東京に実店舗エステサロンを運営している、美容機器販売Mirenia japanです♪

結果重視の業務用ハイフ機器を、格安でお探しなら、是非お問合せ下さい★

 


今日は、ハイフを選びにも役立つハイフ種類の違いを解説します




左2つは、ハイフスタンプ。

その隣は、ラインハイフ。

右側が、4Dハイフ。




ハイフスタンプ、ボディハイフ、

3Dハイフ、4Dハイフ...etc


数々のハイフワードがありますが、

これらの違いは何なのか?


分かりやすく伝えられるよう、

焦点も準備しましたハート




ハイフスタンプ


これは、主にボディ(痩身)用のハイフです。


お顔用のハイフとは違い、体の脂肪層まで焦点が届くように作られています。




1プッシュで576ショットの焦点が放たれますので、
面で打つハイフ という感じです。


ボディハイフ。ハイフスタンプ。

言い方は色々だと思いますが、
このような面ハイフは、パワーも大きいので痩身にオススメです。




3Dハイフ&4Dハイフ


これは基本的には顔用で、ボディ用のカートリッジを使えば、ボディにも使用できるので、

顔&ボディ(痩身)用になります。


3D・4Dと書いてあると、スゴそうに思いますが、

ハイフの構造は変わりません。


1プッシュで何焦点でるか。

焦点数の違いだけです。


Mirenia japanにある4Dハイフは、

1プッシュで、12ライン(144ショット)の大きな焦点が放たれます。


ただ、今のところ正式販売するかは

まだ検討中です。


その理由は後に書きます。

 


ラインハイフ


このハイフは一番ベーシックなハイフ。

3Dや4Dハイフと同じく、

基本的には顔用で、ボディ用のカートリッジを使えば、ボディにも使用できるので、顔&ボディ(痩身)用になります。


多くのサロン様やクリニック様で使われている、

一般的なハイフ機器になります。


1プッシュで1ライン(18〜25焦点)が放たれます。


  




Mirenia japanは、

なぜ4Dハイフがあるのに、正式販売ないのか。


MireniaSOLハイフマシンはベーシックなラインハイフ機器ですが、

やはり、ベーシックこそ、テクニックを掛け合わせやすく、安全性と効果面のバランスが取りやすい為です。



4Dのように12ラインが出ると、12ラインに1回しか、変化や反応を見れない。

リスクが高いうえに、万が一のトラブルも、12ラインの焦点が出終わるまで見れないわけで、

Mirenia japanこだわりの大きな焦点で、144ショットを連続してお顔に打ち続けるとなると、熱さや痛みも出ます。



大きな焦点を使って、的確にハイフを打つためには、

ラインハイフの手作業施術はダントツかと思います。




ちなみに。

シングルハイフ


これは1焦点ずつ連続で出るタイプのマシンです。


セルフハイフサロンなどでは

このタイプのハイフを導入していると思います。


お肌の上で、くるくる動かし続けながら使用します。


点。点。点。点。。。。

と、順番に焦点が1つずつ放たれるわけですが、

個人的にはあまりオススメできません。あせる




いろんなハイフ機器を説明しましたが、


どれも同じ原理で、

高密度焦点式超音波 には変わりなく、

焦点数の出方の違いだけです。


結局は、

ハイフの効果に関わるのは、


★焦点の面積(大きさ)。


ここが着地点なのは変わりありません。




 

美容機器販売 ミレニアジャパン 

 
 
営業時間 10:00〜22:00
日曜定休
TEL.050-5362-6725(直通)
 
image
 
Mirenia japan製品のご質問、施術体験、複数台購入のお見積りなど、お気軽にお問い合わせ下さいピンク音符