キユーピー 鍋パスタ コクのドミグラス味 を長男Kに調理してもらいました^^ | ★☆。。Serendipty~幸せの時間~。。☆★

★☆。。Serendipty~幸せの時間~。。☆★

serendipty=幸せの時間・空間という意味で使っています。

家族との時間も大切に、自分の時間も大切にしたいという意味合いでつけてます。もちろんあなたとの時間もね♪


テーマ:
キユーピー株式会社に商品をいただき、モニターに参加しています


鍋パスタ:ドミグラスソース

キューピー3分クッキング 鍋パスタシリーズは、コクのドミグラス味、うまみのトマト味、なめらかクリーム味と3種あります。

今回は「鍋パスタ コクのドミグラス味」を長男Kに作ってもらうことにしました。



鍋パスタ:ドミグラスソース

なんといってもパスタば別茹でせずそのまま入れて作ることができる、野菜とともに煮込むだけという手軽さ。

子供にだってできちゃいます。

必要な調理器具に鍋となってますが、我が家は深型のフライパン(28cm)でつくりました。


鍋パスタ:ドミグラスソース

材料は裏面の通りなのですが、今回あいびき買ってません。

ブロッコリーも高くて手が出ませんでした。

トマトは子供が嫌いなので人参で赤色を代用しました。

ソーセージはたっぷり目にいれました。

そして肝心のパスタ麺ですが、たくさん買っていたつもりですが見当たらない・・のでマカロニで代用することにしました。


子供が作りますのですべて下準備をそろえてから調理に取り掛かります。

キャベツもざっくり切ってもらい、しめじもカット、トマトの代わりの人参は時間がかかりそうだったので私がきってレンチンしておきました。

ブロッコリーの代わりにアスパラガス、肉っけの好きな子供たちのためにソーセージは大目に投入です。


さて、このドミグラス、このパウチの半分くらいしか入ってないのですがかなり濃厚そうです。

水900mlでのばします。
鍋パスタ:ドミグラスソース

作り方はいたって簡単。


≪鍋パスタの作り方≫ ※煮込み時間の目安10分

1.合いびき肉を炒める
2.1にソースと水を加える
3.パスタを半分に折って加える
4.お好みの具材を入れて煮込む

「鍋パスタ」について詳しくはコチラ をご覧くださいね^^



とりあえず具材はレンチンで火も通してますので、一緒に投入で煮込んでもらいました。

彼の役目はただ焦げ付かないように混ぜるのみ。(あ、野菜も切らせましたよ)

簡単ですね。


マカロニも下茹でせずそのまま投入~!

きっちり150gはかって入れました。


鍋パスタ:ドミグラスソース

マカロニが水分を吸いだすと途端に汁気がなくなり、とろみが出るような重みを感じるようでした。

あっという間に完成です。


鍋パスタ:ドミグラスソース

いつも我が家パスタの時は家族4人で500gゆがくんですが、今回150gだし少なすぎるかな~っておもったんです。

でもその心配は必要なかったみたい。

具だくさんでボリューム満点。


鍋パスタ:ドミグラスソース
最後にチーズを振りかけて出来上がり。

チーズもどんどん溶けていきとろとろ~。

味も濃厚、いろんな食感もあって食べ応え有り。


特に長男Kは自分で作った料理に「おいしいわ~♪」と自画自賛。

味付けも何もせずただ切って煮込んだだけなのにね。

でもこれだけ簡単で美味しくできて、自分に自信がつくならいいですねw


鍋パスタ:ドミグラスソース

バクバク食べて、最後の皿に残った汁気はパンにつけてきれいに平らげておりました!

本当はもっと汁気が残るとおもったんですが、意外と少なかった・・・。

汁気の残り具合によってはリゾットをする予定でしたが、どうもキャベツ量が多すぎたのか、マカロニは穴がある分ソースが絡んだのか、ソースが残る気配がなかったです。


他の味もきっとおいしいに違いない!

次回はもう少し工夫してリゾットも楽しみたいところです。
って、それ以前にこれだけで十分おなか一杯になった私がリゾットをそのあとに食べられるのか心配ですが^^;

とりあえず今回は作ってもらえたことに感謝です^^

もっと上達してみていなくてもいいように、指示しなくてもいいようになるといいな~♪
ごちそうさま★

※ キユーピー株式会社に商品をいただき、モニターに参加しています

miruruさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス