカーが好きな選手になればいいのです。そして岬にいつか帰ってきて、おなじようにサッカー大好き少年を育ててくれればと思います。そうなるように祈ってます。」。私が少年サッカーに関わって、感じたことの答えです。今後もこういう気持ちを大切にしていきたいです。よそのチームのサポーターから、認められるなんて嬉しい事です。そういう言葉にも、しっかり応えていきましょう。いつも一生懸命にがむしゃらに、残りの試合をたたかいましょう。マトリックスには熱い素晴らしいサポーターがチームをささえてるなぁ~。そりゃ、強いはずやわ。あっ、ばらしてまいましたね(^^ゞ。南大阪ではマトリックスに挑戦できるように頑張ります。