2018年 9月6日 北海道地震

テーマ:
他に溜まっている記事はありますが、この体験は忘れないうちに記録します。
 
 
9月6日未明の3時08分
いきなりの大きな揺れで目が覚める。
 
前日に台風が来て、これまた大きな暴風の音だったので、最初はまた台風?って思った。
 
でも部屋の様子を見て、揺れ具合を見て、地震と気づく。
 
ことりの「ママー!」という声。
 
子供部屋に駆けつける。
 
怯えて抱きつく子供達。
 
間も無く揺れは収まったけど、あまりの恐怖に
私たちのダブルベットで、身を寄せあって4人で寝た。
 
30分ほどして、停電。
 
ほとんど寝付けないまま、陽が明るくなった。
 
明るいと、停電もさほど気にならないかと思いきや、
電気が点かないということは、ガス給湯器もダメ。
 
キッチンはIHだから冷蔵庫にたくさん食材があれども、何も調理できず。
 
やかんも電子ケトルだから、お湯すら沸かせない。
 
冷蔵庫の中身が痛む前に食べてしまわないともったいないので、
カセットコンロを買いにホーマックへ。
 
車で行こうとしたらシャッターが電動で開かず、徒歩で。
 
ホーマックの隣のツルハは10:30ですでに行列。

 

ホーマックもしかり。

この日は28℃の炎天下だったので、軽く見ても1時間は並ぶ行列に加わる気にもなれず、引き返す。
 
たまたま前の晩にパンを焼いていたので、加熱する必要のないサンドイッチなどにして、朝と昼はしのいだ。
 
 
午後から、ダンナ様が事務所の様子を見に。
 
案の定、書類が散らかっていたが、何かが破損したりはなく、片付けて終了。

 

 

 

SNSでエストさんのビルが自家発電なので通常営業だと知り、夕食はここで。

 

 

 

 

美味しくて温かい食事にありつけて、感激!
 
携帯の充電もしてくれた。
 
ちなみに、携帯の充電は、ノートパソコンからもできたので、ギリギリにはならなかった。
 

 

 

帰り道は暗く、信号も街灯も付いていない街並みを、初めて見た。

 

たまたま子どもたちが持って来てくれた懐中電灯のおかげで、

信号の消えた交差点も、存在をアピールしながら渡ることができた。

 

 

おうちの中はキャンドルナイト。

これだけでは暗すぎるが、ひなのデスクライトが充電式だったので、それが頼りだった。
 
もう寝るしかないので、21時頃ベッドに入る。
 
入って間も無く、電気が点いた!!
 
私だけ速攻起きて、洗濯と、食器洗い。
 
 
ああ本当に電気があるってありがたい。
 
 
翌日は、いつも通りの朝。
 

 

IHでパンケーキ焼いて、コーヒーを淹れて。

当たり前だと思ったことが、こんなに幸せなんて!!
 
 
電気が復旧したので、さっそくネットでカセットコンロは発注しました。
 
その他、懐中電灯も家族の人数分、ソーラー式のモバイルバッテリー、手回し式のラジオも。
 
これで終わりだと思いたいけど、熊本や東日本は、震度5〜6の2日後に、震度7の本震が来てるというし。
 
備えておかねば。
 
 
ちなみに、東日本の後、それなりに防災グッズは揃えて、モバイルバッテリーも購入してあったのですが、
充電したのがかなり前で、とっくに電池がなくなっており、意味がなかったのですアセアセ
 
そこで今度はソーラ式に太陽
 
 
すっかり落ち着いた頃、二次災害発生!
 
洗面所の水漏れがガーン

 

 

給水のホースから水が漏れて、床が水浸しにえーん

 

水道局に電話したら、「まずは管理会社へ連絡を」と言われ、

管理会社へ電話すると繋がらずタラー

 

ふと、自動車保険に付帯していたホームアシストサービスを思い出し、連絡。

 

それから1時間半で、クラシアンの方が駆けつけてくださいました!!

 

しかし、シャワー水栓ごとまるまる交換しないといけないらしく、

そのメーカーであるTOTOの工場が江別にあり被災しており、

届くのに10日ほどかかるとか。

 

分かっていてもついつい水を出してしまうので、ガムテープ貼って起きましたアセアセ

しばらくは、洗面も歯磨きもキッチンです。
 
 
色々ありましたが、幸いにも、たまたまガソリンも2台とも満タンだったこと。
たまたま冷蔵庫の中も食材でいっぱいだったこと。
たまたまトイレットペーパーやティッシュの買い置きもたくさんあったことが救い。
 
おかげで一度エストで外食した以外は、買い物も一切せず、無駄に並ばずに済みました。
 
不十分であった部分はこれから買い揃えておきます。
 
 
どうか、このまま何も起こらずに済みますように!!
まだ復旧してない地域も、早く元どおりになりますように!!