魅力ラボファンの皆さん、こんにちはhello

 

先日お伝えした第7回ラボセミナーは

鈴木実歩さんをお迎えして開催されたんだ!

 

この第七回はすでに【神回】の名前で呼ばれている

伝説のラボセミナーになっているよ!

 

概要はこちらから

↓↓↓

 

そんな神回セミナーだけど、

あさぎさんのお許しを頂いて

議事録を公開して良い事になったので

豪華なラボセミナー対談を

『議事録の女神(※)』ことチャコがお伝えしちゃうよハート

※命名:もったん

 

1)ゲスト対談 鈴木実歩さん ←今日はココ
2)公開コンサル
3)部活紹介

 

1)ゲスト対談 鈴木実歩さん

 

 

オープニングトーク

 

・魅力ラボのコンセプト:

 「自分の好きを表明し実現していく場」

コンセプト化、言語化しないと共有できないびっくり

・人と関わらないと実現できない

 その為には(自分の中の)言語化は必要

・ラボに集まる人は自分の欲が強い人

 ー魅力があるはず、というキーワードに集まってきている

・欲を社会に出していると仲間、

 お金などの形になって戻ってくる

 

\今日はそれを考えるきっかけになるお話をします!/

 

プロダクトアウトとマーケットイン

 

・1000円商品の作り方

①ぽぽちゃんの場合

「西洋占星術✖️コーチング、私がやってよかったので」

 →プロダクトアウトの事例

  ※iPhoneはプロダクトアウトの一例

②チャコの場合

「時期的にタイムリーなふるさと納税セミナー」

 →マーケットインの事例

 

・「お客様の声を聞く」マーケットインの課題

 ーお客様の声に振り回される痛み

 

 例)食器メーカー座談会の事例

  →食器メーカーが座談会を開催して

   お客さんの声を聞いたところ

   「黒い・四角い皿」が新たなニーズとして出てきた

   しかし、お土産に好きなお皿をどうぞとした場合

   お客さんは「白い・丸い皿」を選択した

 ーここでの学び: 

  →お客様はニーズを言語化出来ていない

  →声を集めるのは実はあまり意味がない

  →見なくていけないのは【行動】

 

Q)【行動】はどうやってみるのですか?(あさぎさん)

A)あさぎさんはお客様ニーズを見るのが上手な人

 世の中全体の空気感の中に個人の感情がある

 その世の中全体の空気を察知するのがうまい

 (逆にプロダクトアウトの視点はあさぎさんはない)

 ※例:魅力ラボを作る前に色々なオンラインサロンで

    空気感を読んでいた

    

・良い商品とは需要供給のバランスが一致する

 受け取ってくれないプロダクトアウトは独りよがり

 

【★個人一人ひとりの声を拾うのではなく、

 世の中の空気感を読むことが大切★】

  

・鈴木実歩さんの場合

 ーニーズを見ながらマーケットインの考え方

 

1000円と10万円のエネルギー総量の違い

 

・稼ぎたいなら1000円から商品を作る考え方はしない

 

・1000円で商品の作り方を練習する場とするならOK

 →理由:行動力、馬力ないと続かない

 

・鈴木実歩さん自身は凡人なので天才タイプではない、

 なので天才な人を見て分析した

 

・稼ぐ人の思考:1000円から組み立てようとしない、

「億をどうやって作るか」から考える 

 

・1000円の人では成長曲線だと達せないところにゴールを設定した

(実歩さんの例)

 →月商1000万円をゴール設定して天才の考え方を取り入れた

 

・以下どちらかを選ぶのかは自分次第

 ー自分の枠を壊したいのか←自分を否定する成長痛

 ー居心地の良いままいくのか 

 

・例:小学生が学年あがるのは楽、

   でも中学生が高校行くのはステージ変わるので

   痛みがあって怖い

 

【自己否定の上でしか自分の大きな成長はない】

※前提は自己肯定、否定をしても自分を嫌いにはならない

 

・あさぎさん、大げさな映画の主人公になっている(笑)

 実歩さんの方が切り替えが早い

 のめり込んでいる時は主人公だけど、

 ストーリーを動かしていくのは監督の客観性が必要

・「小田桐あさぎ」という役を演じている

 

ワーク:最近買った1000円のもの/10万円のもの

 

続)1000円と10万円のエネルギー総量について

・1000円のものは買う理由が必要ないけど

 10万円のものは買う理由がある

 

・1000円のものを作ろうと考えると

 千円分のエネルギーしかでない

 

まず100倍(10万円分)のものを考える、

 熱量、密度が全然違う

 

・セールスレターの例

 ーまず2、3倍のものを書いて圧縮する

  削るから価値が高まる

  ※あさぎさんもブログでこれをやっている

   単発講座も長期講座を作ってから

  ※削っても裏に乗っている情報の密度は違う

 

・熱量高く作って凝縮して価格をつける

 

得意不得意について

 

・苦手と思い込んでいないか?

 苦手というほどやっているのか?

 

・実歩さんが苦手、罪悪感感じること

 ー仕事しすぎること

 ーずっとスマホでコミュニケーションしているあさぎさん

  実歩さんはそれはできない

 

     >>>ここのくだりはラボ漫画になっているよ!

 

 ーコミュニティの裏を作るのはでできるけど

  自分では作れない、サロン運営はしない

 

【思い込みによって可能性を狭めてしまうのはもったいない】

 

魅力的な人に関われてめっちゃ稼げる方法とは?

 

\人は【環境】によって変わる生き物/

 

・環境によって人生が変わる

 ー職場、友達、学校、住む場所、家庭など

 →1番ダイレクトなのは職場と住む場所

 

・魅力ラボ生:

【属すコミュニティを選んで投資をしている】

 ←思考が変わる←行動が変わる←人生が変わる

 

勝つ人(稼ぐ人)の条件


・【コミュニティにどう貢献しようかと常に考えている人】

・高額サロンでの実歩さんの貢献の事例:
 ー自分だったら何ができるのだろう、と考えた
 ー講師のパワーを上げると
  コミュニティ全体の空気があがる
  結果、自分も上手くいく
  ※場を作る人のパワーが全体に影響する
  ※ニーズヒアリングは大した答えはない
   コミュニティをひいて考える、全体ニーズを汲み取る

 

・出来るだけ大きい循環を意識する
 やり方は色々、他人の人の話しを聞いてあげるなど
  結果めっちゃ大きな循環になって帰ってくる

 

・今どういう雰囲気だろうと「観察すること」が大切
 自分の話をするのではなく相手に興味を持って
 観察することがビジネス上大切 

 

「知ろうと思わないと入ってこない」
  周りを知りたいと思ってない人は自分に興味もない
  これは自己犠牲でも偽善でもない

 

・例えばあさぎさんと同じレベルで
 コミュニティをあげていくことを考える 
 →小さくお金を取ることを考えるのではなく
  作る側と同じ意識でいると
  エネルギーレベルがあって
  人間関係のステージがあがっていく

 

★これが遠回りに見えて環境を変えていくコツ

 

 

 

以下は明日に続くよ!

お楽しみに!

 

>>>続きはこちらから


2)公開コンサル
3)部活紹介

 

 

(文責:魅力ラボ3期・学者タイプ・チャコ

 

〜小田桐あさぎ オンラインサロン 魅力ラボ 〜
仕事も、恋愛も、遊びも。
「自分らしさ」で全てを手に入れる

 

◆オンラインサロンのご案内
http://adorable-inc.com/miryokulab/
発足2カ月で300人!
次回の受付開始時期をお見逃しなく

 

◆小田桐あさぎメールマガジン
https://55auto.biz/adorable-asagi/touroku/entryform2.htm

◆公式Instagram
https://www.instagram.com/miryokulab

◆公式Twitter
https://twitter.com/miryokulab