Michiru Hazuki 'KISS OF FIRE' 葉月ミチルSOUNDTV第16回TVオンエア映像 協力:日テレ

葉月ミチルは5オクターブの美系洋楽ポップ歌手&声楽家。大叔母ペギー葉山に託されて「2代目ペギー葉山」としてペギーのポップ・洋楽などを研究・編曲して現代に蘇えらせています。 今回の2021.8/22葉月ミチルSOUNDTV第16回テレビオンエアはペギーのアルゼンチン・タンゴ「KISS OF FIRE」と、Michiru Hazuki クラシックコンサート・ブラームス「Von ewiger Liebe 永遠の愛」の豪華2本立てでした!

今日は、葉月ミチルYouTube・YouTubeMusicにいち早くアップロードされました「KISS OF FIRE」を取り上げます。

Michiru Hazukiの編曲は、まず英語の原曲を全訳・全英語歌唱しています。そして、ペギーの歌よりもテンポをゆるやかに、音域もより低く転調しました。そして、.ミチルの編曲は、専門的に解説しますと、タンゴ'EL CHOCLO'の真髄である緩急・高低・強弱の変化/言語のアクセントや韻によるフレージングを大切にしています。 また、ミチルの発声法は声楽家・葉月ミチル自身が独自に開発したアルトoverflow発声法の臍下丹田・腹式呼吸にて横隔膜の支えで喉を緩め、充分な呼気の流れで声帯を開放して豊かに響かせ、楽曲の流れを端正に演出し歌唱いたしました。

結果的に当時のラテンダンス調の曲のイメージを、よりしっとりと聴くムーディーでメロディアスなラテン歌曲に近づけて、美しいラテンの旋律を際立たせた歌唱をしています。.

また、テレビオンエア映像では、風光明媚なアルゼンチンの珍しい画像を散りばめていますので、じっくりとご鑑賞下さいませ。
 

ちなみに、この曲はそもそも、エル・チョクロ(とうもろこし)というアルゼンチン・タンゴの名曲で、1903年、アンヘル・ビジョルドによって作曲。その後、アメリカのレスター・アレン&ロバート・ヒルが英訳詩をつけます。1952年にアメリカにて、トニー・マーティンやジョージア・ギブスが歌ってヒットしますが、同年、ペギー葉山がキングレコードからこの楽曲でデビュー。ペギーは、あらかはひろし、こと牧野剛ディレクターの日本語訳を歌唱して国内にも広まりました。

🔴只今、葉月ミチル公式サイトディスコグラフィーおよび、葉月ミチルGoogleマイビジネスページにて葉月ミチルCDを特価にて販売中です。素敵なプレゼント🎁もご用意していますので、まずページをご覧の上で以下メールにてお問い合わせお申込み下さい。プレゼントの締め切りは9月30日です。

🔴 qqns4rw9k3@gmail.com  (SATO音楽事務所MichiruPeggy)

🔵葉月ミチル公式サイトディスコグラフィー

https://www.hazuki-michiru.net/information/detail/id=176

🔵葉月ミチルGoogleマイビジネス

https://g.page/PeggyMichiru

 

★「KISS OF FIRE」歌詞の大意をどうぞ (日本語訳・葉月ミチル)

あなたの唇に触れるだけで火花が飛び散る 

あなたの炎のキスに降伏してしまう  もう後には戻れない  

燃え上がって、灰になってしまおうとも、あなたの炎のようなキスがなければ、私は生きていけないの 

あなたと初めてキスをしたその時から、私の心は完全にあなたのもの 

あなたの奴隷になったとしても、私を憐れまないで!私はそうなりたいのだから 

あなたの唇がほしい!今夜、私を愛して!明日がなくなってもいい 

たとえ、私が破滅しても、朽ち果てたとしてもそれでいいの  

あなたの炎のキスがほしい!!

                        

「DOMINO」 葉月ミチルが2代目ペギー葉山として、ペギーシャンソンを歌い継ぎ、リニューアル。葉月ミチルSOUNDTV第15回TVオンエア映像。 

ペギーシャンソン「DOMINO ドミノ」。葉月ミチルが2代目ペギー葉山として、ワルツ調のこのシャンソンを独自のアレンジ編曲でペギーを現代に蘇らせました!全訳by Michiru/オンエア協力:日テレ。 「味わい深い映像とミチルのシャンソンに感動した」、「アルトの歌声・情感と抑揚のこもった歌い回しが大叔母ペギーを彷彿とさせる」と、TV視聴者の皆様からも好評でした。

DOMINOは、フランスのルイ・フェラーリ作曲。1950年に、仏の歌手アンドレ・クラボーによって最初シャンソンとして歌われます。その後、アメリカのドン・レイの英訳歌詞で、ドリス・デイや、トニー・マーティンなどによって、アメリカン・ポップとしても広まりました。ペギー葉山はいち早く、この曲を当時の日本に広めたのでした。 今聴いても、新しい感覚のワルツ調のシャンソンで、とても魅力的ですね。

🔵葉月ミチルは 5オクターブの美系洋楽ポップ歌手&声楽家。

「2代目ペギー葉山としてペギーの数々の歌を全曲歌い継いでほしい」 と大叔母ペギーから託されて、ペギーのポップ・洋楽など全曲を大切に歌い継いでいくと共に、2代目ペギー葉山として、独自のアレンジ編曲をプラスして、現代にペギーを蘇えらせます。特に洋楽は、大叔母の意思を継いで、語学力を活かして、外国語歌唱と全訳をしています。

葉月ミチルSOUNDTV第14回5月TVオンエア映像 (協力:日テレ)

「おもいでの岬」 2代目ペギー葉山の葉月ミチルが大叔母ペギー葉山の遺志を継いで歌い継ぐ

ペギーとミチルは親戚の中でも、特に親しいお付き合いでした。葉月ミチルは3歳から大叔母ペギーに直々に歌を習い、大学院時代には渡米して本場ニューヨーク・ブロードウェイ Neil Simon Theatreにてミュージカル舞台を体験しましたが、これも大叔母ペギーの薦めでした。ミチルの音楽人生の節目節目で適切なアドバイスをくれたのが大叔母です。大叔母ペギーは、ミチルの生まれつき声域の幅広い「ハイ・ソプラノから超低音アルトまで駆使できる声」や、語学力 (また書道も) をとても高く評価してくれていて、「ミチルは、ペギーの遺伝子を確かに受け継いでいるね」と常々、大叔母はミチルに言っていました。

その頃、84歳になったペギーでしたが、ミチルがクラシック界で活躍するだけでなく、ポップ歌手として、同じ歌謡ポップ界にプロデビューすることを大変喜んでくれると同時に、「今後、是非、葉月ミチルが<2代目ペギー葉山>を受け継いでほしい」「葉月ミチルが2代目ペギー葉山として、ペギーの全曲を歌い継いでほしい」旨や、「ペギーの洋楽はミチルの外国語でアレンジを加えながら、蘇えらせてほしい」など、その他諸々のミチルへの申し送りを、正式な書面にてミチルに贈ってくれたのです。

さて、2016年10月にリリースの「おもいでの岬」はペギーの生前最後のリリース曲です。亡き夫・根上淳との美しい思い出を綴った曲です(作詩作曲:弦哲也)。

2005年に夫が亡くなるまでの7年間、ペギーは献身的に夫を自宅介護していました。苦労をあまり表に出さない気丈な性格でした。大きな優しさに溢れ、「歌に生き、愛に生き、思い出と夢に生きる」 (2016年のペギーの言葉)と、いつも前向きに生きた大叔母ペギー葉山。ミチルにも、「思い出を抱きながら、夢を持って歌を歌い続けることが生きる力なのだから!」と大叔母はよく話してくれました。この「おもいでの岬」リリースの翌年2017年の4月に急逝する前日まで、舞台の打ち合わせなど精力的に活動して、生涯現役歌手を貫いたペギー。

ミチルは「2代目ペギー葉山」として、大叔母ペギーの遺志を継ぎ、ペギー全曲を大切に歌い継いでいくつもりです。ペギーの歌謡Jポップは、楽曲への愛情と情感を大切に、洋楽(ポップ・ジャズ・シャンソン・ミュージカル・ラテン・カンツォーネなどなど)は、ミチルの語学力を活かして、外国語歌唱・全訳し、また、独自の編曲で現代にペギー葉山を蘇えらせます。

ペギーが逝去してから現在までの4年間、葉月ミチルは2代目ペギー葉山として「大叔母ペギー葉山を偲ぶチャリティーコンサート」を東京・大阪・神戸・京都・奈良・岡山など各地で開催してきました。収益はミチルの自主的な気持ちで、毎回、日赤募金に寄付していて、参加頂いて協力して下さる皆様に深く感謝しています。時世をみて、今また、コンサート開催計画中です。

今、コロナ禍にいるミチルや、応援して下さる皆様のことを、ペギーはきっと天国から見守ってくれていると思います。

葉月ミチル 夜明けのメロディー 大叔母ペギー葉山の遺志を継いで 💗 (オンエア映像)

2021.4月25日(日) TVオンエアの葉月ミチルSOUNDTV第13回4月の映像はYouTubeとYouTubeMusicにて配信中💗

葉月ミチルは「2代目ペギー葉山」 5オクターブの美系洋楽ポップ歌手&クラシックアーティスト。 2代目ペギー葉山として、大叔母ペギー曲の数々を歌い継ぐ。また独自のアレンジ編曲を行い、中でも洋楽は語学力を活かして、全訳・外国語歌唱を行い、現代にペギー曲を蘇えらせています。

そもそも葉月ミチルが、クラシック活動の傍らプロポップ歌手になったのは、大叔母ペギー葉山の遺志を受け継いでいるのです。大叔母の多くの遺作であるペギーポップ・洋楽を歌い継ぎ、洋楽はミチルの語学力を活かして、独自のアレンジ編曲・全訳・外国語歌唱にて現代にペギー曲を蘇えらせるためでもありました。

「美しい歌を歌い続けて下さいね」と最後の頃、ペギーはよくミチルに言っていました。ペギーは最後まで「おもいでの岬」「夜明けのメロディー」を初め、その他自分の洋楽やポップをとても大切にしていて、このような自分の美しい歌の数々が忘れ去られてしまわないように、ミチルに歌い続けてほしいと言われたのです。 同時に、葉月ミチルが「2代目ペギー葉山」として数々のペギー曲を歌い継ぎ、洋楽はミチルの語学力を活かして現代にペギー曲を蘇えらせて欲しいとの書面も貰い、 2代目ペギー葉山としての葉月ミチルへ申し残したい、ペギーの諸々の意思を受け取ったのでした。

ところで話は変わりますが、現在、葉月ミチル歌手Twitterにて、「声楽家葉月ミチル開発のプロ発声法」を好評連載しています。発声における様々な悩みに答えられる様な記事をアップしていますので、ご覧下さい。また、大叔母ペギー葉山に関する記事も次回に予定しています。

https://www.twitter.com/michirupeggy

 

                                                                              

葉月ミチルは「2代目ペギー葉山」 5オクターブ美系洋楽ポップ歌手&声楽家。2代目ペギー葉山として大叔母ペギー全曲を大切に歌い継いでいくつもりです。また独自のアレンジ編曲、洋楽は語学力を活かして、全訳・外国語歌唱にてリニューアルして、ペギーを現代に蘇えらせます。

く春爛漫の季節になりました。今月の3月11日は東日本大震災のMemorial dayでした。被災された方々に心からお悔み申し上げます。  葉月ミチルの大叔母ペギー葉山は小学生の頃、学童疎開で福島県いわき郡に滞在して命が助かりました。また、 ペギーの母方の祖父は会津藩白虎隊の血を引いており、福島県はとてもゆかりのある土地なのです。 最近また、この地域で地震が多発しています。くれぐれも日頃からの警戒をお願いいたします。 Michiruも1995年に阪神大震災に遭遇いたしました。 大きな天災に遭うのは、一生に一度とは言いますが、それは誰にもわかりません。 昨年からのこのコロナの時世でさえ、誰も予想できないことでしたから...。 今から思うと、震災時、自分が窮地に立った時に、誠意ある周りの方の心の温かさがどんなに嬉しかったかわかりません。 コロナ禍の中、自粛の毎日ではありますが、歌手葉月ミチルができることは?...医家で育ったミチルがやるべきことは?...今、考えながら毎日過ごしています。

葉月ミチルがデビュー記念日にばんばひろふみさんのラジオ番組 (ラジオ関西) に出演しました。ばんばさんは、ミチルの歌声について「クラシック系ソプラノでありながら、真逆の低音ポップまでこなせるなんて凄いな!」との嬉しいお言葉を頂きました。

●葉月ミチル「空からの手紙」アレンジ盤 作曲:深野義和

https://youtu.be/XdK2TOtbWRg (「空からの手紙」YouTube)

●葉月ミチル公式サイトディスコグラフィー (最新CD情報満載)

https://www.hazuki-michiru.net/information/detail/id=176

葉月ミチルは「2代目ペギー葉山」 5オクターブの美系洋楽ポップ歌手で声楽家。 クラシック歌手としても活躍中。今回はドラマティック・ソプラノ葉月ミチルのブラームスとシューベルトをどうぞ。

<永遠の愛> Von ewiger Liebe J.ブラームス op.43-1 (1864年作曲・1869年公表) 詩:Wenzig  piano: 岡原慎也 

動画はココから👇

https://www.instagram.com/tv/CLlDK2Sl-IS/?utm_source=ig_web_copy_link

 

<糸を紡ぐグレトヒェン>Gretchen am Spinnrade  F.シューベルト op.2

 

D118 (1814作曲) 詩: J.W.v.Goete(ゲーテ) ファウストより

動画はココから👇

https://www.instagram.com/tv/CK-2Wo_l-9p/?utm_source=ig_web_copy_link

ドイツロマン派の作曲者F.シューベルトとJ.ブラームス。どちらもベートーヴェンの崇拝者であり、中でも初期の交響曲においてはベートーヴェンを彷彿させるような正統派の伝統を受け継ぎ、新古典派とも言われています。しかし、声楽曲、特に歌曲となると、両者とも、まさに <spontaneous overflow of imagination > 湧き出る泉の如くの創造力。詩から受けたinspirationを自由闊達に美しい旋律に置き換えていくのです。シューベルト<糸を紡ぐグレトヒェン>1814年作曲は、歌曲王シューベルト(1797-1828)が17歳の時の作品。この作品が、ドイツ歌曲の誕生と後世では言われています。シューベルトは弱冠17歳、このゲーテ第1作から、曲の完璧な構成を完成すると共に、主人公グレトヒェンの心情の巧みな感情表現によって、演奏者の芸術を最高に惹き立たせる歌曲を創り出しているのです。また、シューベルトはグレトヒェンをイメージして女声ソプラノ専用の歌曲としてこの曲を書いていますので、グレトヒェンの感情表現を練り、高声部分の響きを大事に歌いました。

ブラームス<永遠の愛>1864年作曲・1869年公表は、ブラームス(1833-1897)が31歳~39歳の時の作品。R.シューマンが1854年に亡くなり、息子フェリクスがブラームスとそっくりの芸術家肌に成長し、元妻・クララの3女ユーリエ、病弱で美しい娘16歳、と再会した時期です。また1869年のユーリエの結婚を契機にブラームスがウィーンへ旅立つ準備をしていた時期とも言われています。ブラームスにとって、生まれて以来、最も家庭の温かさと親子愛に目覚めた時期でもあります。生涯独身を通したブラームスではありますが、この<永遠の愛>は、クララの3女ユーリエへの結婚の祝い、15歳に成長した息子フェリクスとその母・クララに献呈されました。詳しくは、葉月ミチルフェイスブックページ「ペギー葉山大叔母オールマイティ歌手Michiru」にて記事を連載中ですので、ご覧下さい。 

<永遠の愛>はブラームス独特のオーケストラ伴奏を思わせる線の太い付曲がなされ、民謡調の素朴で美しい情景描写が感動的な作品です。アルト女声歌手用に作曲された歌曲ですので、こちらは低音の響きを大事に歌いました。声域の広いMichiruならではの歌い分けもお聴き下さい。 ピアノ伴奏は岡原慎也教授。

●葉月ミチルフェイスブックページ

https://www.facebook.com/michirupeggy

Michiruのシューベルト「Lied der Mignon」画像はココから

       👇

https://www.instagram.com/tv/CKjOHKPl9yW/?igshid=bsxnrjlb62r9

葉月ミチルは「2代目ペギー葉山」 5オクターブの美系洋楽ポップ歌手で声楽家。クラシック歌手としても活躍中。 今回は、ドラマティック・ソプラノ葉月ミチルがシューベルトの美しい歌曲をあなたに。

葉月ミチルのシューベルト 「Lied der Mignon」 ミニョンの歌 「ただ憧れを知る人だけが」 op.62-4 D.877 (1826)  

これは、シューベルトにより、J.W.v.Goetheの長編小説「ヴィルヘルム・マイスターの修業時代(全8巻)」の第4巻11章に付曲された歌曲である。 

シューベルトが1815年にこの小説の第3巻第1章に付曲した 「An Mignon」 「あの国をご存知ですか」 (君を知るや南の国) D.321は、ゲーテに採り上げられず、その後10年間、何回も草稿を重ねて、1826年に この歌曲を含む 「Lied der Mignon」 第1番~第4番 (op.62-1~4/D.877-1~4) (ゲーテ第4巻第11章に付曲) が、かろうじてゲーテの手元に送られたが、返事はなかったという。

この op.62-4 D.877 では、薄幸なミニョンが、叶わぬ憧れへの悲哀と別れを切々と歌う。 同じこの歌詞に付曲した音楽家は他に多数いる。 チャイコフスキー、シューマン、ヴォルフ、メンデルスゾーン他。 

ちなみに、日本でよく知られている 「君を知るや南の国」 は、フランスの A.Thomas (アンブロワーズ・トマ) のオペラ 「Mignon」 ミニヨン(1866) であって、ゲーテの創作に大幅に脚色を加えられて創作された、別物である。

「ただ憧れを知る人だけが」op. 62-4 D877 (1826)
Nur wer die Sehnsucht kennt,
Weiß,was ich leide!
Allein und abgetrennt von aller Freude,
Seh' ich ans Firmament nach jener Seite.

Ach! der mich liebt und kennt,
Ist in der Weite.
Es schwindelt mir,es brennt
Mein Eingeweide.

Nur wer die Sehnsucht kennt,
Weiß,was ich leide!

ただ憧れを知る人だけが
私の苦しみをわかるのだ

ただひとり  
すべての喜びから引き離されて
大空のかなたを
見つめる

ああ!私を愛し  私をわかってくれる人は
はるか彼方の国にいる
眼がくらむ!
腹わたが燃え上がる!

ただ憧れを知る人だけが私の苦しみをわかるのだ
(Michiru訳)

「我が心に歌えば With A Song In My Heart 」全訳&アレンジ編曲by 葉月ミチル。葉月ミチルは、「2代目ペギー葉山」 5オクターブの美系洋楽ポップ歌手&声楽家。 2代目ペギー葉山として、大叔母ペギー全曲を大切に歌い継ぐ。中でも、ペギー洋楽は、ミチルの語学力を活かして、独自のアレンジ編曲・全訳・外国語歌唱を行い、ペギーを現代に蘇えらせます。大叔母ペギー葉山の愛したこのミュージカル「With A Song In My Heart 我が心に歌えば」も、ミチルが英語歌唱・全訳・編曲、リニューアルして現代に蘇らせました💛 制作途中でコロナ禍により日程が遅れたのにも関わらず、色々な人の協力を得て、仕上がりました!葉月ミチルSOUNDTV第11回12月。31日まで、日テレにて、音楽宣伝プログラムCMとしてオンエアされます。葉月ミチルYouTube&YouTubeMusicでも配信中です。どうぞご覧下さいませ。

今年もいよいよ年の瀬ですね。今年一年お世話になりまして有難うございました<m(__)m> 今年は思いがけないコロナ禍の影響で、Michiruだけでなく、皆様、自粛の生活を余儀なくされて、今までとは違う毎日に戸惑いを感じることが多い日々だったと思います。それでも、自分だけでなく家族や友人・知人などの健康を気遣い、自然にお互いに声を掛け合い、励まし合うという温かい心も生まれました。負の面ばかり考えずに、目の前の健康と幸せに感謝してみんなで協力し合って、この困難を乗り越えましょう💛

さて、Michiruは、コロナの時世になった今年の4月から、今までとは違い、自分のオリジナル曲「空からの手紙」(作曲深野義和)を初めとして、新旧色々な楽曲、洋楽曲をリニューアル編曲して新しく蘇らせるというチャレンジをいたしました。大叔母ペギー葉山の遺作やオリジナル曲を含めて、2代目ペギー葉山として、アレンジ編曲した楽曲には、Michiruの日本語訳をつけて、画像も専門家による制作協力を得て美しい映像に仕上がっています。

●葉月ミチルYouTubeにて配信中ですので、ぜひご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UC7Y_KTHXgM74zst2zwKp1-Q

4月「LA NOVIA ラ・ノビア」(スペイン語)/6月「空からの手紙」(Michiruのオリジナル曲・作曲深野義和、作詞建石一)/8月「MemoryメモリーCATS」(英語)/10月「Der Lindenbarm 菩提樹」(ドイツ語)/12月「我が心に歌えば With A Song In My Heart」(英語)です。

●葉月ミチルオフィシャルWEBサイトディスコグラフィーでも配信しています。

https://www.hazuki-michiru.net/information/detail/id=176

さて最後に、MichiruのYouTubeの中で意外に人気の高い楽曲を1曲選びました。それは♥
では、皆様どうぞ良いお正月を、来年もますますお喜び溢れる良いお年になりますようにお祈り申し上げます。葉月ミチルも更に新しいチャレンジしていきますので、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

空からの手紙 最新アレンジバージョン  作曲深野義和

最新arr.by 葉月ミチル

葉月ミチル愛を歌う 「空からの手紙」最新アレンジバージョン全国公開!!作曲深野義和・アレンジby 葉月ミチル。葉月ミチルSOUND TV 6月(第8回 TVオンエア映像)

深野義和さんはNHK連ドラのテーマ曲作曲などニューミュージック&ポップの作詞作曲家。葉月ミチルは「2代目ペギー葉山」 5オクターブの美系洋楽ポップ歌手&クラシックアーティスト。 その葉月ミチルによる最新アレンジバージョン。「空からの手紙」は「娑羅双樹~夏椿~」(作曲杉本眞人)とともに、葉月ミチルオリジナル曲として現在、最新リニューアル盤が全国発売中。日テレの協力により新編集された最新アレンジバージョン。葉月ミチルSOUND TV6月にてTVオンエアされ、葉月ミチルYouTubeでも公開中。詳しくは、葉月ミチルオフィシャルサイトディスコグラフィーもご覧下さい。https://www.hazuki-michiru.net/information/detail/id=176

Michiruの「Der Lindenbarm菩提樹」をどうぞ。訳詞Michiru。葉月ミチルSOUNDTV 第10回TVオンエア映像。今回はクラシック「菩提樹」を映像化するという個性的な試みでした。映像も訳詞も時間をかけて制作しています。訳詞はMichiruの個性を活かしています。 協力:日テレ。 10/25(日)音楽宣伝プログラムCMにてTVオンエア。

葉月ミチルは「2代目ペギー葉山」 5オクターブ美系洋楽ポップ歌手&クラシックアーティスト。2代目ペギー葉山として、大叔母ペギー全曲を大切に歌い継ぐつもりです。

メディアでも注目のMichiruの歌声をあなたに。Michiruは、2019.4月からテレビレギュラー出演。 葉月ミチルSOUNDTV(2019.10月から)も、今回で第10回を迎えました。コロナ禍の今年の時世の中で、葉月ミチルは独自の「編曲」という才能を発揮。リニューアルバージョンを4月以来連続で発表しました。また、クラシックだけでなく、洋楽ポップにおいても訳詞はMichiruによるものです。TVオンエア映像・YouTube映像制作に力を注いだ年になりました。 

「Der Lindenbarm 菩提樹」はF.Schubert(作詞Müller)の「冬の旅D.911」全24曲中の5曲目。失恋と絶望の中、放浪の旅に出た若者。この菩提樹の木陰に安らぎを求めて憧憬する1曲。31歳で急逝したシューベルトの永遠の青春の若さと苦悩に満ちた歌曲の世界をドラマティックソプラノ葉月ミチルMichiruが表現しています。Michiruクラシックコンサートライブ録音(東京・ヤマハホール)。葉月ミチルYouTube 

● https://youtu.be/yGNxaxSvR-4

● https://www.youtube.com/channel/UC7Y_KTHXgM74zst2zwKp1-Q